« 梅の花の生麩田楽と湯葉揚げが最高 | トップページ | ティラミスチョコでプチ天国気分 »

2007年12月14日 (金)

バタークリームの傑作---ノリエットのデリス

生クリームが主流でバタークリームを使ったケーキがなかなかみつからない昨今ですけれど、
実は気をつけてみているとバタークリームものってショーケースの中にちょこんって居たりします。

バタークリーム党にぜひ食べていただきたい銘品の一つがノリエットのデリス。

ノリエットは下高井戸にある永井紀之パティシエのお店。
新宿高島屋にも入っています。

デリスがどんなケーキかといいますとものすごくシンプル。
バターのこくが効いたアーモンド生地のスポンジとカシスのバタークリーム。
それだけ。
バタークリームが薔薇の形になっているわけではなく、
ぎざぎさのフォルムに盛り付けられているだけでとてもシンプルモダン。

けれど、絶妙です。
バタークリームはともすれば、こくはあるけどあまったるくくどくなりがち。
それが、カシスの酸味とあわさるのでものすごく活きるのです。
甘酸っぱい酸味とまろやかなクリーム。
それがフォークに載せて口の中に入れるまでは堅く、
舌の上でほろりと溶けてゆく瞬間。至福のひとときです。
色もアーモンド生地の黄色と、
カシスバタークリームのカトレア色のストライプの2色の配色が
パリ雑貨のリボンのようでとてもおしゃれ。

お店ではホールサイズ(カステラのように細長いです)と
一人分カットサイズと、プチサイズ(盛り合わせ)があります。

« 梅の花の生麩田楽と湯葉揚げが最高 | トップページ | ティラミスチョコでプチ天国気分 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅の花の生麩田楽と湯葉揚げが最高 | トップページ | ティラミスチョコでプチ天国気分 »

emi 

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。月に魅せられ、毎日、月撮り。月の満ち欠けカレンダー(グリーティングライフ社)のコラムも担当。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日も星日和

  • 今日も星日和
    「おいしくってしあわせ」のメインブログ。宇宙飛行士ガガーリン、プラネタリウム、星と楽しみたい音楽etc.を展開中です。

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます