« 富山ささら屋の「鬼楽煎」---またまたおいしい「辛め系せんべい」に出会いました。 | トップページ | 松崎煎餅のぬれせんべい、これまたスマッシュヒット。 »

2011年9月 4日 (日)

ルピシアの山ぶどう烏龍茶おいしいです。


Lupiciayamabudou
いろんなフレーバーティーを素敵な缶で展開している「ルピシア」。
今販売されている山ぶどう烏龍茶、おいしいです。

缶を開けるだけで甘いぶどうの香りがします。
香りは甘いけれど、飲んだ時に甘ったるはなく、
フレーバーティーとしてバランスがとてもいいです。
紅茶でも日本茶でもなく烏龍茶なので独特の重みがいいです。

まだまだ暑くて水出しの冷たいものを飲みたい季節。でも秋の訪れも楽しみたい。
そんな今だからこそ、秋を感じさせる山ぶどうを水出しの烏龍茶で楽しむのがオツです。

さて、購入した時にいただいたルピシアのカタログをみたら、
東方美人という台湾の銘茶についてのこう書かれていました。
「初夏に飛び交うウンカという小さな虫に咬まれて傷ついた新芽が、
自らを癒そうとする時お茶の樹はふくよかな香りを発し、
東方美人独特の味わいが生まれるのです」

ウンカ。どこかで聞いたことが。

2011年4月28日の日本三代実録(その4)で書いていました。
874年8月に伊勢を襲った謎の昆虫を調べていた時に、
ウンカのことかしら?と思ったのでした。
江戸の享保の大飢饉はイナゴやウンカの虫害がひどかったわけですが、
ウンカが害だけではなく、
お茶をおいしくするという人のとっての幸いをもたらす虫でもあったということを初めてしりました。

« 富山ささら屋の「鬼楽煎」---またまたおいしい「辛め系せんべい」に出会いました。 | トップページ | 松崎煎餅のぬれせんべい、これまたスマッシュヒット。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 富山ささら屋の「鬼楽煎」---またまたおいしい「辛め系せんべい」に出会いました。 | トップページ | 松崎煎餅のぬれせんべい、これまたスマッシュヒット。 »

emi 

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。月に魅せられ、毎日、月撮り。月の満ち欠けカレンダー(グリーティングライフ社)のコラムも担当。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

今日も星日和

  • 今日も星日和
    「おいしくってしあわせ」のメインブログ。宇宙飛行士ガガーリン、プラネタリウム、星と楽しみたい音楽etc.を展開中です。

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます