« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月21日 (火)

キル・フェ・ボンのくるみのタルト

おいしそうなタルトが並んでいて、
みているだけでしあわせな気分になる
キル・フェ・ボン
二子玉の高島屋SCにも入っているので、二子玉川の花火の帰りにテイクアウトしました。
友達が大絶賛している
くるみのタルトを。

すっごくおいしいです!
タルト生地の上に、ローストしてキャラメリゼされたくるみ、ラズベリー、
そしてトッピングが生クリームという4層構造。


まず、タルト生地。
厚くてフォークを入れるとほろっとなるタイプではなくて、
パイ生地をこんがり焼いたように薄いもの。
バターの風味がきいていておいしいです。
この生地が厚いと胡桃と合わさってぼそぼその舌触りになってしまうので、
あえて、パイっぽい生地にしたことが効いています。

くるみ。
香ばしくておいしいです。
くるみのエンガディナーに
似ていますが、
エンガディナーほど濃厚ではなく、さく、ほろっとしています。

ラズベリー。
ジャムよりももう少し生っぽく、甘さほのか、かなり酸味が効いています。

生クリーム。
少しゆるめのあっさり系生クリーム。

この4つだけのシンプルさ。
けれど、それが絶妙な相性。計算されつくしています。

くるみだけだと口の中でぼそぼそしてしまいそうなのですが、
ゆるい生クリームをあわせることによって
さらっと口どけよく食べられてしまいます。
最初は生クリームの量が多いかなと思ったけど、このうえない絶妙な配分。

そして、意表をつくラズベリーの酸味が、
これまた、くるみと生クリームにないものを補って最高のパートナー。
たぶん、口の中でもラズベリーの酸味によって唾液がひきだされ、
さらに胡桃がするする喉を通ってしまうのでは。

一見ボリュームがあってこってりしそうだけど、
4つのチームワークのおかげでとても軽く、
2個ぐらい一気に食べれてしまいそうなのがこわいくらい。

まだ食べて二日しか経っていないのにもう禁断症状が・・・。

※その後、二子玉の店舗はなくなりました。
 最新情報はキルフェボンさんのHPでお確かめくださいませ。

 

 

 

 

 

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

emi 

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

今日も星日和

  • 今日も星日和
    「おいしくってしあわせ」のメインブログ。宇宙飛行士ガガーリン、プラネタリウム、星と楽しみたい音楽etc.を展開中です。

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます