« 今年も京はやしやの桜の生チョコ | トップページ | 新宿でおいしいガレットとクレープ »

2008年3月18日 (火)

幻の幸せ---三軒茶屋ヒサモトのいちじくのタルト

東京、世田谷の三軒茶屋にヒサモトというおいしいケーキ屋さんがありました。西友の並びです。

卵、牛乳・・・すべての素材にこだわっているのでしょう。奇をてらわないシンプルなケーキでしたが、どれもどれもおいしい、私の大好きなケーキ屋でした。

ヒサモトというのはおそらくご主人の苗字。そのご主人がケーキをつくり、奥様を中心とする女性スタッフが販売されていました。その奥様もとても素敵なマダムだったのです。雰囲気は映画『魔女の宅急便』でキキに温かく接するに老婦人(加藤治子)。
ケーキを買う時って、何かうれしいことがあった時、もしくは、ちょっとへこむことがあって元気づけに、という場合が多くありませんか。
私が何も言わなくても、マダムは私の雰囲気でいろんなことを察していらっしゃったのでしょうか。いいことがあった時はまるで「よかったわね」って一緒に喜んでくださるような、そしてへこんで買いにきた時は、元気でますようにと温かく包んでくださるような雰囲気がありました。
もちろん、私が「今日は自分へのごほうびで」なんて言葉にすると、「がんばられたのね。おめでとう」というように一緒によろこんでくださいました。

そんなところも、魔女の宅急便の老婦人に似ているな、私も60代になったらこんなマダムになりたい!と理想にしている女性でした。

ヒサモトのケーキで一番好きなのは生のフルーツのタルト。特に、いちじくのタルト。ラズベリーのタルト。ブルーベリーのタルト。
バターのこくがあるタルト生地が香ばしくてとにかくおいしいです。フォークを入れるとさく、ほろっと割れる少し厚めのタルト生地。
その上にのっているのがカスタードクリーム。
カスタードクリームも、素材の卵と牛乳が絶対違うというのがわかります。なめらかでほどよいゆるやかさ。そしてとにかくおいしい。
そして、その上にフルーツ。ラズベリーやブルーベリーのタルトって、生のベリーが盛られているタルトもあれば、煮詰めたものを乗せているものや、生を盛っているけれどその上を煮詰めたジャムで覆ってしまうという手法もありますよね。
私は生オンリー派、余計な甘さは好きではないのです。

ヒサモトのタルトは、生オンリー派。生のラズベリーやブルーベリーがカスタードクリームの上にぎっしり盛られ、その上は薄く透明なゼリーのようなもの(これも極力甘味はないです)が覆うだけ。

タルト生地+カスタードクリーム+フルーツ。この3つの味のシンプルさ。ごまかしのきかない素材のおいしさが引き出されて逸品でした。
そして夏場のイチジクのタルトも、タルト生地+カスタードクリーム+いちじくが絶妙。

生フルーツ系ではないマロンタルトもおいしくて人気でした。こちらはカスタードクリームはなく、完全な焼き菓子系タルト。ごろんごろんとしたマロンの甘さとタルト生地の香ばしさが絶妙。
・・・・・・・・・・
デパートなどへの出店はありません。地元の人みんなに愛され、遠くからも評判をきいて訪ねてくる人が絶えないヒサモトでしたが、ある時ご主人が病気で亡くなられ、息子さんが跡を継がれました。
そして、マダムに面立ちがとてもよく似ていらっしゃる息子さんが、先代と変わらないおいしいケーキを提供しつづけて、未亡人となられたマダムもご主人を亡くされた哀しみを秘めて、変わらず穏やかな温かさでお店に立ち続けていらっしゃいました。

けれど、ある時、ヒサモトは閉店しました。三軒茶屋の商店街の女性(私が姉のように慕っている)から、パティシエとして後を継いだ息子さんも30代の若さで病に倒れ、闘病生活となってしまい、店を引き払ったらしいということを教えていただきました。

残念でなりません。あんな素敵な家族がなぜそんなつらい思いを・・・と。

息子さんがその後どうなられたのか、マダムは今どうしていらっしゃるのか私には消息がわかりません。
メインブログの「今日も星日和」で以前、
カリスマコンビニ店員のことを書きました。
何も会話をしなくても温かさは伝わることを教えられたのですが、ヒサモトの女主人も接客で温かさが大切であることを身を持って教えてくださった方でした。

ヒサモトのあのタルトが恋しいです。もし、ヒサモトで修業をしていた等、ヒサモト系のタルトを創っているケーキ屋さんをご存知の方がいらっしゃったら、ぜひぜひ教えてください!

|

« 今年も京はやしやの桜の生チョコ | トップページ | 新宿でおいしいガレットとクレープ »

コメント

emiさん♪こんいちは。
二男の卒業式も無事19日迎えることができ、家族一同今年の桜咲く春の光景を特別な心持で迎えることとなりそうです。^-^病をした時、人の温かさや、健康に感謝するといいますが、今回もうひとつ大切な事を教えてもらいました。それは、日ごろの自分の行為がしっかり映し出されるということです。物心共に思いもかけなく二男や家族に届いたいたわりの大きさ。本当に大切にされているんだって言うことが息子の生きる力になりました。ヒサモトさんにとってもきっと同じなのではと思います。両実家も商売をしているのでそのことは殊更!!そんなことで、私が思いついたのは世田谷区商工会です。きっとここならお手紙を渡していただけるんじゃないかと思って。HPもありましたよ^-^”♪命にかかわることがすべてネガティブな事だとは信じたくない私です。たくさんの人の心も舌も幸せにしてくださったヒサモトさん、emiさんのプラネタリウムのお茶会にきていただけたらいいですね~。最近、「星になった少年」息子と観ました。どこかとても高いところでなにかが繋がっているみたい。そんな細い銀色の線をたどったような気がしてなりません。

投稿: 若林 | 2008年3月20日 (木) 17時27分

若林さん。ニ男くんの卒業式、おめでとうございます。ご病気されて、まわりの方がいたわってくださるところに普段の関係がクローズアップされるということなのですね。
きっと素晴らしい交流をされていらっしゃるからなのでしょう。
ヒサモトさんの件、サジェスチョンくださりありがとうございます。なるほど、世田谷区商工会という方法があったのですね。
ヒサモトが閉店したのはもう5年以上前だと思うのです。あえて、知るのが怖くて若い息子さんのその後は調べずにおりました。たぶん、もう・・・。ただ、マダムは大変な心労を背負われたと思うのですが、年齢から考えて、まだまだご健在と思うのです。いつかヒサモトのマダムにこの思いを伝えたいと思いました。サジェスチョンありがとうございます。

投稿: emi | 2008年3月20日 (木) 19時25分

emiさん。
ふと思ったのですが、自分の存在が社会から去った後でも、こうやって誰かがどこかで自分のしあわせや、思い出を語っていてくれるってもしかしたらしあわせなのですよね^-^。きっとそんなemiさんの祈りって知らずでしょうがマダムの力になってるんじゃないかって思うんです。きっとそうですよ~。それはふと町でマダムが出会うきれいなものとか、言葉とか、神様は別な形でマダムに届けて下さっているような、そんな気がします。私も一緒にマダムの幸せとご健康いのりますね!

投稿: 若林 | 2008年3月21日 (金) 15時54分

若林さん。コメントいただきながら返事が遅くなってしまってすみません。マダムに直接じゃなくてもこの想いが届いていたらうれしいです。
よくバーで、「マスター。あそこの角の客に酒一杯あげて」みたいなのがありますけと、「よう。神様。あのマダムに幸せ一杯プレゼントしてあげて」ってお願いしたくなります。
きっと届いてますよね。そして若林さんもいのってくださってうれしいです。

投稿: emi | 2008年3月26日 (水) 22時05分

三茶のケーキ屋で検索中に見つけましたので、
お邪魔させて頂きました。
ヒサモトさんのケーキ屋さん、覚えていますよ。
店内では厨房が見えるところがあって、
よく息子さんが作っているところを見ました。
時々余ったケーキを頂く事もあり、とても
素敵なご一家でした。
残念ながら、息子さんも亡くなられました。
最後に作って頂いたリンゴ飴が忘れられません・・・。

マダムは、ご健在です。
ご報告まで・・・失礼します。

投稿: 通りすがりですが・・・ | 2008年3月31日 (月) 21時20分

通りすがりですが・・・で教えてくださった方。ありがとうございます。やはり。だったのですね。風のうわさできいていたものの、そしてもう5年ぐらい経っているのかしらと思うものの、ショックですし寂しいです。まだ30代の若さ、お子様も小さかったはずですよね?
ガラス越しにケーキをつくられている様子、私もよく眺めていました。
最後にリンゴ飴を創っていただいたとのこと、貴重な思い出でいらっしゃいますね。

マダムはご健在とのこと、安心しました。
マダムとともに働いていらしたベテランの女性(髪を後ろに一つに束ねて結んでいらした)にももうお目にかかる機会はないと思うのですが、元気でいらしてくださるとうれしいです。

投稿: emi | 2008年4月 1日 (火) 16時58分

まだ、ここを見ていただけるかわかりませんが、ヒサモト懐かしいです。

明治生まれの祖父とよく行きました。
持ち帰りではなく、店内でプリンアラモードを食べるのが常でした。

もうないのですね。
久々に母とヒサモトの話になって検索してこちらにたどり着きました。

ご主人息子さんもお亡くなりになったということで、もうあの味は味わえないのですね。

残念でなりません。

投稿: 109 | 2016年2月10日 (水) 07時44分

109さん。ご覧くださりありがとうございます。
ヒサモトにおじいさまと行かれた思い出があるのですね。
ご一緒にプリンアラモードを召し上がったとのこと。
おじいさまは109さんがおいしそうにいただくのをご覧になって幸せな気分になられていたことと想像できます。
ご主人、息子さんが亡くなられて、あの味が幻になってしまったのは残念ですが、お弟子さんなり、受け継いでいる人がいてほしい、と思います。
ヒサモトのおいしさを分かち合えてうれしいです。

投稿: emi | 2016年2月10日 (水) 17時55分

初めまして。
今58歳の横浜在住の者です。昔世田谷区内に住んでいて、母や伯母と緑屋に行った帰り、ヒサモトに年中寄っていました。ヒサモトのフレンチクリームが大好きでしたね。マダムはメガネをかけて知的でいつも笑っている人でしたね。息子さんの頃は横浜に引っ越していたので、覚えていませんが、ご主人は白い帽子をかぶってケーキを作っていたと思います。
懐かしいなぁ。マダムに会ってみたいです(^o^)/

投稿: のら | 2016年3月 7日 (月) 23時11分

のらさん。はじめまして。お母様やおばさまとヒサモトに通っていらいsたのですね。フレンチクリームというのはケーキでしたでしょうか? 眼鏡かけたマダムは本当に知的であたたかいほほえみを浮かべていらっしゃいましたよね。ご主人の時代に通っていらしたのも貴重な思い出ですね。
私もマダムにお会いしたいです。
若くして亡くなられた息子さんのお子さんも中高生ぐらいになっているのでしょうか。
マダムや息子さんの奥様お子さんに、ヒサモトの味を思い出にしている方がいらっしゃる方がいっぱいいるということをお伝えしたいですよね!

投稿: emi | 2016年3月 8日 (火) 13時56分

emiさん お返事ありがとうございます。
フレンチクリームというのは、チョコとバニラのアイスです。いつもそれを食べていました。風邪をひくと、母がヒサモトのショートケーキを買ってきてくれました。ヒサモトはいつ頃閉店したのでしょうか。息子さんの事も見ていたかもしれません。

投稿: のら | 2016年3月 8日 (火) 18時59分

追伸 閉店は5年くらい前と書いてありましたねm(._.)m

投稿: のら | 2016年3月 8日 (火) 19時01分

のらさん。フレンチクリームはチョコとバニラのアイスなんですね。卵もミルクもいい素材を使っていらしたから、アイスもおいしかったことと思います。
閉店は2003年前後だったかと思います。突然、ドラッグストアになってしまい、あんな人気のお店がと思っていた時に、地元の方から事情をうかがったのでした。

投稿: emi | 2016年3月 8日 (火) 22時50分

そうでしたか、最近お彼岸などに三軒茶屋のお寺を再び訪ねるようになりましたので、またあの辺りを歩いてみようと思います。甘党の私には訪ねるお店がないのは寂しい限りです。三軒茶屋といえばヒサモトでしたから。あと、甘味ではないですが、246沿い中華の香蘭も美味しかった覚えが(その後環七沿い引っ越しました)。

投稿: のら | 2016年3月 9日 (水) 08時24分

のらさん。香蘭というお店が移転前にあったのですね。お彼岸などで三茶を訪ねる機会がおありになるのですね。私自身もしばらく三茶を訪ねておらず、今の情報に疎いのですが、いろんなお店が増えているので、甘党ののらさんを満足させられるお店がみつかればと思います。

投稿: emi | 2016年3月10日 (木) 13時19分

三軒茶屋にあったヒサモト、世田谷に住んでいたときにはよく行きました。もう40年近く前のことですが。ヒサモトは、高級な喫茶店といった雰囲気で、落ち着けたのを覚えています。店内には溝江勘二作の絵が飾ってありました。私の家は溝江先生の家のすぐそばだったので、よく遊びに行った覚えがあります。ヒサモト、確か淡島通りにも支店があったはず。なんか懐かしくて、つい書き込んでしまいました。

投稿: ☆ほし | 2016年7月28日 (木) 22時50分

☆ほしさん。コメントありがとうございます。40年前のヒサモトのお話をうかがえてうれしかったです。溝江勘二さんの絵があったのですね。
ヒサモトは私が知る以前、他にもお店を展開していたとうかがっておりますが、淡島通りにもあったのですね。

今はなきヒサモトですが、愛する方々の想い出を教えていただくのはとてもありがたいことです。
私のブログに行きあたって、懐かしいと思ってくださり、またコメントを寄せてくださり本当にありがとうございました。

投稿: emi | 2016年7月30日 (土) 07時30分

emi様

三軒茶屋店にはよくいきましたが、淡島通りの店舗には一度行っただけです。
当時、まとまった買い物では玉電に乗って三軒茶屋へよく行きました。緑屋へ行ったり、亀屋へ行ったり。亀屋はお菓子やだったと思いましたが、2階が食堂(レストラン)になっていて、ここで食事。その後にお茶を飲みにヒサモトというのがお決まりのコース。
ヒサモトは溝江先生に教えてもらいました。溝江ご夫妻と両親が懇意にしていて、何かのおりに自分の絵が飾ってあるよとのことで、家族で見に行った覚えがあります。1960年頃だったでしょうか。
懐かしく、思わず書き込んでしまいました。

投稿: ☆ほし | 2016年7月30日 (土) 12時11分

☆ほしさん。亀屋も緑屋、ヒサモト。50年以上前の記憶を鮮明に覚えていらっしゃるのですね。ヒサモトさんがいかに多くの方々に愛されていたかがうかがえます。
溝江先生の作品をネットで検索して拝見いたしました。
溝江画伯も創作の合間にきっとヒサモトのおいしいケーキを召し上がっていらしたのでしょうね。

貴重なお話をありがとうございました。

投稿: emi | 2016年7月31日 (日) 09時18分

はじめまして。通りすがりで失礼します。
親戚の家が三軒茶屋で、子供の時は良く連れて行ってもらってました。

ショートケーキは受け継がれています。北海道ですけど、、


http://cafe-giglio.com/cake.html

投稿: だぐ | 2016年12月 9日 (金) 00時04分

たぐさん。初めまして。子供の頃に三茶の親戚の方に連れていっていだたいたのですね。親戚の方もヒサモトがおいしいから、たぐさんを喜ばせてあげようと思ったのでしょう。
北海道の情報を教えてくださりありがとうございます。
早速カフェジリオさんのHPを拝見させていただきました。

2005年に亡くなられた3代目のご主人にも師事されていたことが架かれていました。
ぜひいちぢくのタルト、マロンタルトも作っていただきたいです(もしかしたらすでにメニューにあるのかもしれませんが)

投稿: emi | 2016年12月 9日 (金) 13時23分

はじめまして。
大好きな洋菓子店のオーナーパティシエさんのルーツを調べておりましたら、東京の洋菓子店のひさもとに15歳で修行に入った・・云々を目にして、ひさもとって?と調べていて、貴ブログに巡りあいました。その方は兵庫の甲陽園にありますケーキハウスツマガリのオーナーパティシエ津曲孝シェフです。本当に美味しく、バターも手作りなさる程で、焼き菓子にも添加物や余計なものを極力使われないお店です。
ひさもとさんの影響を受けられたケーキがあるかどうかはわかりませんが、ひさもと夫妻の精神は少なからずお持ちだからこそ、優しく美味しい御菓子を作り続けてられるのではないかと思います。私の叔母が祐天寺近くにいた頃、35,
6年前によく叔母宅に行っておりました。ひさもとのタルト食べてみたかったです。その頃は、カプッチョやエスト等のアメリカンなケーキに夢中だった気がします。古き良き時代の洋菓子店の閉店は本当に残念です。
よろしければ、ツマガリのHPご覧になってくださいませ。

投稿: 通りすがり京女 | 2016年12月31日 (土) 01時40分

通りすがり京女さん。
今年最後に貴重なコメントをくださりありがとうございます。
ツマガリさんは訪ねたことはないのですが、バタークリームがすごくおいしいと評判をうかがっていました。
また、お土産で焼き菓子をいただいてすごくおいしい!と感激しました。
その津曲さんがヒサモトさんにいらした時期があったとうかがってうれしくなりました。
カプッチョ、エスト、懐かしいです。
あらためてツマガリさんのHPを拝見して、いい素材を重視し、おいしいものを創りつづけてこられた歴史とスピリットを感じました。
想いをこめてスイーツを創る--その想いを受け取りながらおいしさを味わう。ツマガリさんと通りすがり京女さんの関係も素晴らしいなと思いました♪

投稿: emi | 2016年12月31日 (土) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年も京はやしやの桜の生チョコ | トップページ | 新宿でおいしいガレットとクレープ »