« おいしいごはんの友 | トップページ | 鶏のから揚げをお弁当箱につめて »

2018年9月30日 (日)

柴田慶信商店の長手弁当箱×崎陽軒のシウマイ弁当第二弾

お弁当箱は柴田慶信商店さんの長手弁当箱(大)を愛用しています。

容量はどのくらいなんだろう。
サイズは大を選んだけれど、とくに食べきれない分量ではないし。

と以前から気になっていたのです。

それで、食べ慣れている崎陽軒のシウマイ弁当を入れ替え、
容量を計ってみました。

シウマイ弁当>長手弁当箱(大)

その差は。鮪の照り焼きと卵焼きがはみでました。
(詳細は9月16日のブログに)

この時は、ごはんを全部詰める、前提で入れ直しをしてみたので、
今度はおかずを全部詰める、前提で再トライ。

20180930kiyouken2

結論から申し上げると、
赤四角で囲った部分が全部長手弁当箱(大)に納まりました。
つまり、俵型のご飯2盛分が入りきりませんでした。

こんな感じです。
20180930kiyouken3

俵型のご飯を少しぎゅっと詰めたので俵型がゆがんでいます。
ほぼ半分弱がご飯エリア。
シウマイ弁当右上の昆布とショウガはご飯の上にのせました。

私が一番大好きなタケノコはシウマイの下に敷きました。

20180930kiyouken4

シウマイの形状からどうしてもすきまができてしまうのですが、
長手弁当箱の半分にほぼオカズがおさまります。

つまり
シウマイ弁当-(俵型ごはん2盛分)=長手弁当箱(大)

私の場合、長手弁当箱のご飯を4割ぐらいにしたらおなかがすいちゃう。
ご飯とおかずは半々ぐらい。
かつ、ご飯はふわっとではなく、かなり詰めてちょうどいい量。

ということがわかりました。

« おいしいごはんの友 | トップページ | 鶏のから揚げをお弁当箱につめて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おいしいごはんの友 | トップページ | 鶏のから揚げをお弁当箱につめて »

emi

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。月に魅せられ、毎日、月撮り。月の満ち欠けカレンダー(グリーティングライフ社)のコラムも担当。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。   コンタクト:各記事のコメント欄をご利用くださいませ。コメントは私の承認後、ブログ内に反映される仕様にしています。公表を希望されない方はその旨をコメント内に明記くださいますようお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

今日も星日和

  • 今日も星日和
    「おいしくってしあわせ」のメインブログ。宇宙飛行士ガガーリン、プラネタリウム、星と楽しみたい音楽etc.を展開中です。

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます