« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月25日 (日)

鍵善良房のうつろひ、グラデーションにうっとり。

京都の鍵善良房のお菓子をいただきました。

ふたを開けて、繊細な色合いにうっとり~。
20160925utsuroi1

蛍光灯の下で撮り、その繊細な色合いがうまくでなかったのですが。

水彩画のようなグラデーション。雅です。
20160925utsuroi3
レモンイエロー、黄色、浅緑、若緑。

和三盆を使った落雁のやわらかなあまさ。
はんなり。愉しむひととき。




| | コメント (0)

2016年9月 3日 (土)

究極の和モダン、HIGASHIYAさんのひと口菓子

HIGASHIYAさんといえば、究極の和モダン、おセレブ、スタイリッシュ。

ずっと気になっていたんです。特に棗バターに。

ちょうどポーラの3Fでプラントハンター西畠さんの植物展が開催されていたので行ってきました。
20160903nishihata01

↑そびえるバオバブ、圧巻。

日本の襲(かさね)色目を想わせるような配色と木を活かした店内、素敵でした。
(撮影NG)

うやうやしくお菓子が並べられています。
ひと口菓子は1個からの販売はしておらず(2016.9.3現在)、
4個からでした。

木の箱に入っています。(一辺約8㎝)
20160903higashiya01


選んだのは左上から右に
棗バター、薄香、鳥の子、路考茶。
20160903higashiya02<

↑白餡が好きなので選んだら同じような色合いになっちゃいました!
  贈答なら、紫色のものとかを混ぜると美しいでしょう。

棗バター(左)と薄香。
20160903higashiya03

棗バター。おいしいです!!
20160903higashiya04
くっちゃりした棗(なつめ)の食感と素朴な甘み、濃厚な発酵バターの旨み、そこに軽く香ばしいクルミ。
棗とバターだけだと口の中がとろんとしてしまう、そこに胡桃のクリスピー感が加わることで
歯切れの良さも生まれます。

思いつかない組み合わせです。自分でドライフルーツを買って真似してみたくなりました。

薄香はよくわからないうちに食べ終わってしまいました。
20160903higashiya05
薄香の断面アップ。


こちらは路考茶(左)と鳥の子。
20160903higashiya06

路考茶は栗の風味が濃厚。
20160903higashiya07

鳥の子。棗バターの次に気に入りました!!!
蜂蜜羹を生姜入りの白餡でくるんだものですが、生姜が本当に効いているんです。
20160903higashiya08
↑あちこちに生姜がみえかくれ

20160903higashiya09
蜂蜜羹のアップ。
小さいけれど、食べごたえがあって、生姜の味も強く残って存在感のあるお味でした。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

HIGASHIYAさんの和菓子。なかなか自分で買うのは…。
贈答されたらうれしい筆頭かもしれませんね。

添えられていたひと口菓子のラインナップが素敵だったのでご紹介します。
(以下画像はクリックで拡大します)
星印は私が食べた主観。★なしは未食のもの。

棗バター★★★★★
棗椰子の自然な甘みに香ばしい胡桃とコクのある発酵バターを合わせました

鳥の子★★★★
濃厚な蜂蜜羊羹をさわやかな刺激の生姜入り白餡で包みました。
20160903higashiya11



紫根(しこん)
栗の甘露煮を紫芋餡で包み、素朴で上品な味わいに仕上げました。

深支子(こきくちなし)
薩摩芋餡に黒胡麻とバターを合わせ、コクのある味わいに仕上げました。
20160903higashiya12



路考茶(ろこうちゃ)★★★
香り高いブランデー羹を栗の旨味を存分に活かした餡で包みました。

桧枝(ひわだ)
砕いた胡桃を加えた餡にココアをまぶし、口溶けのよい濃厚な味わいに仕上げました。
20160903higashiya13



黒紫
小豆の風味が際立つ粒餡に甘酸っぱい干杏を合わせました。

柑子(こうじ)
自然な甘みを活かしたかぼちゃ餡に、酸味のあるクリームチーズを合わせました。
20160903higashiya14



萌葱(もえぎ)
黒糖焼酎に漬け込んだレーズンを風味豊かな抹茶餡で包みました

牡丹鼠(ぼたんねず)
さらりとした口溶けのこし餡に歯ごたえのよいマカデミアナッツを合わせました。
20160903higashiya15



薄香★★★
黒糖焼酎で仕上げた桃のコンポートをバニラ入りの白餡で包みました。

濃紫
コクのある紫芋餡に歯ざわりのよいカシューナッツを合わせました。
20160903higashiya16


少しずつお味を制覇できたらいいな~と思います。

| | コメント (0)

2016年9月 1日 (木)

シュタットシンケンのバイスブルストとオランダのマスタードの組み合わせ、おいしい~~~

あざみ野駅にあるシュクレ・シュバインはシュタットシンケンとピュイサンスのコラボショップ。

ちょうど私の前にお店に入った方が、
「この間、いただいたものがすっごくおいしくて、ほかのも食べたくなってきました~」といろんなソーセージを買っていかれました。

この方が感激したというソーセージをお店の方に尋ねて、購入したのが
バイスブルストとオランダのTonsのマスタード。

色が白くて太いバイスブルストを茹でて、指で皮をむいて。マスタードを添えて。
20160831stadtscinken1
おいしい~~~~~。lovely
スパイシーではなく、やさしい味のソーセージに、
ぴりっとした辛さがない、ちょっと甘酸っぱいマスタードがぴったり!!

ソーセージの脇役のマスタードというよりも、この甘いマスタードを主役にして、この主役を味わうためにソーセージやポテトほか脇役を探したくなるおいしさ。

カレーにチャツネ代わりにに入れてもおいしそうと思いました。

20160908stadtscinken1_2

20160908stadtscinken2_3
↑Tonsのマスタード。クリックで拡大します。
 2016年9月7日現在では、成城石井や明治屋でみつけられませんでした。

一緒に買ったみそベーコン。
カリカリに炒めず、少しあたためるぐらいがおすすめのこと。

フライパンでほんの少しあぶらが溶ける程度にあたためて、いただくと。
20160908stadtscinken3_2
おいしい~lovely
ほんのりとしたみその風味も香ばしいです。
味付け不要。このままでOK。オススメです!!



| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »