のみもの

2017年1月19日 (木)

クスミティ(その4)デトックスティーも絶品! 手元にあるもの並べました~♥

クスミティといえばフランスの香り高い紅茶。

ディーン&デルーカ他で取扱いがありますが
お値段もセレブなこともあってなかなかいろんな味を試せません。

ありがたいことにいろんなお味のおすそわけをいただいて
かなりのラインナップを知ることができました!

手元に残している缶やいただいたお味、美しい紙袋などをご紹介します。
(画像はクリックで拡大します)
20170118kusmishort

◆発祥は帝政時代のロシア。
クスミチョフがサンクトペテルブルクで1867年に創業したのでした。
その後彼は1917年のロシア革命の際にフランスに亡命。
パリにロシア風紅茶のアトリエを開き、
それが今も受け継がれています。

◆柑橘系フレーバー多し。

味のラインナップもネーミングもパッケージも
古き良き帝政露西亜の香りが満載。

日本でいうとロシア風紅茶というとジャムを入れたものというイメージが強いですが
イギリスではロシア風紅茶というとレモンティ。

クスミティも紅茶に柑橘系の味付けをしたものが多く見られます。

◆画像の3つの缶について。

小さな赤い缶は「ロシアンモーニング」。
中国茶とセイロンティーとインドティーのブレンド。

水色の缶はプリンスウラジミール。
князь Владимир」とロシア語で使うキリル文字で書かれています。
ベルガモット、レモン、グレープフルーツ、バニラ、スパイスのブレンドだそうです。
(詳細はクスミティその3に)
ハロウィンのカボチャシールがあるのは、
私がこの缶にハロウィン小物をしまっている目印として貼ったからです。

ペールがかったペパーミントグリーンを基調にした缶は「サンクトぺテルブルク」。
2010年のフランス‐ロシア年の記念シールが貼ってあります。
ベルガモット、レッドフルーツ、キャラメルのブレンド。

◆画像の左側がいただいたいろんなお味です。

紺色は「Be Cool」。
ハーブのヴェルヴェーヌミント、甘草、ローズヒップ配合のようです。

水色は「プリンスウラジミール」。

緑は「デトックス」。
マテ茶と中国緑茶にレモングラスとレモンの香り。

黄緑は「ヴァーベナ」。

黄色は「BBデトックス」。
マテ茶、緑茶、ルイボス茶のブレンド。
グレープフルーツ、タンポポ、ハーブ等で香りづけされているそうです。

オレンジは「イングリッシュブレックファースト」。
セイロンOPとアッサムGFOP紅茶のブレンド。

どのお味もおいしかったですが、特に黄色いBBデトックスが絶品!lovely
ほんのり甘酸っぱくてなぜかなつかしい味。
やさしい穏やかな気持ちになれるお茶です。

◆画像の右側はパッケージが横3つ縦6つ並んだデザインの紙袋です。
 いろんな色があって華やかなのにごちゃごちゃさがなくて、
 みているだけでうっとり。(詳細はクスミティその2に)

| | コメント (0)

2016年10月16日 (日)

秋色フォトジェニックなハーニー&サンズの紅茶とマストブラザーズのチョコ

ハーニー&サンズの紅茶、
日本でもディーン&デルーカ他で購入できるものもありますが、
全部が揃っているわけではありません。
そして、価格もとんでもなくセレブ。

マストブラザーズのチョコはなかなか手に入りません。

この2つをありがたくもお土産でいただきました♪

チャイニーズフラワーは紫芋のようなパープルのティンカン。
アンブレッサ・チョコナッツ3色使い。
アールヌーボーのようでもあり、アフリカのテキスタイルのようでもある柄に一目惚れlovely

並べると。
うっつくしいです。
(画像はクリックで拡大します)
20161016harneysons1short
秋らしい色合い。
ハロウイン小物ともぴったり。
20161016harneysons2short

後日、少しずつこのページでお味を紹介いたします。

◆まずはチャイニーズフラワーのお味を紹介。

茶葉。とにかく見目麗しいです♥♥
ピラミッド型のサシェから取りだしてお皿の上に開けてみました。
20161016chieseflower

コーンフラワーの青、バラの紅ピンク色、マリーゴールドの黄色、ピールの黄色。
同じような配合の茶葉は他メーカーでもありますが、
こんなに茶葉に対して、お花の分量が多いのははじめて。

そして一般的なティーバッグとは違いサシェが透けるので、
カップのお湯に浮べたあとも、ビジュアルを愉しめるのです。

ハーニー&サンズさんのHPによると

中国の花、手摘みの緑茶、三種の花、柑橘系の香り。
これらが、一体となって最高のお茶を実現させました。
アクセントにシトラスを加えたブレント。

だそうです。

お味は。緑茶プラスレモングラスのよう。
緑茶の旨味、抹茶のようなほんの少しのほろにがみ、
そこにレモングラスのような甘酸っぱさがおいしいです。

冷茶にしてもおいしいです。

ただ、最初はビジュアルから勝手にベリー系の甘さのお茶だと思ってしまいました。
マリア―ジュフレールのスイートシャンハイとかTWGのウイークエントシャンハイとか。
ベリー系の甘みはまったくありませんので、スイートなビジュアルとクールなお味が意外な感じがします。

◆アンベッサシリーズのチョコナッツブレンド

缶に印字された説明を読むと
シェフのマーカス・サミュエルソンが世界中への旅の経験から生まれたブレンドのようです。
アンベッサとはエチオピアの公用語であるアムハラ語でライオンのことだとか。

だからアフリカのテキスタイルのようなデザインの缶なんですね。

CHOCO NUT BLEND  紅茶にダークチョコレート、キャラメル、ピーナッツ
と書かれています。

キャラメルとピーナッツはよくわからないのですが、チョコの深い香りがします。
甘ったるさは感じません。
飲む時にも、まずチョコの香りが鼻から入ってきてチョコ&紅茶の風味を楽しめます。
冷たい牛乳で割ってアイスティーにしてもおいしいです。

茶葉には黄色いマリーゴールドが見えます。アプリコットも入っているようです。
茶葉自体にはピーナッツは入っていません。
Hs_choconut
これでハーニー&サンズの紅茶は4つの味を知りました。
どれもフレーバーがごてっと前面に出ないのがいいです。
サシェがメッシュのため、茶葉が透けてみえることも。
茶葉に花やピールがふんだんにブレンドされていて
見た目にも優雅なひとときを味わえます。

◆マストブラザーズのスモークチョコ(右)
20161016mast

びっくりです! スモークチョコ、生まれて初めて。
表示はCACAO
70%  CANE SUGAR

私はチョコはブラックやビターが好きで、70%以上の
苦味や酸味があるものが大好き。
チョコを口元に近づけると確かにスモークの香りがします。

紅茶のラプサンスーチョンやスモークチーズのような!

そして、口に運んでからもスモークの風味が。
チョコは酸味も強く、いただきながら、口が思わずすぼまる感じ。
かなり衝撃的な、マニアックな味です。
ラプサンスーチョンがお好きな方にもぜひ召し上がっていただきたい味。

◆マストブラザーズのオリーブチョコ。(左)

表示は
CACAO70%  CANE SUGAR  COCOA BUTTER  OlIVE OIL

こちらもカカオは70%なのに不思議です。ミルクチョコレートみたいな感じ。
苦味や酸味がほとんどなく、やさしいお味。
カカオ含有率が高いチョコが食べたいけど、苦みや酸味が苦手という方には
絶対おすすめ! 上質なミルクチョコ感が楽しめます。

マストブラザーズのチョコはパッケージのデザインもとっても素敵。
紙もツルツルではなく、マットで厚手でカルトナージュで使う紙のようなんです。

コレクションしたくなる魅力があります♡

| | コメント (0)

2016年7月24日 (日)

丸高農園さんの「春巡」で至福の夏のひととき

以前にもご紹介しましたが、丸高農園さんの香る緑茶が大好きです。

今回は、一番大好きな「春巡(はるめぐり)」と「みどりご」を購入しました。

早速水出しで「春巡」を。

おいしいです~。フレーバーを加えていないのに、ふわっと花のような甘い香りがします。

スーパーで緑茶を買うことを考えたら、お安くないお値段ですが、時々ならいいかな~と。

楽天で取扱いがあるといいな~とかねてから思っていたのですが。
今回お店のHPで注文したところ、楽天IDでの買い物ができました。

楽天のポイントがついたり、楽天の今までのポイントで買うことができたり。
前からのシステムで私が気づかなかっただけかもしれませんが、便利でうれしいです。

| | コメント (0)

2016年4月10日 (日)

ハーニー&サンズの紅茶~

ハーニー&サンズ(ttp://www.harney.jp/)の紅茶。
茶缶も素敵ですし、ずっと気になっていました。
でも日本ではお高い。
スポーツ観戦を一緒にさせていただき、スポーツ以外でも日常を彩るエスプリを学ばせていただいている素敵な先輩女性がNYで買ってきてくださいました~。

初ハーニー&サンズです。
マザーズブーケのティンカン、ウエディングティーのティンカンetc.どれも素敵なのですが、元来、渋い色合いが好きな私。
ブラウン~レンガ色系のホット・シナモン・デカフェ ティンカン、バニラ・コモロ ティンカン、アフリカン・オータム ティンカンで迷い、バニラ・コモロとアフリカンオータムを買ってきていただきました~。

う、うっつくしいです。バニラコモロは緑がかったグレー、アフリカンオータムはブラウン。
20160410harneysons1_3

この配色、何かに似ていると思ったら、
先日魅了された山雀(ヤマガラ)ちゃんのよう。
201603yamagara05shorta_2

羽のグレーはヤマガラちゃんの方が濃いですし、
アフリカンオータムの茶色は少し赤みが濃いですが
ヤマガラ・ブラウンと言っていいかも~。

中はサシェです。
透き通った御簾の向こうに茶葉がおはしまする~。

バニラコモロ
20160410harneysons2

アフリカンオータム
20160410harneysons3


バニラコモロ・・・Vanilla Comoro
原材料:バニラ
甘いバニラの香りのブラックティー。おやすみ前にもご安心のデカフェタイプ。

アフリカンオータム・・・African Autumn
原材料:ルイボス茶・ハイビスカス・クランベリー香料、オレンジ・オレンジ香料
みずみずしいクランベリーとオレンジ。美味しくて身体に優しいルイボスティ―(
HPより)


アフリカンオータムはルイボスティベースなので茶葉が赤いですね。

さっそくバニラコモロをいただきました。

おいしいです~♪
バニラティーはバニラのフレーバーが前面に出すぎるのもありますが、
ふわっとやさしく香るのがちょうどいいです。
キャラメルティーのようにカップに顔を近づけた時から甘い香りがするのだけれど、
口に含んでからもキャラメルティーほど甘くない。

とても好みです。2杯目もたっぷり抽出されます。少し濃い目渋めに出して、
ミルクたっぷり注いでアイスミルクティにしていただいくと。
ロイヤルミルクティーのような味わいになって、1サシェで2パターン楽しみました。

(2016.4.14追記)
アフリカンオータムティーをいただきました。
ハイビスカスがブレンドされているのでほのかな酸味があります。
オレンジなどの香りが悪目立ちすることがなく、甘みのほのかでおいしいです。
酸味が加わっているので、ルイボス本来の甘香ばしさにどっぷり浸りたい方には向いていないかもしれません。
緑茶のフレイバーティーがあるように、ルイボスをストレートだけではなく、
いろんな愉しみ方で飲む一つとして、ありだな!と思いました。
ハイビスカスが入っているけれど酸味が強すぎないお茶として絶品のブレンドだと思います!

ハーニー&サンズデビューはこの2缶ですが、どちらもおいしく、香りが目立ちすぎない奥ゆかしさが気に入りました。そして缶も素敵!!

ほかの味も折々楽しめていけたらいいな~と思います。

| | コメント (0)

2015年8月 2日 (日)

沖縄瑞泉のもろみ酢、この夏一番の「命の水」

沖縄の瑞泉のもろみ酢は友達がずっと飲んでいます。
私は瑞泉といえば泡盛を使った梅酒が大好きでカルディで買ったり、取り寄せしたりして飲んでいました。
6月にまた取り寄せしようと思ったところ「もろみ酢」が目に入り。
もろみ酢も一度試してみよう!と取り寄せました。

そうしたらこれがめちゃくちゃおいしい!
無加糖なのであまみはありません。水
で薄めて飲むのですが、酢と紹興酒か老酒を足して2で割って薄めたような味になります。
20150625zuisen_2


↑左が瑞泉のもろみ酢(無加糖)。右は梅酒と梅シロップづくりのベースにした瑞泉の泡盛。


酢を飲むほどツンとくる感じがありません。紹興酒や老酒というのは大げさですが、ほのかにほわんと鼻に抜けるような香ばしい香りがあったため。
この紹興酒っぽい香りも、水の薄め方によってはほとんど感じなかったりします。

飲むとそれだけで少しぽわっぽわっと血行がよくなる感じがします。

私は快○の女王なのでまったくわかりませんが、便秘にも効くという声も耳にします。

友達にいつ飲んでいるのか訊いた時、食事の時の飲み物として普通に飲んでいるよとのことでした。
その時は驚いたのですが、私も今は食事の時に飲んでいます。

わざわざ健康のために無理に飲む、ということはなく、純粋においしい飲み物としていただけるのがいいですね。

屋外、炎天下での野球観戦の時も、もろみ酢を水で割ったものを冷凍して持参。
熱中症防止にもこの少しクイっとくる酸味がたまりませんヽ(^。^)ノ
20150715moromisu2


20150715moromisu1


もろみ酢。
近所では取扱いがなく、銀座のわしたショップに行った時もみつけられなかったのでネットで買っています。

1本720ml。開栓後は要冷蔵。1日30mlほどを水で薄めて飲んで1か月を目安に飲み切るのが目安らしいのですが、1か月以内に飲みきってしまい、今2本目のまんなかぐらいです。

 

 

無糖のものがなくなるかも、ともうかがって楽天でストック用に4本購入しました。
------------------------------------------
もろみ酢もおいしいけれど梅酒もやっぱり飲みたいなあと思い、瑞泉の梅酒ではなく、瑞泉の泡盛を使って梅酒づくりもはじめました。

それがこちら。
20150701umesyu

↑漬けて一週間ぐらいの梅酒。
一か月経った今はもう少し色づいてきました。

梅シロップもつくりました。ざらめで作ったので、作りたての時から、コクのある色合いになっています。
20150712ume


余った泡盛でラフテーも作りました。
20150725niku



 

| | コメント (0)

2015年3月19日 (木)

丸高農園さんの香り茶「紅小町」もふわっと香ります。

フレーバーを加えていないのにふわっと花のような香りがする緑茶が好きです。
20150316benikomachi




中国の安渓鉄観音をきっかけに、日本でも香る緑茶がないかな~と昨年探してすごく気に入ったのが、静岡の丸高農園さんの「春巡」。
また購入しようとしたところ、在庫切れだったため、他の茶葉を購入しました。
それが「紅小町」です。

こちらもおいしかったです。
熱湯で淹れるよりも水出しがおすすめ。
(熱いお茶でも香りが感じられますが、緑茶本来の味や香りがまさってしまうため、少しわかりづらいです)

何の花の香りという具体的なものは連想できないのですが、ふわっとかぐわしい香りがします。
しあわせclover


| | コメント (0)

2015年2月24日 (火)

女王陛下とお茶を。遊び心がたまらない。英国王室の紅茶をいただきました

仕事でイギリスに行かれていた方から、お土産に遊び心溢れるお茶をいただきました。

英国王室が勢ぞろいのティーバッグ「ROYAL TEA」です。
20150224royal_tea1



ちゃんとカミラさんもいます。キャサリン王妃もいます。

お弁当でも好きなおかずを最後に残す派。

ゆえに仕事場に持っていき、最初に消えたのはヘンリー王子とカミラさんです。

カミラさんを正しい日本の湯呑に入れたら、まるで温泉に浸かっているようになりました。
20150224royal_tea2

こちらは仕事仲間のムーミンのティーカップで温泉につかるヘンリー王子。
ミーと一緒で王子も楽しそう。
20150224royal_tea3


2杯目もいけそうだったので、別の湯呑に2人を入れたら、
混浴みたいになっちゃいました!
20150224royal_tea4


実はメイドインジャーマニーの商品なのですが、英国内で容認されて売られているのがすごいなと思います。

定期的にこのシリーズを買うのも面白いかもしれませんね。
少し前まではウィリアム王子も一人だったようです。
もう少ししたら、ヘンリー王子も素敵な王妃と一緒に並ぶのかもしれません。

一番上は長く長くエリザベス女王でありつづけて、王室の貫録をみせてほしいです。

(2015.2.26追記)
ドイツのDONKYという会社の商品です。
サイト(ttp://donkey-products.com/de/)を見たら、ROYAL TEA以外にもいろんなシリーズがあることがわかりました。チャップリンとかオードリー・ヘプバーンとか。
また遊び心あふれるキッチン雑貨がいっぱいありました。

donky tea で検索したら楽天でも取扱いがあることがわかりました。

| | コメント (0)

2014年12月15日 (月)

北欧紅茶のパウンドケーキに使われているセーデルブレンド、フローラルでおいしい紅茶です

2014年10月9日にご紹介したホテル日航東京さんの「北欧紅茶のパウンドケーキ」。

紅茶のパウンドケーキといいながら、紅茶紅茶していないのです。フローラル。一口食べると花びらがひらひらっとまわって、フルートの音色が溢れてきそうな感じなんです。

それはベースになっているフレーバーティーのおいしさもあるのです。

久しぶりにこのパウンドケーキに使われているセーデルブレンドティーを手に入れました。

ティーセンター・オブ・ストックホルム(The Tea Center of Stockholm)さん(ttp://www.theteacentre.se/)の「The Blend of South Stockholm」です。
ちなみにセーデルとはスウェーデン語で南の意味ですね。

この紅茶「Söderblandning/The Blend of South Stockholm」のところを見ると、トロピカルフルーツと花がブレンドされていると書かれています。

20141215blend_of_south_stockholm1小さな缶でもお値段は高いです。
でもおいしい!!! から許します。













20141215blend_of_south_stockholm2蓋を開けると。
ぎっしりと入っています。
すごくいい香りがします。
ふわ~と甘い香り。バニラも感じます。
ベリー、シトラス系、フルーツ系と決めきれない幸せな気持ちなる香り。




寒く日照時間の少ない北欧の方達が、「南」と憧れをこめて名前をつけたのがわかります。

20141215blend_of_south_stockholm3お皿に広げてみました。

ヤグルマギクの青。オレンジピールやマリーゴールドの黄色。薔薇の花のピンク。
花園を歩くような気持ちになる優美さです。

淹れてみると。
おいしいです。
甘くかぐわしい香りが、天使の羽をつけてぱたぱた飛びたつようなかんじ。

マリア―ジュフレールの大好きなスイートシャンハイにはチェロのような音色を感じるのですが、セーデルブレンドにはフルートを感じます。

量、パッケージ、いくつかバリエーションあります。
楽天での取扱いからご紹介しますと。

1)ミニ缶。25g。

一辺が4.5㎝ほどなのでかなり小さいです。
高い茶葉ではありますが、外で紅茶一杯800円ぐらいすることを考えたら、何杯も楽しめるのがありがたいです。

2)ファスナー袋入り。30g。

缶でない分、1)よりはリーズナブルですね。

3)袋入り。100g。

好きな茶缶があれば袋入りで十分ですね。

4)NEWクラシック缶。100g。

店構えが缶になっているのがかわいいですね。

5)スモールハウス缶。150g。

| | コメント (2)

2014年10月19日 (日)

静岡の丸高農園さんの「春巡(はるめぐるり)」。花のようなふわっとした香りがします

フレーバーティーではマリア―ジュフレールさんのスイートシャンハイ。TWGさんのウィークエンドシャンハイ、シルバームーンが大好きです。

コストがリーズナブルなこともあり、一番愛飲しているのはウィークエンドシャンハイ。
缶も可愛いのですが、セット売りで単品の缶入りがないようです。
そのため、贈答用に使いづらいのが難点。

ぜひぜひ一度召しあがっていただきたい味です。

さて、フレーバーティではないのに、お茶そのものがふわっと香るお茶も好き。
こちらでご紹介したリムテーさんの安渓鉄観音。
たびたび購入いますが、飲みながら思ったのです。
フレーバーを加えていなくても香る中国茶があるのだから、香る日本茶があるのかしらと。

ありました。
静岡で生産されていました。

20141019harumeguri早速、丸高農園さん(ttp://www.marutaka-farm.jp/)の「本山の香り茶」シリーズを飲んでみました。


密閉できるパックに入っています→


香寿(こうじゅ)と蒼風(そうふう)と春巡(はるめぐり)と紅小町(べにこまち)。

私が一番香りを感じたのは春巡。次にフローラルな香りを感じたのは紅小町です。

20141019harumeguri_2春巡。すごくおいしいです~~。
パッケージには
蘭を思わせると書かれています。
私は「蘭」とまでは限定できませんでしたが、ふわっといい香りが広がるのです。緑茶の旨味や甘みとは違うふわっとした香りが。


とても優雅な、はんなりした気持ちになれるお茶です。
緑茶なのに、フレーバーを加えていないのに不思議だな~と思います。

ジャスミンティーのように花の香りを移したものではありません。
あくまでも茶葉だけでふんわりフローラルな香りがあるものなので
「ごてっ」とした香りを想像しないでくださいね。

水出しでも豊潤な香りが広がります。渋みが強く出ることがないので、水出しで楽しむのもすごくおすすめです。

ほのかなその香りを感じようと、お茶を口に含むのは、かすかな音を聞き取ろうと耳を澄ます時に似ています。
心がすーと落ち着いていきます。
---------------
花の香り 緑茶で調べていた時、みつけたのが静岡県のHP。平成25年度静岡県試験研究10大トピックスの1つとして
甘い花の香りの「静岡型発酵茶」を開発 が取り上げられています。
ttp://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-130a/topics20.html

| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

パッキンみつけて梅シロップとりかかり中

私にとっての夏バテ防止の3大手作り飲み物といえば
しそジュース、手作り梅シロップによる梅ジュース、そしてロシアの飲み物クワス(2011年6月30日)です。

6月にしそジュースを作り、今は梅シロップ作成中。
梅シロップづくり、本当は6月にとりかかりたかったのですが遅くなってしまったのは、補充のパッキンがみつからなかったからです。

いわゆる赤いフタの容器じゃないものを置きたくて、毎年梅シロップづくりに使っているのはLuminarcという2Lの密閉ビン(ボーカルジャー)。クリーム色のパッキンはいつでもスペアを買えると去年廃棄してしまったため、今年パッキンの購入から取りかかったのですが…。

このビンが今販売されていないようで、補充のパッキンが購入できるサイトもみつかりません。

ビンを購入したところで相談すればいいのでしょうが、ずいぶん前のことでどこの店で買ったのかも覚えておらず。

パッキンの内径は約8センチ。無印良品にある密閉ビンのパッキンの内径も約8センチ。
これで代用できるか試してみようかな~と思った矢先、
みつけたのが
HomeDepotさん販売しているスペアパッキン。

本体の説明には
・フランス・アルクインターナショナル社製のガラス製の密閉容器。
・本体の底にはARCの文字
・フタには商標名であるLuminarc(ルミナーク)とFRANCEの刻印

と書かれています。
手元のビンの特徴と一致します。

HOME DEPOTさんが取り扱っている本体は1Lのみですが、写真には私の持っている2Lと似た形のものも写っています。

そこで問い合わせてみました。
●私の2Lビンも間違いなく同タイプであること。
●1Lビン用のスペアパッキンは2Lビンも対応であること。
●サイトにはメール便発送は明記していないけれど(2014.7.17現在)、メール便対応も可能なこと。

の返事をいただき、さっそく取り寄せたのでありました。

20140717packingまさにピッタリ!!

気に入ったフォルムのこのビンを諦めて、別の密閉ビンを買わなきゃだめかな~と渋っていたのですが、このビンを使い続けることができるようになってうれしいです。

そして梅シロップづくり。
今回は青梅を冷凍する方法にしました。

青梅1キロ弱。氷砂糖1キロなので、2Lのビンに一度に全部は入りません。
氷砂糖が溶けてカサが減ったら、残りの冷凍青梅と氷砂糖を追加しました。
(初日に青梅、氷砂糖ともに全量入れ終わりました)。


20140717ume_syrup0714こちらは4日目。氷砂糖が大分とけています。


















20140717ume_syrup0717こちらは8日目。氷砂糖はあと1センチ分ぐらい残っています。
青梅は大分しわしわしてきました。
一切水分を加えていないので、少し琥珀色になっているこの液体は梅からのエキスと氷砂糖が溶けたものなのですよね。

大分減ったしそジュースと並べてみました。

梅シロップ解禁もあともう少し。楽しみです。

私と同じでLuminarcのビンを気に入って買ったけど、パッキンの補充が用意できなくて使えずにいらっしゃる方がいたら、ぜひこのスペアパッキンを検討されてみたら、とご紹介させていただきました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧