« キム・ヨナ---浅田真央と対をなす逸材 | トップページ | ガガーリン52 1962年の来日 その2 »

2006年11月21日 (火)

天使の里帰り

今朝も薄曇りで星を見ることはできなかったのですが、6時すぎに空がピンク色に染まりました。「もくもくした雲が鮮やかな色に輝く」というのではなく、薄ーい雲がほんのり薔薇色のオーラに染まったようなかんじ。
夕焼けってオレンジ色が強いけど、朝焼けって薔薇色を帯びたものが多い気がします。

さて、たびたびこのブログで登場している気象班のMさん。今日も画像を2枚送ってくれました。
20061121satogaeri 一枚目は地上が白い雲に覆われています。
雲をつきぬけて見える高い建物は近所にある大学です。

Mさんはガラッパチな性格なのですが、
美しいものはどんな人も詩人に変える力がありますね。

ついこのあいだ、雲の切れ間から幾筋もの太陽の光が放射状に降りる
「天使の梯子」を見たばっかりだったので
その印象が残っていたのかもしれません。

下界は一面まっしろ。明るい雲が上へと伸びているようすに
「このあいだ降りてきた天使が空の上に里帰りしているのかも」
のコメントがついて写真が送られてきました。
20061121genso
2枚目はこちら。
ピントを合わせていたにもかかわらずぼけているようで絵のようにみえます。
ちょうど私が6時過ぎにみた空の一角です。



20061116yoakemae ちなみにこちらは11月16日の夜明け前。

かぎろい、炎(ほむら)立つ、って言葉がぴったりかも。藍色の下に現われる朱赤。藍色の緞帳が上がっていってステージの華やかな赤い照明が目に飛び込んでくるよう。

「仕事が遅番で朝は10時に起きるから」「早起きだけど東側が開けていないから」etc.で夜明け前の風景を見られない人も多いと思うのです。
でも、見られても見られなくても、その時間に眠っていても起きていても、私たちみんなの一日は、こんな荘厳な緞帳とともに幕が開き、祝福のように空を染める薔薇色の下でスタートしているのですね。

« キム・ヨナ---浅田真央と対をなす逸材 | トップページ | ガガーリン52 1962年の来日 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キム・ヨナ---浅田真央と対をなす逸材 | トップページ | ガガーリン52 1962年の来日 その2 »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。