« 星愛で(その15)多くの方々にご来場いただきありがとうございました | トップページ | コンビニで働く人は街の守護神 »

2007年4月28日 (土)

星愛で(その16)「星愛で茶会」でいろんな宝物

「今日も星日和」のブログ。3週間ブランクがあいてしまいました。
星愛で茶会に全力を投球してきました。

あらためて感じることは、無を形にするのは一人の力ではできないということでした。
自分の言葉だけで形になるものもあります(たとえばこのブログは私が文章を書いて、クリックするだけでブログ中にその文がアップします)が、空間を使って何かをおこなうというイベントとなると、まったく違うのですね。

「星空が闇の中に浮かぶんです、万華鏡が闇の彼方に薔薇星雲のように広がるイメージ」、なんて口でいうのは簡単です。けれど、それを実現させるためには、それに取り組んでくださる作家の力が必要。そして、制約がないから言葉で簡単に表現できるイメージをどれだけ実際に形にできるか。それはとてつもない試行錯誤とアイデアが必要。想像以上に想像していた世界をバーチャルではなくこの3次元の世界に創りだせたのは作家川村忠晴さんと山見浩司さんの尽力のおかげです。

今回、企画が生まれてから形になるまで作家の方々だけではなくいろんな仕事仲間、友人が参加、サポートをしてくださいました。
企画がまだ生まれたばかりで形にまとまっていない頃、私が迷うたびに相談させていただいた友人がいます。
また、お茶とのコラボとしてなかなかまとまらなかったときに、神楽坂の山庵さんと、それから茶席のコーディネートを具体的にまとめてくださったのは岡田静さん。
星にちなんだ和菓子を制作してくださるお店を紹介くださったのは、プラネタリウムでのヒーリング番組運営時に力になってもらった仕事仲間。
星愛で茶会の、和を楽しみながらも、カジュアルでというスタイルのテイストを見事に表現したイラスト提供や葉書デザインをしてくださったのはイラストレーターの北條千春さん。
当日の運営スタッフとして加わり、時間軸、スタッフ一人一人の動きの把握ふくめて、俯瞰で流れを掴むことに優れた才能を発揮してくれた仕事仲間。

星愛で茶会を面白いと思ってくださり、いろんな方にご紹介くださった皆様。

そして、はじめての催し物で、どうなるかわからないのに信頼して楽曲使用をさせてくださったアーティストの方々や、このはじめての催し物にぴんと惹かれるものを感じて訪ねてくださった皆様。

企画が一滴の雫から道筋が固まっていって川となり、流れていく中でいろんな場面が折々あり、その都度いろんな方々が力を貸してくださいました。川の一つとなり参加くださいました。

最初の小さな川だったころ、私がもういいやってストップすればそのまま水は蒸発して消えてしまうぐらいのものだったころ、一緒に関わることはできないけれど離れたところでできる限りの応援をする、と言ってくれた骨太の友人もいます。マラソン選手が走る脇で歩道からタイムを見守るトレーナーのように、細くても流れ続けようとする小さな一筋の川を岸から見守り声援をくれました。

以前このブログで、川の気持ちになって楽しんでみる、ということを書かせていただきましたが、今回の星愛で茶会。本当にまさに、一滴の雫が川になってゆく、そんなことを実感いたしました。
関わってくださった方、ご来場くださった方、物理的に茶室に来ていただくことはできなかったけれどブログで興味を持ってくださった方々、皆様との出会いが宝物です。

ようやく一段落ついてきました。「今日も星日和」もまた少しずつアップしていきますのでこれからもよろしくお願いいたします。

星やプラネタリウムINDEXはこちら

« 星愛で(その15)多くの方々にご来場いただきありがとうございました | トップページ | コンビニで働く人は街の守護神 »

コメント

emiさん♪お茶会の素晴らしいお話ありがとうございます!!そして、おめでとうございます☆無から生み出すemiさんの創造するパワーの源はやっぱりemiさんのハート力なんだなーって感じました。きっと、賛同された方々はemiさんとお仕事ができて、イメージが次々と形になって花開くのですものワクワクドキドキされたことだと想像できます。
丁度私も「無からの創造」と言うことについて友人と語ったり、「川が流れるくらいの速さって心地いいね♪」って春の高速の景色をゆったり楽しみながら信州からの帰路をたどっていたのでした。高速なのにキャンピングトレーラーをひっぱている我々はゆっくりと行かざるを得ないのですが、でも、またそこが思いもかけなく素敵な時間を生むのです♪
いつか、きっと、emiさんの世界を実際に楽しみに出かけられる日を望みつつまた新たなemiさんの企画を心待ちにしていますね♪

色んな点と点が結びつけられ、星愛で茶会に
関わった方々の 心の中にできた星座は、
それぞれ違う形で、光輝いていることでしょうね。

茶会の様子を読ませて頂けただけで
私も母や叔母を誘って、茶会に参加している
気になりました。

想像の中でも、叔母達が星空を見上げて、
驚嘆したり喜んでる顔が見えてましたよ!

お疲れ様でした。^^

若林さん。こんばんは。
お茶会のこと応援してくださりありがとうございます。今回、星の色が咲く、がテーマでしたけれど若林さんがおっしゃるように「いろんなイメージが一つ一つ花開く」を味わうことができました。
お友達とちょうど無からの想像。川が流れる速さの速度のお話をされていたなんて!
高速を走っているのにゆっくり行かなければならない。だからこそ見えてくる景色。素敵ですね。キャンピングカーって車高は一般の車よりも高いのですよね。それも含めて見える景色が違ってきそう。
いつか、若林さんのお住まいのエリアにも進出したいです。それこそ移動の車の中がプラネタリウムになっていて、移動式で「どこでもプラネタリウム」ができたら素敵ですね。

おんぽたんぽさん。
「星愛で茶会に関わってくださった方々の心の中にできた星座~」。いつもきらっと輝いて、心の中に具体的なビジュアルが浮かび上がってきてしあわせな気持ちになるお言葉と表現をありがとうございます。
今回も作家さんとお客様が実は初対面であるけれど間に共通の友人がいらしたことがわかったとか、川村さんや山見さんや岡田さんのファンの方がいらして、別のアーティストのファンになったとか、いろんな出会いがありました。
私自身、ブログやネットで出会わせていただいている方と、生の世界でお会いさせていただけるというありがたい機会も得ました。
おんぽたんぽさんも茶会にいらしている気分になったとおっしゃっていただけてうれしいです。

近日(来週になると思いますが)、茶会の画像をアップいたします。

ぜひその様子をご覧いただけたらうれしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 星愛で(その15)多くの方々にご来場いただきありがとうございました | トップページ | コンビニで働く人は街の守護神 »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。