« 星愛で(その7)お作法にはこだわらずに | トップページ | 星愛で(その9)プロフィール »

2007年4月 7日 (土)

星愛で(その8)「星の色、咲いた」の構成

山庵には3つの茶室があります。
星愛で茶会(hoshimede chakai)「星の色、咲いた」はその中の2つ、海月亭(かいげつてい)と松風軒(しょうふうけん)を使っておこないます。

はじめに。

Chashitsuiriguchi 神楽坂通りに面した山庵(さんあん)の入口1階で受付をしていただきます。

地下への階段を下りて、山庵に入っていただくと、そこは神楽坂の街から、山の辺の庵にワープしたような別世界。せせらぎとさえずりの音が皆様をつつみます。

1)茶室海月亭にて呈茶
  
Kaigetuteiお手前をご覧いただいたあと、お抹茶とこの茶会のために創作された和菓子「春の一番星」をお召し上がりいただきます。お抹茶の香り、和のアロマをお楽しみください。
床の間を飾るのは、川村忠晴による植物の灯り。クリスマスのイルミネーションに使われるような小さな電球(麦球)が植物の色をほのかに照らし出し、葉脈や葉の形が光と影のシルエットを作り出します。
お茶を一服してゆったりとしたひとときをお過ごしいただいたあと、松風軒へご案内いたします。

※せせらぎとさえずりの音は長い竹から聴こえてきます。それは川村忠晴作の竹スピーカー。ほんとうに水が竹の筒を中を流れているような体感がするんです。

せせらぎと小鳥のさえずりは中田悟のアルバム『ストリーム』より。
市井を離れて、春の野山にある庵にいるようなそんな雰囲気をお楽しみいただけたらうれしいです。

2)茶室松風軒にて
約30分、闇に浮かぶ星空と万華鏡を心やすらぐ音楽とともにお送りします。

①川村忠晴×ホームスター 
和紙などの素材にホームスターの星空を投影。
闇に銀河の掛軸、星の丸窓他が浮かび上がります。
星空が立体的に見えたり、星の光が瞬いているように見えたり。植物の灯りの第一人者川村忠晴とホームスターのコラボで生まれた星空の情緒をお楽しみください。

音楽  Frozen Fantasy/広橋真紀子 アルバム『snow』(デラ)より
アンビエントな音の世界を創り出すアーティスト、広橋真紀子さん。この曲も音のひろがりがとても気持ちいいのです。シャラシャラと瞬く音が銀河の星ひとつひとつの囁きのようです。

音楽 Ave Maria/上原奈未 fromシャナヒー
シャナヒーはヨーロッパの古くから伝わる音楽を独自のアレンジで演奏しているユ ニット。このAve Maria、グノーやシューベルトのものほど知られていませんが、闇の中で心にしみこんでゆくような敬虔な歌声でとてもいいのです。このAve Mariaは上原奈未さんのHP「駒鳥たちの物語歌」galleryでお聴きいただけます。


②ホームスターで春の星座解説

ホームスターを茶室の壁に投影して、春の星座解説をおこないます。
ゆるやかな音楽とともに星空が動くホームスターの日周運動の心地よさもお楽しみいただきます。

音楽 雲の国/広橋真紀子 アルバム『rainbow』(デラ)より
少し低音でほろんほろんと奥行きがある音。シャラシャラと高いところをきらめいて流れてゆく音。とても心地いい楽曲です。本当に雲の上にいるかのよう。ゆるやかなテンポがホームスターの星の動きと絶妙にあう名曲です。        

③山見浩司による「星の色、咲いた~万華鏡花宇宙~」

山見浩司による万華鏡映像を床の間に投影します。
香るような音楽にのって、星や花をイメージした色の世界が広がります。
この万華鏡花宇宙を彩るのは、地球という星のマテリアルであるアメジスト、アクアマリンなどの鉱物やガラス。まさに、地球という星の色が咲きあふれます。

1曲目 ジムノペディ/川岸宏吉 アルバム『hi・to・ri』(アマホロミュージック)より
サティのおなじみの曲をアフリカのハープ「コラ」が奏でます。日本の琴にも似た音色。水面に水彩絵の具をぽつん、ぽつんと垂らしていくように、ゆっくりと音が広がってゆきます。

2曲目 Rape-Blossom Field/ツルノリヒロ アルバム『月をつくった男』(
トゥループロジェクト)より
都留教博さんのバイオリンの音色がとてもつややかです。大地をなめらかに撫でてゆくように。ほんのり甘い風のように。艶(つや)やかとは色が豊かということ。皆様はどんな色が浮かんできますでしょうか。

3曲目 桜(チェリーブロッサム)/ 賈鵬芳(ジャー・パンファン)アルバム『月光』(パシフィックムーン)より
二胡の名手、ジャー・パンファンさんの名曲。桜だけではなくすべての花の咲きあふれるあでやかさ、よろこび、そして散るときの儚さを少し含んだ雅びな調べとともに、万華鏡の華をお楽しみください。

ジャー・パンファンさんのHPで「桜」の調べを試聴いただけます。

プログラム終了後は

待合(茶室のロビーにあたるスペース)には宇宙をモチーフに山見浩司の万華鏡作品を展示いたします。
また、海月亭では、川村忠晴の植物の灯りカード、山見浩司による万華鏡グッズも販売いたします。

どうぞ、宇宙の星、この地球という星の色、光を心ゆくまでお楽しみくださいますように。

星やプラネタリウムINDEXはこちら

« 星愛で(その7)お作法にはこだわらずに | トップページ | 星愛で(その9)プロフィール »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 星愛で(その7)お作法にはこだわらずに | トップページ | 星愛で(その9)プロフィール »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。