« ガガーリン78/地球は青かった(ニューヨークタイムズ編)空が黒いという不思議 | トップページ | ありそうでなかった螺旋状の・・・ »

2008年1月15日 (火)

太陽に光る雪のようにキラキラ。レミオロメンとソルジャ

星と合う音楽というわけではないのですが、このところはまっているのが
レミオロメンの「Wonderful &Beautiful」。
光を感じます。星の光よりも「青空に雪がキラキラ眩しい銀世界」っていうような
晴れやかでピュアな光と空気を感じる曲です。
歌詞もやっぱりいいですねえ。
渋滞の列を交互に動くスキー板にたとえる出だしやさびの歌詞もぐっときます。

もう一曲はこちらも特に星に合うというわけではないのですが
ソルジャ(SoulJa)の「ここにいるよ feat. 青山テルマ」。
名曲は出だし5秒以内に電流が走りますが、
この曲も出だしのピアノでビビとやられます。
コード進行のせいなのか、G線上のアリアとかバッハの曲とか教会音楽っぽい感じがします。
女性の声も素敵。男性パートは、言いたい言葉が伝えられなくて他のことを語ってしまう
もどかしさとせつなさがすごくでていて、とってもドラマティックな曲。
ただ、これって遠距離恋愛の曲だったんですね。
私は距離の遠さではなくて、勝手にこんなストーリーを想像していました。
一度別れてしまって違う環境になってしまった男女。かなりの時が経ている。
同じ都会で時々、男性は女性の姿を遠めにみることもある。
彼女はもう違う世界で生きていると思ってるし、今の自分にはもう一度やりなおしたいという
資格もないと躊躇している男性。だけど実は女性も本当は待っていた。
二人の思いは共通しているのに、現実ではまだアクションが起きていない、みたいな。

« ガガーリン78/地球は青かった(ニューヨークタイムズ編)空が黒いという不思議 | トップページ | ありそうでなかった螺旋状の・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ガガーリン78/地球は青かった(ニューヨークタイムズ編)空が黒いという不思議 | トップページ | ありそうでなかった螺旋状の・・・ »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。