2019年3月23日 (土)

丘の上のパン屋さん、美味しいです~

先日、桃源郷(詳細はこちら)を訪ねる前に「丘の上のパン屋さん」に立ち寄りました。
NHKBSで放映のパン旅でお店を見て、訪ねてみたかったのです。
20190323okanoue1
賑わっていました。
買ったのはクロワッサン、春菊のフォカッチャ。いちごのデニッシュ。
20190323okanoue2
イートインのコーナーでいただきました。

クロワッサン。パリッハリ。すご~くおいしいです。
層の食感とバターのコク。私が食べたクロワッサンでもトップ10に間違いなくランクイン。

クロワッサンがおいしいから絶対おいしいはず。
と期待がさらに高まった いちごのデニッシュ
こちらも美味しかったです。
20190323okanoue3
↑芸術的な多層っぷり!

実は私、あまりカスタードクリームが好きではないのです。
とろっとした食感も好きでないし、シュークリームシュー生地の素朴な甘さを楽しいので、カスタードクリームが余計なんです。
でもこのカスタードクリームは食感が違いました。
デニッシュなのに甘すぎない。
いちごと中に入っているラズベリーの酸味も愉しめて、美味しかったです。

春菊のフォカッチャも美味。もちもちしていてポンテケージョのようでもあります。
春菊の少し野性味ある風味が効いています。塩ッ気も絶妙。

かなりかなりレベルの高いパン屋さんです。
売れ切れだったミルクフランス、カシューナッツバターフランス(正式名失念)も気になります。

駅から離れているけれど何度も行きたくなるお店。

桃源郷のまわりは徳多朗、にプロローグに丘の上のパン屋さん。
ちょっとしたパンの郷にもなっていますね!


| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

山形のとちのみかりんとう、大好き~

山形のとちのみかりんとう。

いただいて、その美味しさに一口惚れして以来大好きなお菓子です。

素朴で滋味。けれど香ばしさがあってあとを引きます。
もう残り少なく、クリップで留めたパッケージ。
20190321karintou1

かりんとう、というと、茶色いお砂糖っぽい衣がついているイメージを持っている方が多いと思います。
山形のかりんとうは違うんですよね。
フォーチュンクッキーのような食感でもあります。
20190321karintou2

おいしい~。有楽町にある山形のアンテナショップで買うこともあります。
砂糖衣のかりんとう、より、私は断然山形のかりんとう派です

ココログの仕様が変わり、慣れないせいもありますが、不具合もいっぱいあります。
私からのコメントが反映できません。

せしおさまからいただいたコメントの返信はこちらに記させていただきます。
----------------------------------------
せしおさん。
このブログを訪ねてくださりありがとうございます。
とちのみかりんとう、別バージョンのだだ茶豆のかりんとう。どちらもおいしいです! 
山形は「ダシ」もありますし、「なんじょだべ」もありますし、
さくらんぼもお米もお酒も…美味しいものの宝庫で素晴らしい風土ですね。

| | コメント (1)

2019年3月 7日 (木)

MUKUのプリン、濃厚でなめらか~♥

甘いものを控えています。
自分自身の快挙はバレンタインの時期にチョコの試食を一切しなかったこと。

毎年、いろんなデパ地下に行っては試食をいただいて、美味しいチョコをチェックしていたのに。

それゆえ、このくらいならいいかな~。

ハードな仕事を想んばかってくださった方からプリンをいただきました。

MUKUのプリン。
20190308muku1

始めて知ったのですが、おいし~
なめらか。

ぷっちんプリンのように、プルンプルン。
というのではなく
クリームブリュレの下の部分とか
濃厚なレアチーズケーキのような口どけです。

最初は添えられたカラメルソースなしで、
卵の美味しさを口の中いっぱいに味わいました。

途中からカラメルソースをかけて。
これまた美味しいです。
カラメルソースが甘いだけではなく、ほろ苦さがあるのがいいです。

私もちょっとした差し入れにぜひ利用したいと思いました!

素材にこだわったというプリン。
無垢を表すMUKUのMUが牛を連想させるのも巧いネーミングとロゴだと思います。

そしてパンフレットを見ると。
食材 ではなくて 食財。
20190308muku2

こんなところにも大切なこだわりがわかります。

| | コメント (0)

2019年3月 2日 (土)

アフタヌーンティーの紅茶と銀座あけぼののハート型のおせんべい

ありがたくもいつもおいしいチョコをくださる方が、今年は甘いものをセーブしている私のために、素敵な紅茶とハート型のおせんべいをくださいました。

そのお心づかいも、花のイラストに部屋が華やぐ紅茶もおいしいおせんべいにも感動。

アフタヌーンティの紅茶。ブック型です。
20190301tea1

アフタヌーンティーブレンド
(アッサムのコクとニルギリの爽やかな風味)、
ファイブオクロックティー
(夏摘みダージリンに、甘みのあるキームンとフラワリーな香りが広がるジャスミンティーをブレンド)。
ダージリン
アッサム
アールグレイ
アップル
ストロベリー

どれも美味しいですし、花の絵がとてもキュートで色がとっても素敵
こんなワンピースがあってもいいな~という柄です。

銀座あけぼののハート型のお煎餅は甘いものが苦手な方にもぴったりですね。
20190301tea2

遊び心あふれています。
私の体を想ってくださるお心づかいとともにいただきました!

| | コメント (0)

2019年2月24日 (日)

神様はやっぱりいると思ったお話。

神様はやっぱりいると思ったお話です。

「こんなことが起きたの」とお話しすると、
「うそ~、話を盛っているんじゃないの~?」と言われるような出来事がよく起こります。

シンクロする時はシンクロしまくったり。(一例が2ゾロ目の件。こちらです)

一方、悪いことが起きた時もとことん加速しています。
泣きっ面に蜂、では済まなくて、そこにムカデやサソリ、毒蛇も加わった、というくらいに。

昨年10月にもここまで良くないことが続くなんてありえないと凹みまくった日がありました。
けれど翌日は一転。どうしたのというくらいいいことが続き、前日のよくなかったことすらそれを元に「雨降って地固まる」どころか「雨降って摩天楼がそびえたつ」ぐらいに好転したり。
びっくりすることがありました。

どうしようもなくマが悪い時は「悪あがきはせず、流れがかわるのを待つ」のがいいのだわと
この年になってあらためて実感。


先日もそんな日がありました。
なすことすべて空回り。凹みまくり。
でも、取り乱さず、やけ食いせず、とにかく粛々と乗り切ろうと思いました。

その日、最後の予定は国会図書館でした。
見たい初版本があったのです。
区立図書館、都立中央図書館にもありません。
新版はあるのですが初版本で確かめたいことがあったのです。
スマホで調べると、なぜか国図以外に、近隣の市立図書館のしかも小さな分館にその初版本があることがわかりました。

国図の方がだんぜん行きやすいのですが、元気なさすぎて都会の雑踏エネルギーに負けそうな気がして この小さな図書館に行くことにしました。

結論からいいますと。この選択が流れを変えたのでした。

その1)てるまるパンゲット

初めての図書館のためにいつは通らない駅で下車したら、てるまるパンがいたのです。
てるまるというのは東急さんのでんき&ガスのキャラクター。
ちょうど電球のソケット部分がお帽子になっていて、かわいいんです。
モンタボー世田谷店で、てるぱるぱん1個プレゼントというチラシをいただいていたのですが、わざわざ店に行く機会がなく諦めていました。
そのてるまるパンが目の前に。
ガスの契約もしたらもらえるとのこと。
契約をするつもりでいたので手続きも簡単にすませることができて一石二鳥でした。
Terumaru

これがてるまるパン。
丸くてツンとなったロシアの寺院のたまねぎドームや
Qooや山田五郎さんが好きな者にとって、
ドストライクなビジュアルです。

黄色いところはカボチャ。茶色いところはチョコレート。
おいしかったです。

その2)小さな図書館で初版本と対面&貸出

借りることができたので家でじっくり読むことができました。
国図に行っていたら、館外貸出できないのでコピー依頼をしなければならないところでした。

その3)にくほんぽ 赤タレゲット!

これがすごかった。本当に神様はいると思いました。
というのも、以前こちらでご紹介したこの赤たれ。
使いきってしまったのでまた入手するため、 「このスーパーで買ったはず」という近所のスーパーに行ったのです。でも、置いておらず。
だったらあっちのスーパーだったかしら。
と私が行くスーパー、食材店すべてまわったのにどこにもみつけられず。
おかしいな~。どこかで買ったはずなのに。 ネットで取寄せるしかないか。送料かかるから10本以上まとめて買うか~と決心していたところだったのです。
それが・・・。
初版本を借りた小さな図書館から駅へ戻る時、「マルエツ」の看板を見かけました。
その時、思い出したのです。 去年の12月にマルエツに行ったことを! 
この何か月に自分が行ったすべてのスーパーを回ったつもりだったけど
マルエツさんが抜けていた。あの赤たれを買ったのはここに違いない!

はやる気持ちで調味料コーナーを探すと。
まるで渋谷のハチ公前の大勢の人たちの中で友人の姿がパッと目に飛び込むように 遠目からでもパッと赤いボトルが目に飛び込みました。
Tare3
↑遠くからみつけた瞬間。後光がさして見えました。

あった~!!
思わず、自由の女神のようにたれを掲げました!!

Tare1

今回黒タレも買ってみました。

* + * + * + * + * + *
つまりこの日、あまりに凹んでいて国図に行くことを小さな図書館に予定変更したがために
てるまるパンゲット、
本を借りることが可能、
赤たれゲット!
となったのでした。

すごく落ち込んでいたというけれど、こんな簡単なことで立ち直れるの? 
おめでたい性格と思われるかもしれませんが、
もうこの3つで立ち直れるどころか、スキップランランラン♪
ありがたい一日となったのでした。

世の中どんどん加速して極端になっている気がします。
暑い日はより暑く(違うかもしれないけれど)
マが悪い日はギャグかと思うくらいとことんマが悪く。
でもそんな時もできる限り平常心。粛々と。
そんなことを実感させられた一日でした。

| | コメント (0)

2019年2月21日 (木)

ただものではない「千年屋(ちとせや)」さん。米こめ鮎サブレに感動

お正月のことです。
栃木出身の方が帰省お土産にくださったお菓子が職場で大きな話題に。
それが千年屋(ちとせや)さんの米こめ鮎サブレ。

最中の皮の上にラングドシャのような軽い生地がのっていて、米パフがところどころはいっているのです。

一口食べたとたんに、おいしい~~~。
バターの風味と最中の皮の香ばしさと。そして食感的にもアクセントになる米パフ。

美味しさの衝撃とともに私の中ですぐよみがえったのが山形の銘菓「なんじょだべ」。
なんじょだべも最中の皮の上にラングドシャのような軽い生地が載っていて、香ばしくてすごく美味しいんです。

ほかの方にもこの美味のおすそわけをしたい。取り寄せすることにしました。
ところが千年屋さん。HPを見るとオンラインショッピングはやっていらっしゃらず(2019年2月現在)。
電話とFAXでやりとりをして注文いたしました。

土曜日のお昼前にお電話して、すぐ発送してくださって日曜日の午前中に代引きでお受け取りすることができました。
お忙しいであろう中、すぐに送ってくださったことに感激。

鮎ちゃん。やっぱり絶品!
では、いよいよその姿をご覧いただきましょう。

活きのいい鮎の形をしています。
20190221chitoseya1

米パフがいっぱい。
20190221chitoseya4

裏(こっちが表かしら)を。
20190221chitoseya2

結構リアルな鮎の姿です。
20190221chitoseya3

千年屋さんがある栃木の那珂川は天然鮎の遡上でアユ釣りなども人気のことから
鮎がモチーフになっているのですね。

断面図。
最中の皮の上に軽いクッキー状のものが載っています。
20190221chitoseya5

軽くて香ばしくってバターの風味もよくて、和洋折衷のお菓子。
小さいお子さんからお年寄りの方まで安心して召し上がれるお味。

贈答でお届けした方も喜んでくださいました。

そして、今回あらたな焼き菓子のお味もいただくことができました。
20190221chitoseya6

左側のサブレも、なかちゃん最中の皮にフロランタンが載ったもの(右側)も美味しかったです。

写真を撮り忘れてしまいましたが、黒胡麻が入ったサブレも、サブレ生地のほろっとした口どけと黒胡麻の風味が美味しかったです。

こちらは和三盆のブールドネージュ。
20190221chitoseya7


これも美味しかった~!!



こういう言い方は東京重視みたいな表現になってしまいますが、
青山や自由が丘などの激戦区でも大評判になれる美味しさ

 

昨年、青森八戸のアルパジオンさんの焼き菓子をいただいて、それも美味しくて、日本各地のパティシエの力はすごい!と思ったのですが、
いろんな町に美味しいお菓子を気概持って作っていらっしゃる方方がいることをあらためて感じます。

千年屋さんは和菓子も美味しかったでした♪

米こめ鮎サブレ/原材料 バター、砂糖、うるち米、餅米、卵、白ゴマ、アーモンドプードルなど。

| | コメント (0)

2019年2月20日 (水)

ラ・マレ・ド・茶屋の苺のアーモンドショコラは、ウエッジウッドのワイルドストロベリー好きにもおすすめ!

目がのスイーツをいただきました。

ラ・マレ・ド・茶屋のストロベリー・アマンドです。

アーモンドを苺チョコレートでくるんだもの。
見た目のピンクも可愛いですし、甘酸っぱいお味が本当に美味しいです

そして、さらに魅力的なのがパッケージ。
苺の絵がボタニカルアートのような雰囲気で描かれています。

ウエッジウッドのワイルドストロベリーがお好きな人は絶対好きな絵。
ワイルドストロベリー好きの友人へのプレゼントにも喜ばれるはずです。
20190220chaya

架谷庸子さんの赤絵のお皿に載せて。
ピンクオンピンクのなんと幸せの色合いのことか

さて、私。
今年から甘いものを大幅に控えています。
バレンタインデーの時期というと毎年、あちこちのデパートに出没して、試食をいただきまくり、
いろんなおいしいチョコを覚える機会に利用していたのですが。
なんと、今年の2月は出かけても一切チョコの試食に手を出しませんでした!(自慢げに)

なので、少しはいいかしら~とストロベリー・アマンド。
少しずつ、いただきました。

さて、茶屋は昔から憧れの場所。
というのも、大昔、太田裕美の「やあ!かもめ」という名曲がありました。
同じタイトルのドラマの主題歌だったのですが、このバックに流れる映像が
海辺に立つラ・マレ・ド・チャヤだったのです。
憧れで憧れで。大人になってから訪ねて感動した覚えがあります。

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

スパニッシュココさんのランチ、鴨が特に絶品

レシピ青葉台での催事でスペイン料理のスパニッシュココさんが出店。

パエリアも美味しそうだったのですが、お得なランチをテイクアウトしました。

パエリアのような黄色い色をしたご飯の上に、鶏(トマト&バジル味)、鴨、生ハムが乗り、ハンバーグ、ポテト、ペンネアラビアータ(辛くないけれど)が付け合せでついているものです。

おいしかったです。どれも美味しかったのですが特に鴨が絶品でした!

ボリュームあります。ご飯、鶏、鴨だけでお昼に充分。ハンバーグと生ハムとペンネは夜ご飯の主食に回してもいいくらい。

それにしても鴨ってどうしてこんなにおいしいんでしょう~。
幸せ。

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

ほぼ30年ぶりにタロイモチップスを食べることができました!

私がハワイに行ったのはハワイ島に皆既日食を見に行った時。
ですので1991年7月。かれこれ28年前のことになります。

その時に出会って、美味しい!と思ったのが
タロイモチップス。

以来、日本でタロイモチップスまた食べたいな~とふと思い出すことがありました。
外資系スーパーなどでフラガールのパッケージのチップスを見て「わあ!ハワイのチップスだ」と喜んで手にとって、タロイモではなくて普通のポテトチップスだった、ということもありました。

海外のお菓子はどんどん輸入されているのに、28年経った今もあのおいしいタロイモチップスは日本にやってくることはなかったのです。
(どこかでひそかに輸入されていたことあるのかしら?)
あんなに美味しいのに、謎。

もはや私の中で幻となったタロイモチップス・・・。

同じスポーツを応援している姉的存在の方が先月ハワイ旅行に行かれ、タロイモチップスをお土産に買ってきてくださいました!
ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

28年ぶりのご対面。

いくつかのメーカーが出されているようです。
Doleのタロイモチップスです。

後光が射して見えたので、星を散りばめて。
20190203taro1star

お皿に開けたら、
ハワイ人形たちがやってきました。
20190203taro2

わーい! タロイモチップスだ!! 人形たちも感激。
20190203taro3

タロイモチップス。一つ一つの薄切りが大きいです。
それにびっくり。
そして、お荷物がかさばるのに、
この大きなかたまりを割らないように配慮して
日本に持ってきてくださった想いもありがたいです。

お味は、美味しいヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ
20190203taro4

ポテトチップスよりもパリっとしています。クリスピー。
ポテトチップスはかじった後、口の中ですぐにへにゃっとなりますが、
タロイモチップスは水分をあまり吸わず、
口の中でかじっていってもクリスピー。
滋味滋味。

ポテトチップスも美味しいですが、タロイモも負けないくらい美味しいです。
特に癖がある味ではないのに、なぜ日本で販売してくれないのかが不思議。

いつか普通に日本で食べられる日が来るといいです。

※カルディでインドネシアのタロイモチップスの取り扱いがあることを教えていただきました。
 今度トライしてみようかしら。


| | コメント (0)

2019年1月31日 (木)

おこわ米八の季節のおこわ、鯛&しらす、おいしいです

おいしいおこわとお弁当の「おこわ米八」。
季節のおこわがおいしそうだったので買いました。

鯛おこわ(1月)と釜揚げしらすおこわ(二月)です。

鯛おこわは
国内で獲れた新鮮な鯛を醤油とかつおぶしで炊き上げたおこわです。
アクセントにゆず皮と生みつばを使用しています。


というもの。

釜揚げしらすおこわは
静岡県駿河湾産の「釜揚げしらす」を、香ばしく揚げた大豆としその香りで炊き上げました。

というものです。
20190131yonehachi
左の方が釜揚げしらす、右側が鯛おこわ。

どちらも香ばしく、美味しかったです。
魚や大豆の風味とダシの味がよく、鯛おこわはユズも効いていました!

| | コメント (0)

2019年1月20日 (日)

やさしい気持ちになれるスイーツ、AKAI BOHSHIのKUKKIA

かわいらしくておいしいスイーツをいただきました。
AKAI BOHSHIのKUKKIAです。

クリームをサンドしたゴーフルです。

抹茶は一口先に食べてしまったのですが、
お皿の上はいちごチョコ、ミルクチョコ、ダークチョコ。
20190120akaibohshi1

バラを飾った帽子の絵がリリーフになっていてかわいい~。
20190120akaibohshi12
そして軽くてやわらかな甘さが美味しいです。

やさしい気持ちになれるスイーツです。

| | コメント (0)

2019年1月17日 (木)

自由ヶ丘モンブランさんの焼き菓子、おいしいです

シトロンサブレが好きなので、自由が丘のモンブランさんのガゼル。気になっていました。

先日、ティーコンフェクトを食べる機会に恵まれ、3つのお味をいただきました。

写真を撮り忘れたので、リーフレットをアップします。
20190116yakigashi

ガゼル。
甘酸っぱさに、間にはいっているクリームのコクも加わってとてもリッチな味。

グラズール。
こちらもアマンド風味のクッキー生地のおいしいこと!

ハルリン。
こちらもおいしかったです。封を開けた時、すぐ、アーモンドの生地(でしょうか)の香ばしい香りがしました。

私の中では、ティーコンフェクトは「ロシア」のイメージ。

具体的にロシアに似たお菓子がある、とか、日本で販売されているレトロな「ロシアケーキ」に似ているから、とかではないのですが。
漠然と、ロシアっぽいって感じました。

サンドされているジャムやクリームもおいしいけれど
生地だけで食べたいくらいクッキー生地がおいしいんですよね~。
バターが効いていてほろほろっとしていて。

こんなにおいしい焼き菓子を今まで食べずに来てしまったのが残念。
今、出会えてよかったでした。

と言いながら、コレステロールの数値ほか対策のため一念発起。
2019年は甘いものを大幅に断つことにしました。

このブログでもスイーツはあまり登場しないかもしれません。

| | コメント (0)

2019年1月13日 (日)

ケンコー食品工業さんの焼肉のたれ「にくほんぽ 赤」。今までのタレで一番好きかも

すごくおいしい焼肉のたれに出会いました。
今まで食べたタレの中で一番好きかも!

ケンコー食品工業さんのタレ「にくほんぽ 赤」という味噌だれです。

使われているのは味噌、にんにく、りんご、生姜、唐辛子、ピーナッツ、くるみなど。
味噌だれですがいわゆる、豚の味噌漬けなどの味ではなく、
コチュジャンに近い感じです。
甘味が強いです。

このタレが肉によく絡むんです。
牛肉はもちろん、薄切りのソテー用の豚肉でもすっごくおいしいです。
20190113tare1

フライパンでタレを少し煮詰めて茹でたブロッコリーにかけても最高!

使いかけですがこのタレです。
20190113tare2

これからもこのタレがある限り、定番の1本として買い続けます~。

にくほんぽ赤 焼肉のたれ ギフト 贈り物 プレゼント

2019.2.24追記
あくまでも今日現在での情報ですが、スーパーのマルエツさんで定番販売されているようです。
(エリアによって違うかもしれませんが)

| | コメント (0)

2019年1月10日 (木)

渋谷のアユンテラスのインドネシア料理はいつもおいしいです

変化の激しい渋谷でずっと続いているインドネシア料理のアユンテラスさん。

昨年のことになりますが12月の週末に訪問しました。

ランチ。
いろんな味が楽しめていつも大満足の味です♪
20190110ayun1

ココナツのアイスクリームとバナナの天ぷら。
20190110ayun2
ほっとする甘さがいいんです。
これは一人分。

2人でシェアして十分満足できる量です。

| | コメント (0)

2019年1月 3日 (木)

おいしく遊び心のあるバウムクーヘンをいただきました

遊び心のあるバウムクーヘンをいただきました。

流れ星の形と猫の形になるバウム。
20190103baum1



屋台で遊ぶ「型抜き」のよう。流れ星。金色がまぶしいです。
20190103baum2

簡単に型抜きできます。
20190103baum3

スポンジケーキではなくて、
層になっているバウムクーヘンというところも型抜きがしやすいポイントなのでしょう。

綺麗に流れ星の形になりました~。
20190103baum4_2

20190103baum5

猫ちゃんも。
20190103baum6

綺麗に型抜きできました~。
20190103baum7

どちらもおいしかったです。

さて、私。2018年年末に体調を崩したところから一念発起。

おいしいものを2019年もいっぱい食べたいところですが、
2019年は甘いものをいただくのは控えようと思っています。
コレステロール値もろもろ、正常値を狙います!

| | コメント (0)

2018年12月28日 (金)

「越の雪」の大和屋さんの「こはくのつみき」。情緒たっぷりのお菓子です。

新潟、大和屋さんといえば「越の雪」で有名ですよね。

大和屋さんのHPを拝見すると
文化6年(1809年)に長岡藩の贈り物用菓子の御用達を命じられた、とあります。

古河藩を家老として支え、殿様土井利位侯の雪の結晶観察のサポートもつとめた
鷹見泉石も、自らの日記で「越の雪」を贈答されたことを綴っています。


小山周軒来、越後長岡大和屋製森橋台と有之越の雪一折貰
弘化3年(1846年)12月15日の日記より。(『鷹見泉石日記』7巻p337)
(詳細はこちら

この大和屋さんにとてもファンタジックなお菓子があったのですね。
「こはくのつみき」をいただきました。

パステル調でほわんとしたあたたかさ。
書体も絵もとってもレトロ。
20181228kohaku1


開けると。
20181228kohaku2
まあ。なんということでしょう。
パステルカラーの積木のよう。

お皿の上で並べてみました。
20181228kohaku3
愉しい~。
お皿は架谷庸子さんの雪花のお皿です。

クマさんも立ちました。
20181228kohaku5

干菓子です。砂糖、黒糖、卵白がつかわれています。

かじると。周りはシャクッ。砂糖がけをかじる食感。
中はとろっ。口どけのいい、ゼリーのような食感とやわらかな甘み。

コントラストある食感がおいしいです。

大和屋さんのHP(ttp://www.koshinoyuki-yamatoya.co.jp/)から
辿るのが難しいのですが、
ttps://koshinoyuki.official.ec/items/10971183
で紹介されています(2018.12.28現在)
寒天を乾かして作る優しい甘さの琥珀糖で、手のひらサイズのつみきを作りました。
とのこと。

ファンタジックな和菓子。素敵です。

| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

30年間憧れだったお皿を手に入れました。エルメスの「ピエール・ドリアン・エ・ドクシダン」と卵菓子(その3)

その2の続きです。

この(その3)ではお皿の現物と、カタログ内の石の記載の紹介です。
(お皿の画像はクリックで拡大します)

私の写真の腕がよくなくて、写りが悪いのですが
こちらが私が入手したピエール・ドリアン・エ・ドクシダン。
八角のデザートプレート24cmです。
中央に扇が描かれています。
Hermes_p1
八角で花鳥が描かれているからでしょうか。
オリエンタルな雰囲気がありますよね。
Hermes_p2

ゾエ氏は大理石のテーブルにインスパイアされ、
嵌め細工の鉱物の色や模様を再現しようとしたのですね。

その1でご紹介したカタログによると、
23色以上を使って、27種類の石を再現したのだとか。
カタログには27種類の石のサンプル画のうち、18種が掲載されています。

見開きページを小さくご紹介しましょう。
Hermes_p3
眺めるだけでうっとり。
写真ではありません。鉱物をスケッチ(絵)で再現したものです。

それぞれの鉱物の名前がフランス語で記されています。
日本でおなじみの名前に私が訳して挙げてみますと。

ラピスラズリ(アフガニスタン)、ジェード(ガテマラ)、ジャスパー、
アンバー、メノウ(アゲート)、斑岩(ポーフォリー)、珪化木などが描かれています。

お皿の柄の石模様を私の推測であてはめてみました。
Hermes_p4

Hermes_p4name

ところで作品名の「東洋の石と西洋の石細工」
東洋の石とはなに?と思う方もいらっしゃることでしょう。

1998年秋冬のスカーフのカタログに答えが書かれています。


果実と葉と花が、繊細な構成で石の中にちりばめられています。
これは、フィレンツェにあったメディチ家の大理石を飾った細工を模したものですが、
この細工は、その後17世紀のイギリスやフランスの黒壇家具の飾りにも用いられていました。
いにしえの石工たちが、硬質な石を飾るモチーフとして柔らかな植物をあえて選び、
しかも限りなく優しく、はかなさを感じるほどまでに描こうとしたことは、考えてみれば不思議なことです。
が、創作とは、常に挑戦であると理解すれば、
これは素材を調節した幻想の勝利なのです。
スカーフの名前にある「東洋の石」は枠部分の大理石(中国の大理という都市に由来)を、
「西洋の石細工」は中央のアサンブラージュを指します。


つまり、
東洋の石とは、縁を飾る大理石のことなのですね。

東洋の石が使われている、ということからでしょうか。
花鳥の描かれ方からでしょうか。

オリエンタルな雰囲気のこのお皿、
私は勝手に江戸時代の殿様を想像してしまうのです。

江戸時代は鎖国されていましたが、セレブな大名たちや商人はかなり西洋舶来文化を享受。
西洋の辞書や科学的な本を入手していたり、
遠目鏡(望遠鏡)、虫眼鏡(顕微鏡)で観察に興じたり、
おらんだ正月と称して、今でいうクリスマスのお祝いのようなことをしていたり。

そんな江戸時代の舶来文化を受け入れていた殿様たちが
このお皿を目にしたら絶対、手に入れ、愛でていただろう。
そんな想像をしてしまいます。
とりわけ、鳥類、植物類のスケッチなどを自らもおこなうなど
自然科学に造詣が深い「博物大名」だったら
絶対このお皿に心を奪われたでしょう。
今からタイムスリップしてお見せしたいくらいです。

ピエール・ドリアン・エ・ドクシダンに「エド」って入っているってことも
江戸を思い出させる一因かしら。

というわけで、ピエール・ドリアン・エ・ドクシダンは
私の中で「江戸時代の博物大名が愛でたお皿」。というイメージ。

なので、白木のテーブルや明るい北欧風のインテリア。
ではなく。
この皿を載せるなら黒い我谷盆。
その背景は。
こげ茶色の木の柱が目立つ古い洋館。暗い照明。ギヤマンのグラス。

というのが似合うと思うのです。
いつか我谷盆か黒い木のテーブルを手に入れたいです。

江戸時代の博物大名が愛でた皿、というイメージがするため
最初にこのお皿に盛りたいものは
カステラでした。

天保時代の文献などをみているとカステラは
「嘉寿天伊羅」「加寿天羅」などの漢字もあてはめられたりしていましたが、
当時大変ハイカラで高級な食べ物で大名たちが贈答で使っていたのです。
(江戸時代のカステラについてはこちらにも)

じゃ~ん。
Hermes_p5
やっぱり、カステラ、合う! と思います。

気をよくして、別の日。
南蛮渡来の卵菓子三種盛り~!
Hermes_p6
カステラ(奥)、カスドース(左手前)、鶏卵そうめん(手前右)。
Hermes_p7



【鶏卵そうめん】
濃い黄色は神々しいほど。
糖蜜に卵黄をくぐらす、歯がしみるほどパンチのある甘さ。
甘~いけれどそうめん状の歯ごたえがいいんです。
タイにも鶏卵そうめんそっくりなスイーツがあるんですよ~。(詳細はこちら)。

【カスドース】
カステラに卵黄をからめ、糖蜜にくぐらせたもの。
中がカステラ、外は鶏卵そうめんの甘さ。
そこにザラメのサクサクが効いています。

シンプルなお皿もいいけれど、
目の中に光が飛び込む!くらい
カラフルでゴージャス(でも自分好みの色や柄)もいいな~と思いました。
--------
先日、銀座に行った時、エルメスカラーのオレンジ色のケリーちゃんたちがいっぱいいました。
レゴで作ったかのようなギザギザのフォルムで。
Hermesginza1

後ろのケリーちゃんが、「ひょっこりはん」しています。
Hermesginza12

このギザギザはインベーダーゲームのインベーダー風だったのですね。
エルメスのHPで、インベーダーケリーちゃんのゲーム&メッセージがあることを
今日教えていただいて、キュンとなりました♥
---------------------------------------------
私メモ
鶏卵そうめん(鶴屋八幡さんのパッケージより抜粋)
我が国が鎖国をしている間にも、長崎出島を窓口として外国の文物と共に伝わってきた物の一つ。
古法通り熱々の糖蜜の中へ糸を垂らすように卵を流し込み束ねる製法


| | コメント (0)

2018年12月17日 (月)

30年間憧れだったお皿を手に入れました。エルメスの「ピエール・ドリアン・エ・ドクシダン」(その2)

その1の続きです。

デザイナーのゾエ氏は大理石の嵌め込み細工のテーブルに着想を得て、
ピエール・ドリアン・エ・ドクシダン(東洋の石と西洋の石細工)の柄を発表しました。

私の推測ですがそのテーブルというのが
フランスの国立自然博物館の鉱物学と地質学のギャラリーに所蔵されている
この作品と思われます。

Plateau_de_table_en_marbre_noir_d_2


Plateau de table en marbre noir des Ardennes avec oiseaux, Italie, XVIIe
by Eunostos/WIKIMEDIA COMMONS


手持ちのカレ(スカーフ)の柄と比べてみましょう。

エルメスのスカーフは同じ柄で色違いのバリエーションがいくつも作られます。
この柄は、テーブルウエアの印象そのままの鮮やかな、コントラストの強いものが多いのですが、
私はシックな色合いのものを選びました。
地はベージュ。落ち着いた赤、青、深緑が基調。

ですので、黄色いジャスパーをイメージして描かれたところも赤などになったり、
石細工の鉱物の色は厳密な再現とはなっていません。

色数も少なく、地味な色合い。
それでもシルクの生地自体の艶やかさもあり、
<地味な色でも華やかさを醸し出して>います。
それがエルメスのスカーフの魅力だと思います。

物撮りって難しいですね。
スカーフの色が綺麗に写っていませんが、
テーブルとの比較をご覧いただきましょう。

Hermes1_1plateau_de_table_1
鳥がリボンがひゅるんひゅるんとした上に立っています。

Hermes1_2
スカーフでも鳥がひゅるんひゅるんの上に立っています。
翼が2段階で描かれているのも一緒です。

Hermes1_3
テーブルでラッパ水仙のようなものが描かれていますが(中央右上)、
このスカーフにも同じようなフォルムの花が描かれています。

Hermes1_4
花や葉の躍動感あふれる動きも
テーブルに肉薄。

Hermes2_1plateau_de_table2
テーブルでは真珠もひゅるんとしていますが、

Hermes2_2
スカーフでも真珠がひゅるん!

Hermes3
スカーフに記されたデザイナーZoeの署名。

ゾエが鉱物のギャラリーで見たテーブルにいかに心動かされ、
それをリスペクトして作品に仕上げたのか、
その時の感動を追体験できてうれしくなりました。

さて、このスカーフ。黒地で縁の色がブラウンのものもあったんです。
この色合いは一番、黒大理石のテーブルのテイストに近い気がします。

昔の雑誌の切り抜きから↓

Hermes4_1

雑誌では、ベージュのステンカラーコートの首元に巻いていました。
「ゴージャス」ではなく、「小粋」な雰囲気がとても素敵でした
Hermes4_2

その3に続きます。

| | コメント (0)

2018年12月16日 (日)

30年間憧れだったお皿を手に入れました。エルメスの「ピエール・ドリアン・エ・ドクシダン」(その1)

ゴージャズで派手な色合いのものより、
シンプルで渋い色合いのものが好きです。器も。

でも、例外的にときめく柄があります。
それがHERMES(エルメス)の
「ピエール・ドリアン・エ・ドクシダン(東洋の石と西洋の石細工)」。
1988秋冬の新柄。30年前の柄です。

スカーフやブラウスなどのテキスタイルとテーブルウエアで発表されました。
スカーフは手に入れました。
が、食器類は手が出ませんでした。
作家の1点ものではないのに高額。
セット買いできるセレブでもないし。

それでも当時、カタログだけはいただいていました。
Hermes_pierres1
↑この柄の制作時のエピソードも詳しく書かれ、
写真も美しいマイお宝カタログ。


掲載されている食器類の写真を見ているだけで、
目の前にパ~っと光が溢れるような美しさにうっとり

以来、折々、カタログを見返すたびに、
相変わらず食器の写真にうっとり。
そこで、平成の終わりに思い立ったのです。
「持っている他の器とテイストは合わないけれど。
高額だけど買おう。
30年間変わらず好きなんだもの!」

が、時すでに遅し。知らないうちに廃番になっていたのですね。
でも 諦めきれずユーズドを手に入れました。

感動です。
今、ピエール・ドリアン・エ・ドクシダンに興味を持っている人は
少ないのかもしれませんが、
褪せない私のときめきのままに
この柄の魅力を3回に分けて綴ります。

今回のその1では、
発売当時のカタログと、この柄のインスピレーションの源となったテーブルについてです。

【柄の名前】
MARQUETERIE DE PIERRES D'ORIENT ET D'OCCIDENT
ピエールドリアン・エ・ドクシダン
(東洋の石と西洋の石細工)

MARQUETERIE=細工
PIERRES=石
ORIENT=東洋
OCCIDENT=西洋  ですね。

【カタログから抜粋でご紹介。引用部分は青文字】


◆「モチーフ」の項より抜粋で。

16世紀フィレンツェにみられた大理石に石を嵌込む細工からインスピレーションを得て創られました。

ラピス・ラズリと珪化木を背景とし、縁を花と果実で飾った中央に、小鳥、扇、真珠の首飾り、貝殻を描写しています。

◆デザイナー「ゾエ」が1988年12月15日に寄稿したコメントから抜粋。


ある日の午後、私は宝石を見に行くつもりで植物園の中にある鉱物ギャラリーへ出かけました。足を踏み入れた瞬間に目に入ったのは、形といいスタイルといい、あらゆる点で私を引きつける素晴らしいテーブルでした。 (中略)
そこに使ってある全ての色が私の中でぐるぐる回るような錯覚に陥ってしまいました。

私がそのモチーフに圧倒されたのは、そこに見られる自然の緻密な研究、「動き」の正確な把握、動植物の様式化されながらも明確な描写、そして多種多様な石の使用でした。純粋状態にある美が引き起こした感嘆であるがゆえに、その感動はもう二度とないのではないかと思われる程のものでした。

ゾエ氏をインスパイアしたこの美しいテーブル。気になります。

フランスには行ったことがありません。
ネットで調べてみました。手ごたえあり!!

私の推測ですが

「植物園の中にある鉱物ギャラリー」とは

パリ植物園(Le Jardin des Plantes de Paris)の敷地にあるという
国立自然史博物館(Le Muséum national d'histoire naturelle)の
鉱物学と地質学のギャラリー(La galerie de minéralogie et de géologie)」
だと思います。

「メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド」(ttp://www.mmm-ginza.org)の
海外の特集「国立自然史博物館 鉱物学と地質学のギャラリー」のページ

(リンク切れになるかもしれませんが
ttp://www.mmm-ginza.org/special/201603/special01-02.html)

で興味深い記述をみつけました。


巨大な黒大理石のテーブルに鳥や花々などのモチーフをラピスラズリ、アガット、アメシスト、真珠などではめ込んだ息をのむほど精緻なマルケトリー作品は必見です。

マルケトリーとは「細工」のこと。
エルメスのこの柄も正式名は
MARQUETERIE DE PIERRES D'ORIENT ET D'OCCIDENT
マルケトリーが入っています。

ゾエが魅了された巨大な黒大理石のテーブル。
画像を見てみたくなりますよね。

「調べ物刑事(デカ)」の私。めぼしをつけました~。

「Plateau de table florentine」だと思われます。

国立自然史博物館HP内のPDFをご覧ください。

http://www.galeriedemineralogieetgeologie.fr/sites/galeriedemineralogieetgeologie.fr/files/documents/201409_dp_expo_tresors_terre_2014_gmg.pdf

同博物館で現在開催中の「exposition tresors de la terre」(私メモ:地球の宝展)の資料です。
24枚にわたるリリースの
p8、p9、p22に黒大理石テーブル「Plateau de table florentine」の画像があります。

赤と青の2色の羽の鳥、花の咲き方、ひゅるんとたなびくリボンや真珠。
美しいです~。
まさにピエール・ドリアン・エ・ドクシダンの世界。
ゾエが感動し、インスパイアされたのはこのテーブルに間違いないでしょう。

この自然史博物館のテーブルの画像とエルメスのピエールドリアンエドクシダンを見ていると、
ゾエがテーブルに感動して、これをスカーフや食器で再現したかったという熱い想いが伝わってきます。

上記のPDFを見ていただくのが一番いいのですが、
ウィキペディアコモンズで画像をみつけましたので
その画像をご紹介します。
(画像はクリックで拡大します)
Plateau_de_table_en_marbre_noir_des

Plateau de table en marbre noir des Ardennes avec oiseaux, Italie, XVIIe
by Eunostos/WIKIMEDIA COMMONS

ピエール・ドリアン・エ・ドクシダンの柄をお好きな方は
まさにこのテーブルが源になっている!とお感じになることでしょう。

近日のその2では、このテーブルの柄にインスパイアされたゾエ氏が
どう作品化したのか。
上記の画像と、私の手持ちのスカーフとで見比べてみます。

| | コメント (0)

2018年12月12日 (水)

チーズと胡椒のマリアージュ。トラットリア・ダ・テレーサの絶品カチョ・エ・ペペ。

横浜・中山駅近くのイタリア料理店「トラットリア・ダ・テレーサ」さんは美味しい。
カチョ・エ・ペペもおすすめ、
とうかがっていました。

中山で用事があり、念願のお店を訪ねました。

ランチも賑わっています。
メニューを見ると、が~ん
カチョエペペがありません。

でも、お尋ねすると
ランチコースのパスタなどをカチョエペペに差しかえる形で
注文OKと言ってくださいました。やった~
(食材がない時はできないそうです)。

次の用事が控えていて長居できないこともあり、
一番カジュアルなランチAを頼みました。
それでもサラダもデザートもいただけるんですよ。

パンとサラダ。
サラダのドレッシング、酸味もあっておいしかったです。
20181212_1



カチョ・エ・ペペ。
運ばれてきた時からチーズのいい香りがしています。
20181212_

美味しい~。
もちもちしたパスタに、とろりとチーズが絡まっています。
ツヤツヤ。
これがカチョ・エ・ペペを作るポイントの「乳化」ね!と
とろり具合に感動しながらいただきました。

胡椒のスパイシーさ、ツンと来るかんじもたまりません。

このお料理はチーズと胡椒のマリアージュだと思うのです。

結婚は似た者同士の場合と、
まったく正反対の者同士がくっつく場合があると言いますが、
カチョ・エ・ペペは後者ですね。

まったりこゆくてとろ~んとしたチーズと
ツン! ガツン!と尖った胡椒。

お互いが引き立て合っています。
漫才で言えば、
チーズがボケ、胡椒がツッコミでしょうか。

でもチーズもまったりだけでありません。
ほのかな酸味や旨味があるからこそ、
胡椒の辛さを受け止められる。

ゴルゴンゾーラのペンネ好きにもオススメしたい一皿です。

食後にはパンナコッタと飲み物はチョイスでカモミールティをいただきました。
20181212__2

↑ちょっと暗く写ってしまいました。

大満足~。

| | コメント (0)

2018年12月 9日 (日)

ロシア料理屋さんイクラバルで大満足

用賀駅から徒歩5分ぐらいのところにあるロシア料理屋さん「イクラバル」。
すごく行きたかったのです。
ロシア語を習っていた時の先生とお仲間5人で訪ねました。

いただいたのはビーフストロガノフランチ一人分と、いくつかの料理をシェア。


ビーフストロガノフランチは
ビネグレットとオリビエサラダ(黒パンつき)と
ビーストロガノフ(ライスかバゲットつき)と
コーヒーか紅茶がセットになっています。

ビネグレットとオリビエサラダ。
美味しかったです~。
Ikurabar1
左側がポテトなどをつかったオリビエサラダ。
右側がビーツの赤が美しいオリビエサラダ。
ディルの風味も大好き。

東急沿線の情報誌「サルース」で
イクラバルさんのお料理とそのレシピが紹介されていたのです。
ビーフストロガノフは丁寧に時間をかけて作ったスープストックを使うのがポイントであることが書かれていました。

だからなのでしょう。ビーフストロガノフ、味わいは濃厚で奥深いですがあっさり、さっぱり。
Ikurabar2
飽きることなく一皿たいらげられます。
美味しかったです。

このほか、みんなでシェアしたのはニシンのオイル漬け。
シェア後の姿を。
Ikurabar3
ニシン大好き!

ペリメニ。シェア後の姿。
Ikurabar4
こちらも大好き。

にんじんとくるみのサラダ。
シェア前の一皿を撮りました。
Ikurabar5
こちらも美味しかったです。
サルースでニンニクが隠し味に使われていることが書かれていたのですが、
なるほど、それがコクにつながっているのですね。
ニンジンの切り方もキャロットラぺのような細千切りではなくて、
すりおろし切りみたいなのがコツなんだなと思いました。
タレがよく絡んでいます。

自分でも作りたくなりました。

ニンジンのサラダの手前にいるのは
シェアしてカット後の
ピロシキのクレープ包み。
Ikurabar6

私、ブリンチキというメニューが好きなんです!
神田のサラファンにある。
ピロシキの具をブリヌイの皮で包み、パリッと揚げる。
少し太った春巻きのような料理が。

イクラバルさんのピロシキのクレープ包みは
揚げてはいませんでした。
パリッではなく、トルティーヤのようなしっとりふんにゃりした生地です。
その中にピロシキの具が。
私が大好きな揚げたブリンチキとは違いましたが、
あっさりしていて美味でした。

食後のデザートは
カッテージチーズを使ったチーズケーキと
スパイスをつかったマズルカを友人と分けました。
カッテージチーズは形状がホロホロポロポロというイメージがあったのですが、なめらかで濃厚で美味しいです。
マズルカはシュトレンに近いイメージ。
スパイス系パウンドケーキが好きなのでこちらも気に入りました。
Ikurabar7

どのお料理も美味しくて、ロシア料理を満喫できました。。

松野ナタリヤさんはお母様がロシア人で
そのお母様からいろんなロシア料理を教わったのですね。

まだまだ気になるメニューがいっぱい。
ロシアンオープンサンドも、ボルシチも
ロシアの煮込み風ハンバーグもつぼ焼きもロールキャベツも
ナスのキャビアも食べたいです~。

近くにお住まいの方がうらやましいです~。

| | コメント (0)

2018年12月 4日 (火)

カルディで販売されているオランダのワッフル大好き!

以前オランダのお土産でいただいたワッフルがすごくおいしくて。

カルディでも売っていると教えてもらってから
たびたび購入しています。

オランダではいろんなメーカーが作っているのかしら。
カルディで買うのはこちらです↓
(画像はカルディのオンラインページからお借りしました)
20181204wafels1



ダールマンズ キャラメルワッフル

しっとり焼き上げたワッフルで
ソフトなキャラメルフィリングをサンドした、
オランダ生まれのキャラメルワッフルです。
温かい飲み物を注いだカップの上にのせてしばらく置くと、
キャラメルフィリングがとろけて
さらに美味しくお召し上がりいただけます。

約8枚入り


というものです。

お皿にのせて。
20181204wafels2

私はあたためて食べたことはありません。

割るとキャラメルフィリングが、ヌガ~とのびます。
20181204wafels3

個包装ではないけれど、常温でOKですし
ちょっとした差し入れにも喜ばれて重宝しています♪

| | コメント (0)

2018年11月17日 (土)

葡萄スイーツほかこの秋ちょっとしたスイーツ祭

この秋出会ったいろんなスイーツを。

甲府のワイナリー、サドヤさんのワインジャム。
20181024

生のイチジクにこの赤ワインジャムを添えて
食べるのすっごくおいしいです
いちじくのワインコンポートを食べているみたいな感じで愉しめます。

アイスクリームにワインジャムもGOOD。

サドヤさんは甲府の駅から歩いて8分ほど。
山も近く、眺めもいいです。
20181021sadoya

こちらはサドヤさんの大粒レーズン。
金工作家宮崎浩美さんの豆皿にのせて。
20181115_1
長さが1.3cmぐらいあるものも。
干してこの大きさだから本当に大粒ぶどうだったのでしょうね。

ポイポイ食べて空になると
かわいい葉の模様が
20181115_2


こちらはいただきもので出会った、日本酒のマカロン。
20181101_1906
照明の加減でうまく色が写せていないのですが、
オフホワイトで雪の玉みたいに美しいです。

「日本酒のマカロン」ということにびっくりしたのですが、
ものすごーく日本酒!という感じではないので
お酒があまり得意ではない方も大丈夫かなと。
私は食感とバタークリームの美味しさの虜になりました

バタークリーム好きにはぜひ召し上がっていただきたいです。

長野県佐久にある橘倉酒造さんと洋菓子専門店ピータースさんのコラボ商品です。

最後にエシレのマドレーヌとフィナンシェ。
20181101

エシレが丸の内にオープンした頃、
フィナンシェを食べましたがその時以来。
マドレーヌはまだ食べたことはなかったでした。

どちらもおいしいです
マドレーヌはレモンが効いたスポンジっぽいマドレーヌとは一味違いますね。

フィナンシェはバターの風味高く、数多いフィナンシェあれど
エシレのものが一番好きです。

青山、ヨックモックのカフェ「ブルー・ブリック・ラウンジ」のモンブラン。
20181110
丸いフォルムが美しいです。
栗とクリームのなめらかさ、サクッとした生地の触感。
美味でした!
このカフェは週末少し並んで待ったけど、
落ち着けるし、いいですね。
テラス席もあるけれど喫煙OKなのが残念。

京都・一善やのモンブラン。
(レシピ青葉台での催事で)

美味しかったのに
上手く写真が撮れませんでした。こんな感じです。
20181116

ふゆ~~~ん、びよ~~ん。と伸びる求肥の中に
モンブランペーストが入っています。
京都のジュヴァンセルの「望の月」がお好きな方はお好きなはず。
しいて言えば、メレンゲのようなサクサクっとした食感のものが
加わっているといいなと思いますが。
美味しかったです。

運動しなきゃ。筋トレしなきゃ。
と切実に思うくらいおいしいスイーツ祭の秋です。

| | コメント (0)

2018年11月15日 (木)

2018年ハロウィンスイーツ

おいしいものにいっぱい出会いながら、この2か月半ほどあまり家におらず、
アップしそびれていました。

先月の話になりますが、今年のハロウィンで出会ったおいしいものを2つご紹介します。

①帝国ホテルのチョコレート

Img_20181030_130230

中に何も入っていないシンプルなプレートチョコ。
けれど、そのほどよい厚さ(薄さ)とミルクチョコレートのコクがおいしかったです。
さすがです。

②菓匠 雅庵(かしょう みやびあん)の練り切り。

Img_20181025_131443

カボチャとおばけちゃんがかわいい&美味しい!
カボチャにはかぼちゃ餡というのも効いています。
Img_20181025_132410

洋菓子ではなくて和菓子でハロウィンが楽しめるのはうれしいです♪


| | コメント (0)

2018年10月28日 (日)

焼菓子工房うふさんのハロウィンクッキー。ていねいにつくられた大人のハロウィン。

ハロウィンスイーツ、大好き。

クッキーでは
ナッシュカッツェ(横浜・荏田)の顔が描かれたもの、
あるぴーの(埼玉・大宮)のアイシングクッキーに心奪われました。

そして、今年。
焼き菓子工房うふさんのハロウィンクッキーの
シンプルだけどかわいらしいデザインに
一目ぼれして購入しました。

Ufu1

↑足を見ればピンとくるようにお化けコスプレのミッキーとミニーちゃんと
クッキーを並べてみました。

Img_2860

↑3種類で1セット

アイシングはなく、型抜きだけで形づくられた
カボチャとコウモリときのこ。

ジャック・オ・ランタンは
カボチャパウダーが練りこまれたカボチャクッキー。
カボチャのほんのりした甘さがおいしいです。

こうもりはミントショコラ。甘くないココアの味とミント。
私はミント味はあまり得意ではないのですが、
このコウモリのミントショコラ味はイケました。

ハロウィンアイテムではないけれど
秋のモチーフとしてくわられたキノコ。
これがまたかわいいです。

白ではなくて、薄ベージュのキノコ色。

まいたけのクッキーってどんな感じかわからないかったのですが。
いただいてみると。
「うん。まいたけ味!」とはよくわからなかったのですが、
確かに普通のプレーンクッキーとは違います。
少しふわんと鼻に抜ける香ばしさのような風味があって、オツな味。
お料理の脇におつまみとしてあってもいい。

すごく気に入りました。

いずれのクッキーも、
食感がすごくいいです!

厚さもほどよくて。
がつっとかじるでも、ぱりっでもなく、
サクッ。

シンプルだけど本当に上質で
小麦のおいしさや、食感を愉しみたい人におすすめです♪

| | コメント (0)

2018年10月15日 (月)

木曽奈良井宿きむらさんのごまだれだんごおいしいです

レシピ青葉台の催事に木曽奈良井宿きむらさんが出店
こちらのごまだれだんご大好きなんです。
20181010dango

今回はみたらしも買いました(写真奥)。

どちらもおいしかったです~。

6月の催事の時(詳細はこちら)に買った「くるみとえごまのたれ」もおすすめです。
甘じょっぱさが最高。

おもちをチンして、くるみとえごまのたれをかけるのもおいしいです。
甘くて醤油の辛しょっぱさも効いていて、この夏、私を癒してくれました~。

| | コメント (0)

2018年10月 3日 (水)

鶏のから揚げをお弁当箱につめて

レシピ青葉台の催事でヒサダヤさんの博多いちばん鶏のからあげと、
炭火焼鶏ごぼうめしの詰め合わせを買いました。

家で食べるのだけど、長手弁当箱に詰めてみました。

いろんな食器に盛ると食べる全体量がわからないけれど、
決まったお弁当箱に詰めると量が把握できるのもいいですね。

20181003tori1

右側のにんじんとしいたけの煮物、さつまいものレモン煮は自前です。

20181003tori4shortshort

香ばしさが楽しめる鶏ごぼうめしも、からあげもおいしかったです!

| | コメント (0)

2018年9月30日 (日)

柴田慶信商店の長手弁当箱×崎陽軒のシウマイ弁当第二弾

お弁当箱は柴田慶信商店さんの長手弁当箱(大)を愛用しています。

容量はどのくらいなんだろう。
サイズは大を選んだけれど、とくに食べきれない分量ではないし。

と以前から気になっていたのです。

それで、食べ慣れている崎陽軒のシウマイ弁当を入れ替え、
容量を計ってみました。

シウマイ弁当>長手弁当箱(大)

その差は。鮪の照り焼きと卵焼きがはみでました。
(詳細は9月16日のブログに)

この時は、ごはんを全部詰める、前提で入れ直しをしてみたので、
今度はおかずを全部詰める、前提で再トライ。

20180930kiyouken2

結論から申し上げると、
赤四角で囲った部分が全部長手弁当箱(大)に納まりました。
つまり、俵型のご飯2盛分が入りきりませんでした。

こんな感じです。
20180930kiyouken3

俵型のご飯を少しぎゅっと詰めたので俵型がゆがんでいます。
ほぼ半分弱がご飯エリア。
シウマイ弁当右上の昆布とショウガはご飯の上にのせました。

私が一番大好きなタケノコはシウマイの下に敷きました。

20180930kiyouken4

シウマイの形状からどうしてもすきまができてしまうのですが、
長手弁当箱の半分にほぼオカズがおさまります。

つまり
シウマイ弁当-(俵型ごはん2盛分)=長手弁当箱(大)

私の場合、長手弁当箱のご飯を4割ぐらいにしたらおなかがすいちゃう。
ご飯とおかずは半々ぐらい。
かつ、ご飯はふわっとではなく、かなり詰めてちょうどいい量。

ということがわかりました。

| | コメント (0)

2018年9月21日 (金)

おいしいごはんの友

拙い自作なのですが
なにに見えますでしょうか?
Img_1469

成城石井で売っているという、
おいしいねり梅を先日いただきました。

ごはんとそのねり梅で
野球ボールに見立てたつもりです

梅肉そのもので、ほかの味がつけくわられていません。
ですので、梅干しの皮と種がないだけ。

あらゆるものに使いまわしができるので重宝です!

最近、あまりしょっぱみのない梅干しもありますが、
しょっぱみもスッパミも楽しめる
昔ながらの梅干しの味。

おいしいです~♥

| | コメント (0)

2018年9月16日 (日)

柴田慶信商店の曲げわっぱ 長手弁当箱の容量を調べてみました

お弁当箱は柴田慶信商店さんの長手弁当箱(大)を愛用しています。

選んだポイントは。
・出先で電子レンジを使うことはないので、
 温めずにごはんやおかずがおいしいもの。
・机がないところで食べることもあるので、
 2段重ねではなく1段のもの。

プラスチックなどの密閉ができる容器ではないので
汁気があるものとか大丈夫かしら、と最初は思ったのですが
よほどのものでないかぎり大丈夫。
水分をほどよく吸ってくれるのかわかりませんが、
ご飯もおいしいです。

横長の形は盛り付けが簡単。
考えずにおかずを並べてもさまになります。

お弁当箱の洗い方。
最初は柴田さんがおっしゃっているように、
熱いお湯、クレンザーとたわしで洗っていました。

ただ、今は中性洗剤&スポンジで洗っています。
キッチンの洗剤はいろんなにおいがあって好きではないのですが、
マジカに無香料の商品があるのでそれを使っています。
これなら、木にへんなにおいがつかなくてGOODです。

さて、この長手弁当箱。大だと大きいかな~と思いながら
大を買ったのですが、そんなにボリュームを感じません。

どのくらいの容量なのかな~とつねづね思っていました。

そしてひらめきました

普段食べなれている崎陽軒のシウマイ弁当を
このお弁当箱に入れ替えてみれば、ボリュームがわかるかも、と。

ジャーン。
20180916siumaibentou

結論から。

長手弁当箱(大)はさほどボリュームはありませんでした。
シウマイ弁当のご飯をギューと詰めると。
弁当箱の半分を占める、ではなく
ご覧のように、6割ぐらいを占める形になります。


すべてのおかずは入りきりませんでした。
(シウマイがごつごつした形なので
シウマイ部分に若干隙間がありますが)
卵焼きと鮪の照り焼きが入りきらず。ご飯の上にのせてみました。

つまり、
シウマイ弁当-(卵焼き+鮪の照り焼き)=長手弁当箱(大)。

今までこの弁当箱にご飯を詰める時、半分未満にしていたのです。
それだと少なかったんだな~と実感しました。

これからもずっとこのお弁当箱を愛用しようと思います。

長手弁当箱×シウマイ弁当第二弾はこちら

| | コメント (0)

«銀座のロゴスキーさんのウズベク風ピラフ、大好きなのでまたテイクアウト