« エルメスのスカーフにロシア柄が | トップページ | 恋は孤悲---電車内の広告から »

2009年9月22日 (火)

「真夏のオリオン」を観ました

朝晩、涼しくなり、ずいぶん秋めいてきましたね。この時期、一番楽しみなのが、目覚めの「オリオン」です。

朝4時40分ごろ、南東の空にオリオンとシリウスがみえます。
毎年、この時期にオリオン座のことについて書いていますが「初秋の早朝のオリオン」は「冬のオリオン」より好きかも。

私がこの夏、最初にオリオン座を見たのは、真夏、8月13日のぺルセウス座流星群の時。夜明け前の東南東の空に眺めました。

「真夏のオリオン」は、超早起きか夜更かしの人の特典。夜通し鳴いている蝉の声をBGMに冬の代表的な星座を仰ぐのはオツなものです。
さて「真夏のオリオン」といえば、少し前のことですが篠原哲雄監督の映画「真夏のオリオン」を観にいきました。(以下ネタバレあります)

第二次世界大戦終戦前夜の日本の潜水艦vsアメリカの潜水艦のお話。

「静」の映画です。海面下、潜水艦という密室を舞台。敵(相手の潜水艦)の存在を、レーダー他で感知しながら、自らの気配をできるかぎり押し殺す。息をひそめて感覚を研ぎ澄ます、そんな静かで熱い緊迫感にあふれた映画でした。

映画では、「真夏のオリオン」は吉兆のしるしという設定で登場します。
冬の星座の代名詞であるオリオン座が、夏に海上から見えるのは夜明け前のほんのわずかな時間だけ。そのため船乗りの間では真夏に輝くオリオンは吉兆なのだと。
shine   shine   shine   shine   shine
「リスペクト」という言葉が全編に渡って感じられる映画でした。

艦長は部下をリスペクト・・・倉本艦長(玉木宏)は任務の合間に負傷した部下を見舞います。一番若い兵にハーモニカを渡したり、関心を持って話かけます。部下とのやりとりも荒い命令口調ではなく「ですます」調。

いのちをリスペクト・・・艦長は、死ぬために闘うのではなくて、生きるために闘え、と魚雷ごと相手の潜水艦に突っ込もうとする特攻兵を制します。

部下が艦長をリスペクト・・・航海長(吹越満)、水雷長(益岡徹)は艦長より年上なのに、艦長をきちんと仰ぎ、指示を受ける様子がすがすがしかったです。

敵をリスペクト・・・倉本艦長とスチュワート艦長との攻防。互いに洞察力に長けて、相手の能力をリスペクトしていることが伝わってきます。

だからこそ、<リスペクトが窮地を生み出す>という皮肉な展開になっていくのです。
たとえば、亡くなった水雷員の遺体を海中に流す時、水雷員をリスペクト(敬う)する気持ちがあるからこそ、遺体をぞんざいに扱わず、乱れた服の胸元を直してあげます。
その配慮があだに。スチュワート艦長が倉本艦長をリスペクト(侮らない)しているからこそ、遺体の整えられた胸元をみて、倉本艦長のおこなったフェイクに気づいてしまうのです。
     shine
クライマックス。海上で両艦長が対峙する場面も圧巻。
夜明け前の海の上に輝く「真夏のオリオン」が効果的に使われています。「彼らも音楽を愛し、星に希望を託す人間なんだ」。互いを讃える想いが、<敬礼を交わす>だけで伝わってきました。

声高に戦争を反対するわけでもない。戦争=空襲でもない。
静かに緊迫が続く映画なのがよかったです。倉本艦長も、香川照之がやりそうな「ありがち」な熱血な人物像じゃなくて、やさ男風の玉木宏が演じたのもよかったです。
戦争とは、普通の青年があんな大役を担う状況になるんだ、とかえってリアリティを感じました。

パンプレットの冒頭に
『眼下の敵』の二人の艦長の間の友情のようなものを描けたら、と書いてありました。私はこの映画は未観なのですが、まさに、二人の艦長の間に友情を感じました。

第一次世界大戦中のサッカーのエピソードを思い出しました。イギリス兵とドイツ兵がクリスマス休戦中に、ふとしたことから互いにサッカーをはじめた。
すると、休戦が解けた後、一緒にサッカーを楽しんだ敵兵を思い出して、相手を殺すことを躊躇したという。

サッカー。真夏のオリオン。敵も同じことに美や喜びを見出し、一喜一憂する同じ人間なんだ。と気づく心が、世の中を小さなところから変えていくのでしょう。

« エルメスのスカーフにロシア柄が | トップページ | 恋は孤悲---電車内の広告から »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エルメスのスカーフにロシア柄が | トップページ | 恋は孤悲---電車内の広告から »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。