« 凛々とした星の輝きにぴったりなチベット音楽 | トップページ | 雪の結晶を観察した人たち(その2)---マグヌスとケプラー »

2008年2月17日 (日)

雪の結晶を観察した人たち(その1)ダイジェスト

カテゴリ「雪の結晶」で、土井利位についてはもう少し続ける予定ですが、他の人がいつどんな風に観察しているのかに目を向けると、利位の功績が俯瞰でさらに見えてきます。そこで、雪の結晶観察の歴史を少しまとめてみます。

【雪の結晶の観察の歴史】

雪の結晶を観察してそれを記録に残すという歴史は、肉眼で見てスケッチ→虫眼鏡などで見てスケッチ→顕微鏡で見てスケッチ→顕微鏡で写真撮影という流れ。
その観察の歴史についてわかりやすく書かれている本を挙げてみましょう。

日本では『氷と雪』加納一郎(1929)、『雪』中谷宇吉郎(1938)、『雪』田口竜雄(1940)、
『雪華図説考』小林禎作(1968)、『雪華図説新考』小林禎作(1982)、
『冬のエフェラメル』小林禎作(1983)


※『雪』(中谷宇吉郎著)の中で観察の歴史についての項は加納一郎の本がかなり参考とされています。
※海外では、なんといってもヘルマン著の『Schneekrystalle』(1893)
 上に挙げた日本の各書にもこのヘルマンの本の記述によるところも多く、図版の引用もしています。

私は、本の中で引用などがあると原典を自分で確かめたくなる性分。いろんな資料が入手でてきました。
それは、ネットが発達し、海外の文献がオンラインでアップされたり、図書館の検索なども容易になった現代だからこそかもしれません。

日本の各著で取り上げられている雪の結晶図は一部に過ぎず、原典ではもっとたっくさーんの美しい結晶図がみられたとか、各著で述べられていないことがでてきたり、お宝ざくざく!調べ物冥利に尽きました(^o^)丿

ただ、私は雪の専門家ではありません。まだ文献探しも進行形。検証も不十分。加筆修正ありえますことをご了承ください。転載もご遠慮ください。

まずは、ダイジェストを。

【雪の結晶の観察者として特筆すべき人物を年代順で】
*は雪の結晶の絵、もしくはスケッチを描いている人

は顕微鏡&スケッチ派 は顕微鏡&写真撮影派
方法が未確認の人物は*の色のままです。「精密」というコメントは私の主観です。
--------------------------------------------------------------
BC140年頃  中国で韓嬰が雪が六出(6弁の花状)であることを『韓詩外伝』に記す。

1250頃     アルベルタス・マグヌス(Albertus Magnus)雪が星状であることに気づく。

1555 *   オラウス・マグヌス(Olaus Magnus) 
         『Historia de gentibus septentrionalibus』で幾つかの形の雪を描く。
         翻訳本『北方民族文化誌』

1611      ケプラー(Kepler)「Strena seu de nive sexagula」で雪が六角形であることを語る。

1637 *    デカルト(Descartes)「気象学」で結晶のスケッチを10点ほど。
          「気象学」は『方法序説』に収録

1660 *    バルトリヌス(Bartholinus)『De figura nivis』で結晶スケッチ9種。

1666
     ロバート・フック(Robert Hooke)『Micrographia』で初の顕微鏡によるスケッチ掲載か。
          24種ほど。翻訳本『ミクログラフィア』

1675 *    フリードリッヒ・マルテンス(Friedrich Martens)24種ほど。

1681 *(精密)ロゼッティ(Rossetti)『La figura della neve』で10種。

1778
 (精密)マルチネット(Martinet)『Katechismus der Natuur』の中で。私の確認は12種。
          翻訳本『格致問答』    

1796
     司馬江漢『天球全図』の中で9種。

1820
 (精密)ウイリアム・スコレスビー(William Scoresby)。
          『An acount of the Arteic Regions』で96種掲載。

1832
 (精密)土井利位。『雪華図説』で86種発表。
          1837年刊の鈴木牧之による『北越雪譜』に35種模写される。

1840
 (精密)土井利位。『続雪華図説』で97種発表。

1855
 (超精密)ジェームス・グレイシャー(James Glaisher)。
           私が確認したのは21点。芸術と呼びたいほど繊細さが美しい。

1865 *(精密) フランシス・チッカリング(Frances E. Chickering)。
           著書『Cloud Crystals; a Snow-Flake Album』の中で様々な雪の
           結晶のフォルムを切り絵にして発表。

1872 
(超精密)ジョン・チンダル(John Tyndall)。『From The Forms of Water』。
           チンダルは記述のみ。グレイシャー、スコレスビーの図を転載。

1891        Umlauft「Das Luftmeer」。詳細未確認。

1893頃
*    ノイハウス(Neuhauss)。ヘルマンの『Schneekrystalle』(1893)で15カットほど掲載される。

1894頃
*    シグソン(sigson)。ヘルマンによって紹介される。小林禎作氏の本に掲載あり。

この頃
*        ノルデンショルト(Nordenskiold)。詳細未確認。

1901
      ウイルソン・ベントレー(Wilson Bentley)。雪の結晶顕微鏡写真を気象学会誌に発表。

1903 *     アレニウス(Arrhenius)『Lehrbuch der Kosmischen Physik』で
                         雪の結晶について記述。掲載の図は誰によるものか調べ中。

1931
      ベントレー&ハンフリーズ(Wilson Bentley&William Humphreys)
           『Snow Crystals』で結晶写真を2000点以上掲載と圧巻。
           ベントレーは31年以前にもいくつかの本で結晶写真を発表。

1932~
     中谷宇吉郎。ベントレーの写真に触発され、研究を開始。
           雪の結晶の分類、人工雪の研究をおこなうなど、雪の研究家として世界的に有名。

1934頃
*    岡順次。詳細未確認。

【雪の結晶観察の歴史でエポックメイキングな人(私の主観で)


顕微鏡+スケッチ派 
結晶の図の多さや、精密さから、スコレスビー。土井利位。グレイシャー。
ヘルマンは利位を知りえなかったのか、著書『Schneekrystalle』で触れていないのが残念。  
顕微鏡+写真撮影派 なんといってもベントレーですね。
雪の研究家     
ヘルマンと中谷宇吉郎でしょうか。ヘルマンは雪の結晶観察の歴史を19世紀に
まとめた立役者。中谷宇吉郎の業績は誰もが知っているところですね。

【雪の結晶を観察した人たちシリーズ】INDEXはこちら
雪の結晶全般はこちら

« 凛々とした星の輝きにぴったりなチベット音楽 | トップページ | 雪の結晶を観察した人たち(その2)---マグヌスとケプラー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 凛々とした星の輝きにぴったりなチベット音楽 | トップページ | 雪の結晶を観察した人たち(その2)---マグヌスとケプラー »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組の企画、シナリオ、選曲をはじめとする制作に携わった後、現在は土井利位侯の「雪華図説」にまつわることをライフワークとして調べ中。            その他、ガガーリンの「地球は青かった」、雪月花など調べれば調べるほど、自然に対する日本の美意識の独自さを再発見する毎日です。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ

今日も星日和を検索

  • Google検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

お散歩に行くブログ

  • Photo Diary 「サクセスウーマンNET」 
    六本木アカデミーヒルズでの「サクセスウーマン講座」他プロデュースされてるtaekoさんのブログ。夢を叶える力が引き出されます。
  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • 犬に生まれて(ポポ手日記)
    平安時代の人々の心や感覚を、臨場感持って教えてくれる古典研究家大塚ひかりさんのブログ。愛犬も登場し平成の日常も。
  • 夕方日記
    ブルーウィローをきっかけに出会った素敵なブログ。テーブルセッティングや庭の花、絵本etc.日常生活を愉しむセンスに溢れたあねむさん、お手本になります。
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。

お散歩に行くHP(音楽)

  • Site kosenori
    ピアニストこせのりこさんのHP。CD情報やdairyも。美しいピアノの調べも堪能できます。
  • はなうたモード
    シンガーソングライター花実さんのブログ。美しい詩や音楽&ほのぼのな花実さんワールドが楽しめます。
  • 中田悟 公式サイト
    せせらぎ、波の音、虫の音などをCDに収録して空間に再現するナチュラルサウンドアーティスト中田悟さんのサイト。
  • 音のまにまに
    ピアニストササマユウコさんのブログ。いろんなものを慈しむ日常生活から、香るような調べが紡ぎ出されるのですね。
  • 駒鳥たちの物語歌
    シャナヒーの上原奈未さんのHP。イギリスの秘密の花園を訪ねるような、ゆったりとやわらかい気持ちになれます。

お散歩に行くHP(星)

  • しぶてん
    正式名称は渋谷区五島プラネタリウム天文資料。名解説で多くのファンを持つ村松修さんの元に星を愛する方々が集っています。
  • Go!Planetarium
    宗像ユリックス・プラネタリウムの加藤治さんのprivate website。全国のプラネタリウムへのリンク集も重宝。星空への窓口に。
  • Feel The Night Sky
    数多くのプラネタリウム番組を制作されている広橋勝さんと奥様の連携ブログ。 美しい画像とともに宇宙の魅力の深淵に触れられます。

お散歩に行くHP(ART)

  • LITTLE BEAR
    「プラネタリウムで万華鏡」コラボをさせていただいた万華鏡作家山見浩司さんのHP。オブジェとしても美しく楽しい作品の数々。
  • MILLE FIORE Virtual Kaleidoscope
    バーチャルカレイドスコープ  (万華鏡)映像を制作される 馬場ふさ子さんのHP。夢幻の小宇宙を動画でも楽しめます。
  • 『月光浴』月光写真家 石川賢治 公式HP
    写真家石川賢治さんのHP。月の光だけで撮影される『月光浴』。地球の森羅万象の素顔に出会えます。

カウンタ