フランス料理

2012年3月 3日 (土)

恵比寿「ぴえにゅ」のビスクスープと白レバームースマンゴソースは絶品

このブログでご紹介したいものが次から次へと溜まってしまっています。
今年リサガスのチョコ以外にもおいしいチョコレートをいただきものなどで出会っているのですが、あらためて後日ご紹介することにして、今日は恵比寿のカジュアルフレンチレストラン「ぴえにゅ」に久しぶりにでかけたのでこのお店を。

最初にぴえにゅに行ったのは15~20年前になるでしょうか。
友達が恵比寿のデザイン事務所に勤務していたのでぴえにゅでよくランチや夜ごはんをしました。

その時の大大大~好きなメニューが「鶏の白レバームース マンゴソース」と「ぴえにゅおなじみ ワタリガニのスープビスク」。

鶏レバームースのおいしさ、赤い粒の胡椒のおいしさに開眼させてもらったメニューです。
ビスクスープもこゆさと蟹の風味が本当においしいんです。今でこそスープストックTOKYOでも取扱いがあり、ぴえにゅが恋しくなった時は、近場のスープストックでテイクアウトもしていますが、私にとってビスクスープの原点がぴえにゅ。

恵比寿に縁がなくなってからも、折々訪ねているぴえにゅ。ガーデンプレイスができて、アトレができて、渋谷から1つ目の駅、しかも恵比寿駅から徒歩1分ぐらいの立地にあるにもかかわらず、都市再開発などにまきこまれず、お店が存在しているのがありがたいです。

今日のお昼もにぎわっていました。そして、レバームースもスープも健在。

20120303pienu1 レバームースは以前は大匙ですくったようなラグビーボールのような形をしていたのですが、今日いただいたものはプリンのような形でした。

あいかわらず絶品でした!なめらかなレバームース。旨みが口の中にひろがるまったりとしたムースに、お皿に敷かれたマンゴソースの甘酸っぱさがぴったり。そして赤胡椒がキリリとアクセント。この三位一体は「黄金比率~!!」とうなりたくなります。

20120303pienu2 ビスクスープは単品で追加しました。とても濃厚なのでハーフサイズの500円で大満足。




20120303pienu3 添えられるのは3つ。細く刻んだチーズとクルトンとアイオリソース。アイオリソースはニンニクが効いてぴりりとパンチあり。チーズはスープに入れるとなめらかにとけて、スプーンですくい上げた時、納豆の糸のよう(たとえがおいしそうじゃないかもしれませんが)。

私が今日頼んだのはランチのAコース。オードブル、メイン、パン、コーヒー(コーヒーが飲めないのでアイスティーに)で1300円。
オードブルのレバームースは+400円。
Aランチにスープビスク500円を足したので合計2200円だったかしらと。

願わくばスペシャルランチがあってもいいなーと。オードブルに白レバームース、さらにメインに変わって白レバームース、そしてビスクスープにパン、コーヒーの名付けて「ぴえにゅのおいしさ凝縮こゆ~くてまったりランチ」。

女子会にもおすすめ。ぜひこの絶品2品をお楽しみください!

| | コメント (0)

2008年4月24日 (木)

新宿でおいしいガレットとクレープ

友達がおいしいガレットとクレープのお店に連れていってくれました。
新宿高島屋13階にある「
ブレッツカフェクレープリー」。耳慣れない店名ですが、神楽坂にあるガレットの人気店「ル・ブルターニュ」の会社が経営しているお店のようですね。

平日のランチ。いろんな組み合わせ方法があるのですが、友達のおすすめのコースにしました。サラダ(きちんと凝ったサラダ)、ガレット、デザートのクレープと飲み物がついていて1600円ぐらいですからお得です。

ガレットは卵やチーズやハム、トマトがはいったものをチョイス。こんがり焼けたガレットのサクッとした食感とチーズや卵のふにゃっ、もちっとした食感が絶妙でおいしいです。

平べったいとはいえ、大きなガレットをいただいた後にデザートのクレープがはいるだろうかと思っていると、大きな皿でクレープがきました。選んだのは塩キャラメルソース&アイスクリームの組み合わせ。
クレープも顔を覆うぐらいの大きさ・・・。だけど入んですねー。さらさらと。
キャラメルがほろ苦くておいしかったです。あっという間にクレープを食べ終わってもキャラメルソースがまだお皿に残っていて、おもわず、汁が残ったラーメンに替え玉を足すように、「替えクレープ一丁」とお願いしたくなりました。

満足満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)