« くらさきの鯨カツ | トップページ | パンドコナのケシの実パン「モーン」 »

2006年11月14日 (火)

神保町のろしあ亭のセリオトカ

神保町のロシア料理のお店「ろしあ亭」は大好きなお店。
どのメニューもおいしいですが、特に私がはまっているのが「セリオトカ」という前菜。
セリョートカとはにしんのこと。

にしんの酢漬けは、他のロシア料理屋さんや、北欧料理店、ドイツ料理店などでもありますが、
ろしあ亭のセリオトカはちょっと違います。
というのは、たいてい、にしんの酢漬けは、シメサバみたいに身が白っぽくなっているものですが、
ろしあ亭のはカルパッチョみたいな感じ。
白っぽくならずに透明でフレッシュ。
そのにしんを口に含むと、弾力と絶妙な塩っ気が口の中に広がります。
たくさん添えられているたまねぎのスライス、きゅうり、トマト、それから酢漬けのきゅうりと一緒にいただきます。

セリオトカを注文する時は、サワークリームが乗ったブリヌイとコンビで。
ブリヌイはクレープを少し厚めにしたようなもの。
このセリョートカを乗せたり、巻いたりして食べるのがぴったりなんです。

たぶん3人ぐらいで食べるための前菜だと思うのですが、
私は一人でうかがう時は、セリオトカ1皿とブリヌイを注文し、一人でたいらげます。
にしんをあまり食べる機会ってないと思うのですが、
にしんを食べてみたい方、白っぽい酢漬けとは違うにしんを食べてみたい方。
ぜひぜひお試しあれ。

画像でご紹介したいところなのですが、今日はデジカメを持参するのを忘れてしまいました。

« くらさきの鯨カツ | トップページ | パンドコナのケシの実パン「モーン」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« くらさきの鯨カツ | トップページ | パンドコナのケシの実パン「モーン」 »

emi

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。月に魅せられ、毎日、月撮り。月の満ち欠けカレンダー(グリーティングライフ社)のコラムも担当。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。   コンタクト:各記事のコメント欄をご利用くださいませ。コメントは私の承認後、ブログ内に反映される仕様にしています。公表を希望されない方はその旨をコメント内に明記くださいますようお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

今日も星日和

  • 今日も星日和
    「おいしくってしあわせ」のメインブログ。宇宙飛行士ガガーリン、プラネタリウム、星と楽しみたい音楽etc.を展開中です。

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます