« 幻の味 「デリチョコ」のグレープフルーツのチョコがけ | トップページ | ラズィーズのカレー »

2008年2月11日 (月)

冬場はミルクフランスの季節

永田町の国立国会図書館に行った帰りに赤坂見附のベルビー赤坂にあるペルティエに寄ってみました。
いちごフランスがあったらいいな~と。なかったでした。まだその季節ではないのか、もしくは今年はつくらないのか。
ミルクフランスがあったので買って帰りました。
おいしいです。

それで、翌日もミルクフランスが食べたくなり、たまプラーザにある徳多朗のミルクフランスを買いました。夕方に行って最後の1本を無事ゲット。

ペルティエと徳多朗、両方ともクリーム、味は似ています。濃厚で甘くておいしい。
違いはパンの方ですね。ペルティエはパリっとならずにやわらかめのパン。徳多朗のフランスパンは、噛むと表面がばりっとなる堅め。

発見したのは冬はミルクフランスにぴったりの季節だということ。両方ともミルククリームの砂糖、しゃりしゃりと粒が残っている感じでそれが口の中で気持ちいいのです。

たぶん、夏場だと室温で砂糖が溶けてなめらかなクリームになりすぎてしまうのでしょう。

まだまだ、寒い日が続くからミルクフランスを食べようと思います。(ダイエットが気になりますが)

« 幻の味 「デリチョコ」のグレープフルーツのチョコがけ | トップページ | ラズィーズのカレー »

コメント

うわ~、なんかタイムリー!
今取り組んでいる仕事が終わったら、アクバルでランチして徳太朗でパン買って、デフェールの焼き菓子をおみやげにしよう♪と考えていました。
ミルクフランス、食べたことないです。emiさんのおすすめなんですね。チェックしてみます。

シーカンさん。なんというタイムリーさ!
アクバルランチと徳多朗とデフェール。まさに自分へのごほうびといえるべき、黄金の3セットですね!
デフェールでのシーカンさんのお勧め知りたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬場はミルクフランスの季節:

« 幻の味 「デリチョコ」のグレープフルーツのチョコがけ | トップページ | ラズィーズのカレー »

emi 

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

今日も星日和

  • 今日も星日和
    「おいしくってしあわせ」のメインブログ。宇宙飛行士ガガーリン、プラネタリウム、星と楽しみたい音楽etc.を展開中です。

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます