« 北欧/カレリアの丘にて | トップページ | 今日も虹、その後2ちゃん »

2006年7月 9日 (日)

ロシア語/太陽のうさぎ

カテゴリー「ガガーリン」はこのところお休み中ですが、まだまだ、面白いエピソードはあります。
今、資料を読み込み中です。
7月中旬ぐらいからまた少しずつアップできると思いますので、どうぞこれからもご覧くださいませ。

さて、ココログが重いです。
ログインがほとんどできません。

今日は無理せずちょっとだけ。
ロシア語の好きな言葉を。

солнечный зайчик」という言葉があります。
ソールニチヌィ(太陽の)ザイチク(うさぎ)。
これは何をあらわすかというと、

木漏れ日。壁、天井などにちらつく陽光の斑点(参照 研究社露和辞典)
なんです。

なぜ木漏れ陽や太陽の光の反射の斑点がうさぎなんでしょう。
森の中を歩いていて、地面に木漏れ日が丸くスポットライトのように落ちていたりしますよね。
それで風で木が揺れると木漏れ日の円も地面の上をさささって動きますよね。
きっとそんな様子が、うさぎが跳ねているようにみえたのかな、
っていうのは私の推測です。

小さい頃、部屋の中で、鏡を使って壁や天井に日光を反射させたり、
兄弟の顔に反射させたりして遊びませんでしたか?
知り合いのロシア人は、子供の頃、姉弟で鏡で壁に日光をピカッと反射させて動かしながら、
「うさぎーうさぎー」と遊んだと言っていました。
私の気に入ってる絵本の中にも、

天気のいい朝だった。池の水面で太陽のウサギが踊っていた。
という描写がありました。

外国語を学ぶ楽しさの一つって、
違う発想や感覚を発見することかもしれません。
ロシア語のこの言葉を知らなかったら、
私は森の中を歩いてゆらゆら地面に踊る木漏れ日をみていても「うさぎ」なんて発想は一生思いつかなかったでしょう。
きっと日本語にも私たちにはものすごくあたりまえに思えているけれど、
日本語を学ぶ外国人が「日本人ってそんな発想するんだ!」って驚くような単語があるのかもしれませんね。

 

« 北欧/カレリアの丘にて | トップページ | 今日も虹、その後2ちゃん »

ロシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北欧/カレリアの丘にて | トップページ | 今日も虹、その後2ちゃん »

emi 

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。