« 東に朝日、西に月、そして天に星 | トップページ | マックノート彗星---ハープの調べがきこえてきそう »

2007年1月24日 (水)

つくばエキスポセンターのプラネタリウムに行ってきました

1月19日金曜日、つくばに行ってきました。
お目当てはつくばエキスポセンターのプラネタリウム。
シナリオを担当させていただいた番組
「星との絆~人と宇宙のものがたり~」。

エキスポセンターの星空、いいですね。
星の瞬き、アルデバラン、ベテルギウスのオレンジ色、青白いリゲルやシリウスの色の美しさ。
〔情緒ある星空〕が広がるプラネタリウムです。その中で繰り広げられる番組を楽しませていただきました。

そこで、長文になりますが、つくばルポをお送りします。

つくばエキスプレス(TX)はすごいですね。秋葉原から最速45分。
私はこの日、表参道から千代田線で北千住。
北千住からTXでつくばのルートにしましたが、
表参道発13:02の電車に乗った後、14:15にはつくば駅に着いていました。

さて、つくばエキスポセンターは駅から約5分。A2が最寄出口。
公園の一角にあり、そびゆるロケットが目印です。
Tsukubarocket

公園には、太陽系の道というプロムナードがありました。
太陽系の惑星間の距離の尺度でそれぞれの惑星のモミュメントが並んでいます。
一番入り口寄りが太陽。
Sun

太陽、水星、金星、地球、火星の5つはすぐそばに並んでいます。
この1カットで5つのモニュメントが収まっているのがおわかりになりますか。
太陽とこの4つの惑星がいかに近いかがわかります。
Taiyoukei

プロムナードをエキスポセンターへ向かって歩いていくと、木星。
それから土星のプレート。
しばらく歩いて天王星というように、
太陽系の惑星の距離感が、自分の体で体得できるのがいいですね。
そしてまた歩いて海王星。
ってくると、気になりますよね。冥王星はいるのかしらって。

ずんずん行くと。
ありました! 冥王星。
Plute

様々な印刷物や、太陽系を記した商品などは冥王星をはずして作り直ししていると思うので、
今、惑星としての冥王星の紹介を見られるのは貴重。
レアアイテム!
ぜひ、プロムナードからは冥王星を撤去しないでほしいですね。
残していただいた方が、なぜ惑星ではなくなったのか、とか、
惑星の定義ってなんだろうとかいろんなことを気づかされて意義深いでしょうから。

エキスポセンターの正面。
丸いドームがプラネタリウムですね 。
Expocenter_1

一般番組「星との絆」。平日の最終投影は15時からです。

プラネタリウムはコニカミノルタのジェミニスターⅢ。
劇場のように後方の座席が高くなっている傾斜型です。
ドームが大きいです。ドーム径25.6mは世界最大級だとか。

星がまだ現われていない上映前のほの白いドームを眺めるのも結構好きです。
地球儀の経度のような線が天頂から放射状に下に向かってのびています。
その線を下から上に向かって目でなぞってゆくのです。
かすかにしか見えないから目を凝らして。
するとすぅーと上の方に吸い込まれるような気持ちになって、
そして、ドームのまろみ具合が自分自身で確かめられて、落ち着くんです。

ドームにみとれていると、やがて番組がはじまりました。
冒頭でも書きましたが、星空美しいです。
シリウス、ベテルギウス、リゲル、スピカ、etc.。
ウインクしているような瞬き。
繊細な星の色。煙るような天の川。
ドームのスケールが大きいので、包まれるような感覚を味わえます。

どんな番組かを私なりにご紹介させていただくと。
「星との絆」は、星を眺めたくなる気持ち、流れ星にときめくのはなぜetc.
星と私達のつながりに思いを馳せていただこうという番組です。
スケールの大きな星空の中で、冬の星座めぐりをたっぷりとお楽しみいただいたり、
エキスポセンターのプラネタリウムならではのデジタル映像との融合で降る雪や、
宇宙の中に吸い込まれていくような感覚を味わっていただいたり。

この番組の企画制作スタッフみんなの、
サイエンス的なアプローチとリリカルなアプローチが一つにとけあった番組かなと思います。

ぜひ、多くの方に足をお運びいただけたらうれしいです。
どうぞ、皆様ご自身が満天の星空を眺めた時の体感、
流れ星に心躍らせた夜を思い出しながら、宇宙に浸るひとときをお楽しみくださいませ。ご紹介終わり。

さて、思い描いていたものを形していただくよろこびをあとに、
エキスポセンターの出口へと向かうと、
天文関係の写真パネル展示コーナーがありました。そこでも感激。
それは、つくば隕石雲の写真があったから。

つくば隕石による雲(隕石雲)
1996年1月7日の16時29分頃、つくば市南部を中心に多くの隕石が落下しました。
この隕石は東京都町田市、北区赤羽の上空を通過し、谷和原村上空10kmの高度で大きく分裂しました。
この写真の雲は、隕石が分裂した時に発生した雲です。

として写真提供者Yさんのお名前も記されています。

隕石が落下した、
その時の隕石雲の写真なんですが、
私は偶然これを見ていたのです。場所は東京の下北沢で。

夕方16時すぎに近所の通りを歩いていた時、ヒューという音とともに斜め前方の空中で白いモクモク。
てっきり、近所の小学校(この場所から歩いて10分ぐらいのところにある)で、
誰かが花火をあげたのかなと思いました。
それくらい音が大きく、もくもくもはっきりで、打ち上げ花火の燃えカスかなと思ったです。

家に戻ってニュースでつくばの隕石のことを知りました。
時間は合うこともわかりました。
けど、離れているしと、まさかと思いながらも当時、気象庁か国立天文台かに問い合わせしたんです。
すると、私の近所のエリアからも目撃情報がある、浜松でも音を聴いた人がいる、と教えてくれました。
そこでつくばの隕石の時のものに間違いないと思ったのです。

エキスポセンターの写真パネルの下の文(上記の青文字)を読んで、
やっぱり私が見て聞いたのはこの隕石だ~なんてうれしくなりました。

さて、16時にプラネタリウムをあとにして、都内へ戻るにしてもまだ時間があります。
太陽系プロムナードをもう一度歩いて駅へと向かい、そして、つくばならではのおいしい物を買いました。

私が選んだのは。
1)
コートダジュールのつくばフロマージュ。
タルトのさくさく感となめらかでコクのあるクリームチーズが絶品。
場所はつくば駅隣接のショッピングセンターQ‘tの中。
2)星降る酒蔵「
稲葉酒造場の本生純米吟醸「すてら」にごり酒。
星を楽しんだ後は、星にちなんだお酒をいただきたいですものね。おいしかったです。
酵母が生きてます。くいっと少し発泡しています。甘くてフルーティー。
3)テーマパーク桜にある
Le pain Gris Gris(ルパングリグリ)でモーンデニッシュ他。
吉祥寺にこのまま出店してほしいくらいかわいらしいお店。そしてどのパンもおいしかったです。
4)下妻にあるお豆腐やさん染谷本店の青大豆豆乳。
グリーンピースのポタージュのようにほんのり緑色の豆乳。おいしかったです。つくば駅前の西武百貨店にて。

たべものじゃないけど
5)つくばエキスプレスのパスネット3000円。
筑波山と日の出とTXが並んでいます。つくば駅にて購入。

今回、あらためてつくばにうかがって意外だったことは平らな土地がずっと続いていること。
筑波山があるから丘陵地帯のようなイメージがしていましたが関東平野の広さを実感。
土地が平らで高層ビルがない。空の可視率が高い。
都内より光害が少ない。街としていい環境です。
グリグリでパンを買ったあと、バス停で待っている時。
西の空が夕闇に染まってゆき、東の空がみるみる濃い闇になってゆくパノラマを360度たっぷり楽しめました。
オリオンも建物に遮られることなく姿を現していました。

TXが開通してから、筑波山登山とセットでプラネタリウムにいらっしゃる方も少なくないそうです。
朝からめいっぱいつくばを楽しむのも素敵ですし、
急いで戻らなきゃという方は駅前でショッピングだけでも収穫ありでしょう。

お近くでお住まいでつくばエキスポセンタープラネタリウムにいらしてくださった方も遠方から訪ねてくださった方も、
つくばのいろいろを楽しんでお帰りくださいませ。
「星との絆」3月4日まで上映中。詳細はつくばエキスポセンターのHP
http://www.expocenter.or.jp/をご覧ください。

こちらに
 つくばフロマージュすてらグリグリの詳細をアップしました。

星やプラネタリウムINDEXはこちら

« 東に朝日、西に月、そして天に星 | トップページ | マックノート彗星---ハープの調べがきこえてきそう »

星見るシアワセ」カテゴリの記事

コメント

星のきれいな発光路から飛んできました!お久しぶりです、年賀状有難うございましたm(__)m 
素敵な恵美さんのすばらしいブログにウットリしちゃいました!皆様と流星群を見た夜を思い出しました。相変わらずこちらの夜空はきれいですよ。あの頃チビだった長男も春から高3です!
お暇がございましたらまた星を見に来てくださいね。益々のご活躍をお祈りしております!!

キキママさん。訪ねてくださってありがとうございます。栃木のあの星空、ほんと~に今でも脳裏にやきついています。煌々という言葉がぴったり。
星がありすぎて星と星を結びつけることができないくらいでしたね!
もう高3。月日が経つのも早いですね。ぜひまた、寝そべって星空をみにうかがいたいです。皆様にどうぞよろしくお伝えください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東に朝日、西に月、そして天に星 | トップページ | マックノート彗星---ハープの調べがきこえてきそう »

emi

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。月に魅せられ、毎日、月撮り。月の満ち欠けカレンダー(グリーティングライフ社)のコラムも担当。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。   コンタクト:各記事のコメント欄をご利用くださいませ。コメントは私の承認後、ブログ内に反映される仕様にしています。公表を希望されない方はその旨をコメント内に明記くださいますようお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。