« 三浦海岸---馬と夕陽と潮騒と | トップページ | 犬に名前をつけるなら »

2006年12月 2日 (土)

夜のしじま イヴァン・リンスのアイランド

もう12月。秋の夜長というよりも、冬という言葉がふさわしい季節になりました。
あたたかくした部屋で、夜、明かりを落とし、お酒や一杯のおいしいお茶でバーのようにくつろぎたい。
「夜のしじま」そんな言葉が似合うようなひとときを過ごしてみたい。

そんな夜にぴったりなのがブラジルのイヴァン・リンス(Ivan Lins)の「コメサール・ヂ・ノーヴォ(comecar de novo)」。

この曲、コード進行が複雑ということなのでしょうか。次のメロディーが予測つかないんです。短調なのかなあと思うと明るく転調したように変わって、また一瞬に戻るような。その不思議さにうっとり。
夜の深い色の河の水面で時折揺れる街灯のオレンジ色。
もしくは、褐色のコーヒーに渦を描いて溶けてゆく白い生クリーム。
そんな感じで、濃い暗い色70%に明るい色30%が織り交ざっているような曲です。

タイトルのcomecar de novoとは「夜明け」という意味のようですが、詩の内容は実は曲から推測するものとは違います。
この曲は「ジ・アイランド(The island)」というタイトルと英語の詩で多くのアーティストにカバーされています。こちらの歌詞の方が隠微な雰囲気の内容で、この曲調にぴったりです。

ジ・アイランド。日本ではMonday満ちるもアルバム『4 seasons』の中で英語で歌っていますが、このアルバムのライナーで紹介されている訳詞がこの曲のなまめかしさを伝えていてすごくいいです。

様々なアーティストのカバーによる「comecar de novo」を全部聴いているわけではないのですが、ジャズバンドの大編成だったり、豊かな肉体&たっぷりとした声量で高らかに歌い上げるテイストのものはこの曲にはあまり合わない気がします。


私がいいなと思うのは、イヴァン・リンスの「ジュントス(Juntos)」というアルバムの中の「comecar de novo」。
ヴェロニカ・サビーノという女性とイヴァン・リンスが歌っているのですが、二人とも、こってり、とは無縁の水彩絵の具をスーッとのばしたような歌声がいいです。

特にイヴァンリンスの声。クラシックのカウンターテナーとは違うけれど包容力のある甘さが酔わせます。
耳で聴く声というよりも肌で聴く声というかんじです。

ジュントス

星と楽しむ音楽INDEXはこちら

« 三浦海岸---馬と夕陽と潮騒と | トップページ | 犬に名前をつけるなら »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 三浦海岸---馬と夕陽と潮騒と | トップページ | 犬に名前をつけるなら »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。