« 銀座十石のなんばん味噌を買いました! | トップページ | 南部鉄器の急須カモミールのその後です »

2014年8月 2日 (土)

ヨーグルトポムポムシリーズ(その4)ラズベリー、ブルーベリー、プラムで作ってみました。

冬から春にかけてヨーグルトポムポムのおいしさにはまり、
一週間に1回は作っていました。

リンゴの時期を過ぎたこともあり、しばらく作っていなかったのですが、
その後リンゴ以外のものでも作ってみたところ
とてもおいしかったので4つご紹介します。
私が作ってみたのは、ラズベリー、ブルーベリー、生プラム、砂糖で煮詰めたプラムの4パターンです。

1)生ラズベリーバージョン


ヨーグルトポムポムの魅力は、生地作りに手間がかからないのにおいしいこと。
リンゴバージョンだと皮を剥いて切る手間がありますが、
ラズベリーは洗うだけなのでさらに時間が短縮されます。

どのくらい手軽かというと
200度設定にしたオーブンを余熱スタートして、
余熱が終わるまでの時間(約15分)ですべての準備が終わってしまうこと!

その手順をご紹介。

私のお宝本である『秘密のケーキづくり』マドモアゼルいくこ著(主婦と生活社 1978)
掲載の「ヨーグルトポムポム」のレシピを半分の分量にしたものです。

オーブンを200度、焼き時間25分で余熱スタート。

ラズベリー(生。スーパーで売っている1パック)を
 洗って水気を取ります。

18センチのセルクル型にバターを塗ります。
  私はバター仕立のマーガリンを使用。
  冷蔵庫から出したてでも簡単に塗れて重宝。

ボールに卵一個、砂糖(私はきび砂糖使用)40g、
  サラダ油1/4カップを入れて混ぜます。 
 私は泡だて器を使っていますが、泡立ては不要。
 ただ、さっくりまわします。

プレーンヨーグルト1/2カップを
 に加えて混ぜます。
 紅茶にミルクを入れて混ぜるくらいの感じで
 軽く混ぜればOK。

薄力粉50gにベーキングパウダー小さじ1/2を加え、
 スプーンでさっくり混ぜ、 に加えます。
 本では粉類を一度ふるうように書いてありますが、
 私はふるっていません。ノープロブレム。
 少しくらいダマがあったとしても大丈夫。

この生地を半分ぐらいセルクル型に流します。
 (底がちょうど隠れるくらい)。
 ラズベリーの半分弱をちらばせて、
 残りの生地を流します。
 上にラズベリーをまんべんなくちらします。

これで準備はできあがり。
私の場合、このあたりでちょうどオーブンの余熱が終わります。

つまりの工程が約15分の所要時間。
もしここで20分以上かかっていたら混ぜすぎだと思います。

泡立てる必要もこねる必要もありません。
小麦粉を入れたあとも、「あれ、少しダマがある」と思っても
焼いている時にうまく溶けるみたいなので気にしないでOK。

200度のオーブンで焼きます。本の半分の量なので焼き時間は20分ほど。
このくらいの焼き色の時に引き上げました。
立派なスイーツがあまりに手軽にできることに感動です。
20140802yogurt_raspberry3_3

カットするとこんな感じ。
厚さは3センチ弱。
20140802yogurt_raspberry5

加熱でとろっと柔らかくなったラズベリーと
もっちり生地が絶妙でおいしいです!

あつあつでも冷やしてもOK。冷凍して、そのあと自然解凍でもレンジで温めなおしてもOK。
本当に万能のスイーツです。

ヨーグルトポムポムは加熱でリンゴが甘くなりますが、ラズベリーは加熱だけではさほど甘くなりません。
かなり酸味が残ります。

酸味が苦手な方は、粉糖をまぶすとか、泡立てた生クリームやアイスクリームを添えるのもいいかもいしれません。

2)生ブルーベリーバージョン


20140802yogrut_blueberry1

ラズベリーバージョンが、あまりにも簡単でおいしいので、
ブルーベリーバージョンでつくってみました。

こちらも生地は本の半量です。

上記の生ラズベリーのところを生ブルーベリーにかえただけです。
ですので所要時間は同じくらい。

つくろう!と思いたって、オーブンの予熱をスタートさせて
余熱時間の15分の間に生地が完成していて、
20分焼いて出来上がり。
思いたってから40分足らずでできあがってしまうということにいつもながら感動します。

20140802yogrut_blueberry2

ブルーベリーは生だと少しぼやけた味ですが、
ヨーグルトポムポムにしたら味がギュッと濃くなって甘酸っぱさが引き立って超おすすめです。
ファーブルトンのような生地とブルーベリーがぴったりです。

3)生プラムバージョン


20140802yogurt_plum1
プラムが多かったので分量は本の通り。
焼き時間も30分以上でつくってみました。

20140802yogurt_plum2_2
これは食べれなくないけれど、
かな~り酸っぱくなりました。

4)砂糖煮プラムバージョン


20140802yogurt_plum3
プラムをあらかじめ砂糖で煮てジャム状にし、ヨーグルトポムポムにしてみました。

20140802yogurt_plum4_2
おいしいです。


以上の組み合わせでは
生ブルーベリー ★★★★★★
実を切らない手軽さ。
加熱して甘酸っぱくなったブルーベリーとクラフティのような
まったりした生地の味がぴったり。誰のお口にもあう味でしょう。

生ラズベリー  ★★★★。
実を切らない手軽さ。
加熱しても酸味は強いので、酸っぱいのが苦手な方は、
粉糖をまぶす、砂糖を加えて泡立てた
生クリームや
アイスクリームを添える必要あり。

砂糖煮プラム ★★★
酸味がやわらいでおいしくいただけます。

生プラム    ★★
酸味がかなり強いです。
-------------------------------------------------
ヨーグルトポムポムシリーズ
1(マドモアゼルいくこさん) 
2(本を発見して挑戦)
3(週1ペースで作っています)
4(ラズベリー、ブルーベリー、プラムで)
5(ラフランスで)
6(バナナで)

 

« 銀座十石のなんばん味噌を買いました! | トップページ | 南部鉄器の急須カモミールのその後です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀座十石のなんばん味噌を買いました! | トップページ | 南部鉄器の急須カモミールのその後です »

emi 

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

今日も星日和

  • 今日も星日和
    「おいしくってしあわせ」のメインブログ。宇宙飛行士ガガーリン、プラネタリウム、星と楽しみたい音楽etc.を展開中です。

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます