« 30年間憧れだったお皿を手に入れました。エルメスの「ピエール・ドリアン・エ・ドクシダン」と卵菓子(その3) | トップページ | おいしく遊び心のあるバウムクーヘンをいただきました »

2018年12月28日 (金)

「越の雪」の大和屋さんの「こはくのつみき」。情緒たっぷりのお菓子です。

新潟、大和屋さんといえば「越の雪」で有名ですよね。

大和屋さんのHPを拝見すると
文化6年(1809年)に長岡藩の贈り物用菓子の御用達を命じられた、とあります。

古河藩を家老として支え、殿様土井利位侯の雪の結晶観察のサポートもつとめた
鷹見泉石も、自らの日記で「越の雪」を贈答されたことを綴っています。


小山周軒来、越後長岡大和屋製森橋台と有之越の雪一折貰
弘化3年(1846年)12月15日の日記より。(『鷹見泉石日記』7巻p337)
(詳細はこちら

この大和屋さんにとてもファンタジックなお菓子があったのですね。
「こはくのつみき」をいただきました。

パステル調でほわんとしたあたたかさ。
書体も絵もとってもレトロ。
20181228kohaku1


開けると。
20181228kohaku2
まあ。なんということでしょう。
パステルカラーの積木のよう。

お皿の上で並べてみました。
20181228kohaku3
愉しい~。
お皿は架谷庸子さんの雪花のお皿です。

クマさんも立ちました。
20181228kohaku5

干菓子です。砂糖、黒糖、卵白がつかわれています。

かじると。周りはシャクッ。砂糖がけをかじる食感。
中はとろっ。口どけのいい、ゼリーのような食感とやわらかな甘み。

コントラストある食感がおいしいです。

大和屋さんのHP(ttp://www.koshinoyuki-yamatoya.co.jp/)から
辿るのが難しいのですが、
ttps://koshinoyuki.official.ec/items/10971183
で紹介されています(2018.12.28現在)
寒天を乾かして作る優しい甘さの琥珀糖で、手のひらサイズのつみきを作りました。
とのこと。

ファンタジックな和菓子。素敵です。

« 30年間憧れだったお皿を手に入れました。エルメスの「ピエール・ドリアン・エ・ドクシダン」と卵菓子(その3) | トップページ | おいしく遊び心のあるバウムクーヘンをいただきました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 30年間憧れだったお皿を手に入れました。エルメスの「ピエール・ドリアン・エ・ドクシダン」と卵菓子(その3) | トップページ | おいしく遊び心のあるバウムクーヘンをいただきました »

emi 

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。月に魅せられ、毎日、月撮り。月の満ち欠けカレンダー(グリーティングライフ社)のコラムも担当。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日も星日和

  • 今日も星日和
    「おいしくってしあわせ」のメインブログ。宇宙飛行士ガガーリン、プラネタリウム、星と楽しみたい音楽etc.を展開中です。

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます