« ブールドネージュみたいなちんすこう、食べやすくておいしいです | トップページ | ヨーグルトポムポムシリーズ(その3)おいしくて週イチペースで作っています »

2014年4月 6日 (日)

静岡、小山の清冽な水と空気や宿るお漬物「とう菜」

20140406touna
静岡県裾野市小山町に不思議なご縁の方がいらっしゃいます。
あるスポーツチームを応援するきっかけになった「縁結び」の女神のような方です。

早春になると自家製のとう菜のお漬物をくださいます。

「とう菜」は別名は「水かけ菜」。御殿場市や小山町の地域の特産物。
静岡というと温暖なイメージがありますが、
富士山に近い小山町は標高も高く、雪も東京に比べたら深く積もる地ですね。

富士山を望む冬の清冽な空気と水ではぐくまれたとう菜のお漬物。
高菜ほどぴりっとする辛さはありませんが、しゃっきりしてみずみずしく、
野菜の栄養がぎゅっと詰まっているようで、食べると、身体がしゃきっとする気がします。

今年いただいた分は、今日、完食してしまいました。
本当においしかったです。

JA御殿場のとう菜の紹介ページはこちら
(ttp://www.ja-shizuoka.or.jp/gotemba/mizuna.html)

静岡県のHPのとう菜の紹介ページはこちら
(ttp://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-720/tokusan/mizuna.html)
リンク切れになりましたら、静岡県HPトップページ(ttp://www.pref.shizuoka.jp/)→産業・雇用→農林業 →東部農林事務所トップページ→地域の特産物→地域の特産物(水かけ菜) でお訪ねください。

« ブールドネージュみたいなちんすこう、食べやすくておいしいです | トップページ | ヨーグルトポムポムシリーズ(その3)おいしくて週イチペースで作っています »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブールドネージュみたいなちんすこう、食べやすくておいしいです | トップページ | ヨーグルトポムポムシリーズ(その3)おいしくて週イチペースで作っています »

emi 

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。月に魅せられ、毎日、月撮り。月の満ち欠けカレンダー(グリーティングライフ社)のコラムも担当。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

今日も星日和

  • 今日も星日和
    「おいしくってしあわせ」のメインブログ。宇宙飛行士ガガーリン、プラネタリウム、星と楽しみたい音楽etc.を展開中です。

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます