« 王子と王女のカスタ---できたてホカホカあつあつの幸せ | トップページ | ホカアツグルメ、2分のしあわせ »

2009年2月21日 (土)

雪の調べ3パターン制覇!

Yukinoshirabechoko 雪の結晶がリリーフ状になっているチョコレート「雪の調べ」(道南食品)。
楽天でも購入できるようですが、東京駅前にある北海道の物産常設販売「北海道フーディスト(ttp://www.foodist.co.jp/)」でも買えることがわかりました。

そこで参上。
3パターン買ってきました。
ミルクチョコとホワイトチョコとメープルチョコ。
ミルクチョコレートはすでにいただいていたのでこちらに書いておりますが、他の2種類について。


✳ホワイトチョコレート✳
青いパッケージのホワイトレートもミルクチョコレート同様、荒挽きローストされたカカオの粒粒入り。
なので、見た目、大理石のような、101匹わんちゃんでおなじみのダルメシアンのような感じ。(写真一番手前)
お味は、おいしいです。ホワイトチョコの口溶けもいいですし、その中でカカオの粒粒が、甘さの中にほろ苦さを、まったりミルクの触感に粒の歯ごたえのアクセントを効かせています。


✳メープルチョコレート✳
写真奥のベージュ色に見えるのがメープルチョコレート。
このチョコの中に入っている粒粒は荒挽きカカオではなくてくるみ。
お味は、これまたスマッシュヒット!!
ホワイトチョコのようなまろやかさな口どけ。メープルのやさしい甘さが広がります。
メープル味のチョコってなかなか味わったことがありません。

3種どれもおいしくて、こんなにクオリティの高いチョコが20枚入り500円なんてありがたすぎます!!
生チョコではない、パリッとかじるタイプのいわゆる板チョコ系では私の史上NO.1。
そのおいしさの秘密はこのプレートの厚さ加減もあるはず。測ってみたら4~5ミリ。
これより薄くても食べ応えもないし、厚くても、パリっとかじってはらはらと口の中で溶ける、にはならないのでしょう。

ぜひぜひお試しあれ。

|

« 王子と王女のカスタ---できたてホカホカあつあつの幸せ | トップページ | ホカアツグルメ、2分のしあわせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 王子と王女のカスタ---できたてホカホカあつあつの幸せ | トップページ | ホカアツグルメ、2分のしあわせ »