« サンルイ島の焼き菓子、イチヂクとカシスのグラッセが絶品! | トップページ | 旭洋丸水産さんとラスコさんのラスク »

2017年5月31日 (水)

横浜駅グルメ。まん天餃子&キルフェボン再び

おいしいものにいっぱいめぐまれた5月。
アップしたいものがたくさんあるのですが、今日はまん天餃子とくるみのタルトを再び。

【まん天餃子】

一人で行きました。平日のお昼時。
頼んだのはまん天餃子、たまねぎ餃子、水餃子。

20170531manten1
奥がまん天。手前8個がたまねぎ。

20170531manten2
もちもちで汁じゅわ~の水餃子。

どれもおいしくて大満足。

まん天餃子の中はこんな感じ。野菜のみじん切りがいっぱい。
20170531manten3

水餃子の断面はなかなか一人で撮るのはむずかしいので次回に。

一人だとこの3つでおなかいっぱい。
しそひじきごはんも食べたいけれど注文していたら残していたかも。
これで900円未満。

ごはんはないけれど、餃子の皮(小麦)が主食代わりといえば主食になるので
餃子だけで野菜、肉、主食の3つのバランスが取れているといえるでしょう。

一人だったのでまわりの方がどんな注文されるのかな~とオーダーを聞いていると
ごはん、まん天餃子、きゅうり。
ビール、キムチ、水餃子、ごはん。

など。量が少な目な分、いろいろカスタマイズできるのがいいですね。
それと一人の女性が圧倒的に多いです。そして60代以上と思われる女性も多い。

アツアツで運ばれる餃子をフーフーして、やけどさえ気をつければ
骨もない。やわらかい。肉と野菜が摂取できる餃子はいいですね。

期間限定の餃子。現在はたまねぎですが6月もう少ししたら「えび」になるそうです。
たびたび期間限定で登場するえびも大人気とのこと。

食べてみたい~。

横浜駅グルメ。デザートはキルフェボンのくるみのタルト。
(今回はテイクアウトして家で)。

20170531_kurumi1
架谷庸子さんの赤絵のお皿に盛りました。
赤×赤にうっとり。

20170531_kurumi2
断面アップ。

このブログでの過去記事でも繰り返していることですが、
食感も味のバランスも素晴らしいんです。

食感は下から、タルト生地のサックサク。クルミのカリっポリ。のハードな食感に。
ラズベリーのジャム・ピューレっぽい、水分とネチャネチャ。
トップの生クリームのゆるふわ。

どれが欠けても物足りないことでしょう。
タルトとくるみだけだと香ばしいけれど、飲みこみしづらいかも。
生クリームとラズベリーだけだとあまずっぱくておいしいでしょうけれど、
やわやわコンビで、ガツっとした食感が欲しくなるでしょう。

味覚は、タルトやクルミの香ばしさ(バターやナッツ系の甘みやうまみ)と、
ラズベリーの甘ずっぱさと
生クリームのやさしい甘み。

キルフェボンのショーケース。カラフルなフルーツが盛られたケーキがいっぱい並んでいます。
その中でトップが白い生クリームだけというのは異色の存在。
それで名前も「くるみ」。

目立たない存在と言えるかもしれません。
私も友達に教えてもらわなけば選ばなかったでしょう。


5月いっぱいの期間限定と思っていたのですがまだこれからも食べられるみたいですね。
詳細はキルフェボンのHPでチェックを

横浜駅西口グルメ。
テイクアウトでおすすめなのが高島屋B1にある尾島の焼き豚の切り落とし。
(ショーケースには並んでいないかもしれないので「切り落としはありますか」と尋ねてみてくださいね)

ジョイナスにある治一郎のラスク(カラフルでおいしいラスコは治一郎の姉妹店)もおすすめです。

|

« サンルイ島の焼き菓子、イチヂクとカシスのグラッセが絶品! | トップページ | 旭洋丸水産さんとラスコさんのラスク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンルイ島の焼き菓子、イチヂクとカシスのグラッセが絶品! | トップページ | 旭洋丸水産さんとラスコさんのラスク »