« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

渋谷のロゴスキーでロシア語の会

渋谷駅前の東急プラザの閉館にともない、9階に入っているロゴスキーさんも閉店となります。
ロシア語学校に通っていた時の先生と仲間が誘ってくださって、みんなでお食事をしました。

こちらは入口にあるメニュー。(クリックで拡大します)。
Rogovski01

私は会の途中から参加。
飲み物は大好きなクワス(左)とモルス(右)。
Rogovski02

クワスはロシア料理やさんでも扱っていないところがほとんどですし、
ご存知ない方も多いと思うのですが、ぜひ飲んでいただきたい飲み物。

二シンの前菜もおいしいです。
Rogovski03_2

写真を撮りはぐってしまいましたが、ピンク色のソースをかける
ロシア美人サラダもマストな一品。

ウクライナ風ボルシチ。
じゃがいもは入っていません。
ビーツたっぷりでとてもおいしいです。
Rogovski04_3

ペリメニはロシア風水餃子。
お醤油ではなく溶かしバターとパセリとレモン汁(だと思うのですが)でいただきます。
私が家で焼き餃子をマヨネーズで食べるのもペリメニがヒントになっています。
Rogovski05

キエフ風鶏のカツレツと
Rogovski06

シャシリク。
Rogovski07

みんなで行くとたくさん頼んでシェアして
いろんな味を食べれるのがうれしいです。

こちらもマスト!!
ウズベク風羊肉入り辛口ピラフ。
Rogovski08

何度いただいても、
辛さの源がわからないのですが、
東南アジア料理のようにしびれるほど辛い!唐辛子が辛い!
というのではなく、
深みのある「スパイシー」な味。

内装も撮らせていただきました。
Rogovski09

窓の外には
東急東横店の看板と新しくできたヒカリエと首都高。
この眺めも好きでした。
Rogovski10

ロゴスキーは深沢にもお店があります。
そちらに行けばいいか~と深沢店のHPを拝見したら、3月1日でクローズと書かれていました。
そして、
渋谷ロゴスキーと深沢カフェの2店舗をひとつにまとめ、新店舗として移転
を計画されていらっしゃるとのこと。
移転先につきましては決まり次第、ホームページ、深沢カフェ店頭、フェイスブックページで発表
とのこと。

うれしいです!!!
楽しみに待っています!!

(追記)銀座にて渋谷ロゴスキーさん、営業中。うれしいです。
銀座店を訪ねた時のブログはこちら

2015年2月24日 (火)

女王陛下とお茶を。遊び心がたまらない。英国王室の紅茶をいただきました

仕事でイギリスに行かれていた方から、
お土産に遊び心溢れるお茶をいただきました。

英国王室が勢ぞろいのティーバッグ「ROYAL TEA」です。
20150224royal_tea1

ちゃんとカミラさんもいます。キャサリン王妃もいます。
お弁当でも好きなおかずを最後に残す派。
ゆえに仕事場に持っていき、最初に消えたのはヘンリー王子とカミラさんです。

カミラさんを正しい日本の湯呑に入れたら、まるで温泉に浸かっているようになりました。
20150224royal_tea2

こちらは仕事仲間のムーミンのティーカップで温泉につかるヘンリー王子。
ミーと一緒で王子も楽しそう。
20150224royal_tea3

2杯目もいけそうだったので、別の湯呑に2人を入れたら、
混浴みたいになっちゃいました!
20150224royal_tea4

実はメイドインジャーマニーの商品なのですが、
英国内で容認されて売られているのがすごいなと思います。

定期的にこのシリーズを買うのも面白いかもしれませんね。
少し前まではウィリアム王子も一人だったようです。
もう少ししたら、ヘンリー王子も素敵な王妃と一緒に並ぶのかもしれません。

一番上は長く長くエリザベス女王でありつづけて、王室の貫録をみせてほしいです。

(2015.2.26追記)
ドイツのDONKYという会社の商品です。
サイト(ttp://donkey-products.com/de/)を見たら、
ROYAL TEA以外にもいろんなシリーズがあることがわかりました。
チャップリンとかオードリー・ヘプバーンとか。

2015年2月15日 (日)

モランボンの餃子の皮(もち粉入り)で手作り餃子が驚異的なおいしさ!

「健やかな時も、病み上がりの時もともに」というくらい餃子が好きです。
(さすがに病める時は食べません)

市販の餃子ですと、赤城の餃子や北海道のみよしのが好き。
小さめ、野菜多めの焼き餃子が好みです。

自分でも作りますが、最近、とんでもなくおいしい皮に出会いました。
それはモランボンのもち粉入り餃子の皮

20150215gyouza1

↑私は反対側の面も焼いて、外はクリスピー、中はじゅわーにするのが好みです。

カリッと焼けるのに、もっちり感、肉厚感があるんですよ。
肉厚感といっても包んでいる時に特にぶあついとは感じませんし、食べる時もものすごくぶあついっていうわけではないんですけれど、何かが違うんです。

私は食べる回数の95%が焼き餃子、5%が水餃子というぐらいの焼き餃子派。
ですが、先日、海老とレンコンとこのモランボンの皮で作った焼き餃子を冷凍→あたため→ツユに入れる、をしたのですが、とてもおいしかったでした。汁の中に入っても皮が破れることなく、もっちり感と存在感がありました。

水陸両用。焼き餃子も水餃子もOKの素晴らしい皮だと思います。

さて、私が最初にこの餃子の皮を最初に買ったのはイトーヨーカドーですが、置いていないスーパーもあります。
ところが先日、置いていないスーパーでVマークの「餃子の皮もち粉入り」というのをみつけました。
裏を見ると、なんと製造者はモランボンさんではないですか。

そこでこちらも買ってみて、モランボンの餃子の皮もち粉入りと違いがあるのか、調べてみることにしました。

結論としては、サイズも厚さも枚数も一緒。私には違いはわかりませんでした。
もしスーパーでモランボンの商品がみつからない時はVマークバージョンを探してみてくださいね。

20150215gyouza2_2

左がモランボンの皮、右がVマークのもの。

お皿に並べると。
20150215gyouza3

写真だと大きさが違って見えるかもしれませんが、
両方とも直径8.5センチぐらいで同サイズ。
20枚入りで高さも一緒なので、1枚の皮の厚さも一緒だと思います。

焼いてみると。
20150215gyouza4

左がモランボン、右がVマーク。
焼き色も食べた食感も同じにかんじました。
どちらもおいしいです~。

商品の裏を見ると。
20150215gyouza5


↑モランボン

20150215gyouza6


↑Vマーク。
どちらも原材料名が一緒です。

さて、私の手作り餃子の基本レシピは。

材料は豚ひきにく(赤身多め)、白菜(葉の部分を使用。塩もみして水分を減らす)、にら、にんにく。
青紫蘇や生姜を加えることも。

味付けは塩コショウとオイスターソースとごま油。

焼く時は、油をなじませたフライパン(ビタクラフト)に並べてほどよい焼き色がついたら水を回し入れて、ふたをして蒸す。

水分がなくなるころに餃子をひっくり返して、反対面にも焼き色を付けます。

できあがったら、マヨネーズでいただきます

マヨネーズは酢醤油などと違い、水分が少ないので、かりっとやけた皮に水分がしみこんでしんなりするということがありません。
ほどよい酸味もGOOD。
醤油などの強い味がないために、素材本来の味を楽しめます。

ぜひお試しあれ!!

2015年2月11日 (水)

デメルの2015年バレンタインチョコ、ときめきランデブータをいただきました!

ありがたくも今年もデメルの幸福の豚さんチョコをいただきました~!
「デパートの催事でデメルの売り場を見たけれど、豚のチョコなんてなかったわ」
と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
このチョコは松屋限定なんです。
しかも個数限定のとても貴重なチョコなのです。
私も他のデパートでデメルコーナーみましたけれど、
豚さんチョコのことはインフォメーションすらされていませんよね。

こちらが、2015年のチョコ「ときめきランデブータ」です。

く~。かわいい~~~。

郵送で送ってくださいましたが、上にも蓋があり、
丸い台も動かないように固定されていて、まったく崩れることがありませんでした。
直径は10センチほどの円形のチョコの土台の上に飾られています。

デコレーションケーキを切り分けるようなゴージャス感があります。
20150211demel1
うるっとした目もかわいいですね。

ピンクのハートチョコには天下のデメルさまの刻印が。
20150211demel3

もったいなくて食べられず。
まずこちらのハートからいただきました。

20150211demel4

ピンクのアイシングがのったハート型のクッキーです。
さくっとおいしゅうございました。

デメルさんの遊び心がたくさんつまったチョコレート!
お味は少しずついただいてご紹介します。

(2015.2.15)
豚さんのピンク色の部分、ストロベリー味ではなかったでした。
左の豚さん、顔の明るい茶色に見える部分はヘーゼルナッツだと思います。
ガナッシュのように少しやわらかめ。そしてパフが入っているわけではないと思うのですが、
シャリシャリする食感のものがはいっています。
すべてとてもなめらかでミルクが入ったリッチな味わいです~

2015年2月 8日 (日)

リサとガスパールのチョコレート(その15)2015年のバレンタインのチョコレート

リサとガスパールのチョコレート。
今年もバレンタインフェアを楽しみにしていました。
今日、やっと買うことができました!!

自分へのご褒美に選んだのは
青いガスパールのパッケージのもの。
20150208gaspard_et_lisa3

6つのチョコが入っています。
20150208gaspard_et_lisa4

蓋の内側にお味の説明があります。
20150208gaspard_et_lisa11

一つ一つをアップでご紹介します。

マフラーの赤と青が映えるこのチョコは「ミルクガナッシュ」。
20150208gaspard_et_lisa5_2

外側のチョコよりも少し明るい
茶色の甘いガナッシュがはいっています。
口どけがとてもなめらか。


ビターチョコレートのカップの中に、
ホワイトチョコレートとピスタチオと
ガスパールの形のチョコレート。
20150208gaspard_et_lisa6_2
カリッとしたピスタチオがアクセントになっていて
おいしかったです。


ツヤツヤのハートは
キャラメル味のミルクガナッシュ。
ハートの中はヌガーが入っているのではなくて、
ガナッシュなのだけど、キャラメル風味でした。
甘くておいしかったです。

20150208gaspard_et_lisa7
ガスバールはビターチョコレート。
ガナッシュが入っているわけではないプレーンなチョコ。
甘くないチョコが好きなのでおいしかったです。


こちらはラフランス風味のホワイトガナッシュ。
ラフランスを思わせる明るい黄緑色が
小粋でパリっぽい雰囲気。
キュートな絵がたまりません!
20150208gaspard_et_lisa8
白いチョコの天面に絵が描かれています。
白いチョコの中にも白いガナッシュが。
確かにラフランスの爽やかな味がしました。


マンゴー風味のミルクガナッシュ。
20150208gaspard_et_lisa9

中は黄色いクリームが入っているというわけではなくて、外と同じこげ茶色のガナッシュでした。
上に載ったマンゴーの風味が効いています。
ドライマンゴ―というよりももっとカリッとした感じ。
マンゴーの甘いふわりとした香りがチョコの風味とぴったり!

こちらも購入。
左下はリンゴ風味のミルクガナッシュ。
右下はビタートリュフです。

20150208gaspard_et_lisa10

リーフレットもご紹介
20150208gaspard_et_lisa1_4

20150208gaspard_et_lisa2_3

購入したのは渋谷駅前の東急百貨店東横店西館8階の催事場です。

このリーフレットをみますと、チョコを作っていらっしゃるのは
株式会社レガロさんとなっています。

リサとガスパールのチョコレート(その14)2014年2月8日

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

emi 

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

今日も星日和

  • 今日も星日和
    「おいしくってしあわせ」のメインブログ。宇宙飛行士ガガーリン、プラネタリウム、星と楽しみたい音楽etc.を展開中です。

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます