« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

銀盤の女王は銀がふさわしい

フィギュアスケート。女子シングルのフリープログラム。特に印象に残った選手を独断で。

続きを読む "銀盤の女王は銀がふさわしい" »

2010年2月25日 (木)

私が見たい私

フィギュアスケート女子シングルのショートプログラム。特に印象に残った選手を。

続きを読む "私が見たい私" »

2010年2月23日 (火)

長洲未来いいですね

五輪、明日はいよいよフィギュアスケート女子シングルショートです。

続きを読む "長洲未来いいですね" »

2010年2月22日 (月)

うれしい2ぞろ目の日

Kippu22222今日は平成22年2月22日。2のぞろ目が5つ並ぶ日ですね。
このブログをかなり前からお読みになっていらっしゃる方は覚えていらっしゃるかもしれませんが、私はぞろ目、その中でも2のぞろ目が大好き。
このブログをはじめたのも2ぞろ目の日にしたくて、4年前の2月22日にスタートさせました。

使わないけど、切符を記念に買いました→
2010.2.22と西暦で印字される券売機も多くて、5つ2が並ぶ切符は3箇所目の駅でみつけました。

母に2並びの切符を携帯メールで送ったら、私からのメールの時間が12時34分で、「1234って数字が並んだ!」ってよろこんでいました。こういうのが好きな家族なんです。

この記事もちょうど22時22分にアップできそうです。

2010年2月20日 (土)

バンクーバー五輪 フィギュアスケート男子シングル

五輪で一番気になるのはフィギュアスケートです。独断の感想です。

続きを読む "バンクーバー五輪 フィギュアスケート男子シングル" »

2010年2月18日 (木)

小さき星の形して。結晶写真撮れました!

snowSnowflakeblue1 朝起きたら、雪が降っていました。
昨日の天気予報どおりなのですが、うれしくなりました。今日はオフ。
ベランダのてすりに青いマフラーと赤い手袋を置いて、携帯電話のカメラルーペで雪が舞い降りるたびにパシャパシャ。

温暖な関東南部です。
今朝、撮影した時も気温は氷点下ではなくて1~3度はあったと思うのですが、地上に落ちるまでに溶けずに結晶の形を保っているものがいくつもありました。

Snowflakeredtoume やった~!!

綺麗な六花を
撮ることができました。

スワロフスキーの
雪の結晶のオーナメントみたい!!





Snowflakered1upアップでご覧ください→

地上に降りたらたちまち儚く溶けてしまうのに
こんな綺麗な姿を見せてくれたことが
うれしくなりました。


朝、ベランダから
歩道を行き交う人の様子も眺めました。
それぞれの傘の上にも
いくつもの雪華が
舞い降りていたのですね。
きづかれずに溶けてしまったけれど。
Snowflalered3

雪の結晶が乗っている赤い毛糸の一束、
定規を当てた画像で
太さ約1cmであることがわかります。
結晶はほぼ半分。
直径4~5mmぐらいということですね。





Scoresbywinter_2 1820年に雪の結晶のスケッチを発表したスコレスビーの絵の中に
そっくりの形をみつけました。
パブリックドメインの画像の宝庫The NOAA Photo Libraryより。







Hermessnow エルメスには「冬の火(FEUX DE L'HIVER)」という柄のスカーフやブラウスがありますが、その中にも似ている結晶が。
「冬の火」のスカーフでは144片の雪華が並んでいます。ベントレー撮影の雪の結晶写真がモチーフになっていると思います。



Yukinoshirabechoko 北海道の『雪の調べ』というおいしいチョコレートにも
似ている形があります。











ベントレーの写真集『SNOW CRYSTALS』ではp138の右上に似た結晶が。

Snow Crystals (Dover Pictorial Archive)

小林偵作著『冬のエフェメラル』ではp17掲載の広幅六花の中段下に似た結晶写真が。

雪の結晶―冬のエフェメラル

ケネス・リブレクトが数多くの雪の結晶写真を掲載している
洋書『THE Art OF THE SNOWFLAKE』ではp45にどんぴしゃり、瓜二つの結晶写真が。

The Art of the Snowflake: A Photographic Album

ところで、最近出版された本で、雪の結晶写真が豊富で図鑑的な要素も楽しめる本をお探しでしたら
一押しはケネス・リブレクトの翻訳本『スノーフレーク』。

スノーフレーク


自分がみつけた形が、他の誰かが見ていたものと同じって嬉しいです。
時を隔てているのに、同じ感動を分かち合えるような気がして。

でも、ひとつたりとも同じ条件、同じ形で降るものがないのか、本当は微妙に違うんですよね。
地上に68億以上の人がいながら誰ひとり同じ顔の人がいないように。

銀杏並木に降る雪を眺めながら一句浮かびました。
白銀の小さき星の形して雪華(せっか) 降るなり、銀杏並木に(by Emi)。
もちろん元歌は、金色の小さき鳥の形して銀杏散るなり 夕日の岡に(与謝野晶子)です。

【雪の結晶撮影シリーズ】INDEXはこちら
雪の結晶全般はこちら

2010年2月16日 (火)

宇宙へ行った人気キャラクター(その9)---テディベアpart2 向井千秋宇宙飛行士とテディベア

宇宙へ行った人気キャラクターシリーズ。テディベアpart1に続き、part2です。向井千秋宇宙飛行士とテディベア。

向井宇宙飛行士は1998年スペースシャトル・ディスカバリー号で宇宙へ行った時、テディベアのぬいぐるみを一緒に搭乗させていたのですね。
JAXAの画像をこのブログでは紹介できないので、明記したアドレスからJAXAの該当ページをどうぞ辿ってみてください。

続きを読む "宇宙へ行った人気キャラクター(その9)---テディベアpart2 向井千秋宇宙飛行士とテディベア" »

2010年2月13日 (土)

宇宙へ行った人気キャラクター(その9)---テディベアpart1

宇宙へ行った人気キャラクターシリーズ。第9弾はテディベアです。
1年以上前のニュースですが、宇宙服を着たテディベアの記事を発見しました。

AFPBB Newsが2008年12月6日配信した
<テディベア4体が「宇宙飛行」、宇宙服のデザインは小学生が担当>。(ttp://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2546350/3588735)

AFPはブログに記事と写真を使用できるサービスをしているのですが、ココログはそのサービス提携に入っていないので、このブログでAFPに載っている宇宙服テディベアの写真を掲載することはできません。
とはいえ、全世界で愛されているテディベアの宇宙服姿と宇宙飛行だもの。
「宇宙へ行った人気キャラクターシリーズ」に欠かせない!

そこで、このテディベアの宇宙飛行実験をおこなったケンブリッジ大学の宇宙飛行クラブに
コンタクトを取ってみました。
3740057307_7a044a8452_4
このニュースを私のブログで
紹介させていただくこと、
画像を使うことを、
こころよく承諾くださったので
ご紹介します。

宇宙飛行士テディベアは、
宇宙服をデザインした
小学生の名前の頭文字を寄せて
「MAT」「KMS」というように
名がつけられたそうです。
 



                                      ↑胸にMATの文字。     (C)UC Spaceflight

3740067753_a349a035a2_3発射前の様子。

わかりづらいかもしれませんが、
シーソーみたいに向かい合う形で
左右に2対ずつ、テディがいます。

右側にMATくんたち。
左側はプラスチックのボトル入り。

(C)UC Spaceflight




3740051561_938a02333b

手を伸ばして空へ向かう
テディたちがりりしいです。





     (C)UC Spaceflight




3740852456_b35e638cc5_2

こちらの写真では
下界が写ってますね。
川が日に照らされています。

(C)UC Spaceflight






3740847574_56d799e89a
こちらは
スズのホイルにくるまって
プラスチックのボトルに入った
宇宙飛行士テディたち。

背景の地球の美しいこと!!


(C)UC Spaceflight






ケンブリッジ大学のSpaceflightクラブのHP、ケンブリッジ大学のHP、下記にご紹介したニュースサイトの記事などの英文を私が解釈したところによりますと・・・

ケンブリッジ大学の宇宙飛行クラブは2008年12月1日に宇宙服を着た4対のテディベアを空へ飛ばす実験をおこなったようです。
宇宙服のデザインをしたのは地元の11~12歳の小学生たち。この実験は成層圏でどのテディベアの宇宙服が一番寒さを防ぐことができるかを調べるためのもので、スズのホイル(tin foil)をまとったり、プラスチックのボトルに入れられたテディベア宇宙飛行士も空を飛んだようです。
ヘリウムガスの気球で空に飛んでいったテディベアたち。飛行は成層圏10万フィート(30km)まで達し、
経験した寒さは氷点下40度~53度。その飛行時間は2時間9分。
最後は打上げ地点から50マイル(80km)離れた場所にパラシュートで無事着地したようですね。
着地地点の様子はテディベアたちがGPSも搭載していたため、追跡できたようです。

記事の詳細はそれぞれのHPをご覧ください。

まずは
1)ケンブリッジ大学のHPではNEWS and Eventsの2008年12月4日の記事(ttp://www.admin.cam.ac.uk/news/dp/2008120401)を。
見出しが洒落っ気があるんです。
「Teds in space – One small step for bears, a giant leap for Cambridge outreach」 
「熊にとっては小さな一歩だが、ケンブリッジ大学の地域の教育普及活動にとっては大きな飛躍である」と書かれていますが、この言葉はもちろん、1969年7月20日に人類としてはじめて月面に降り立ったアームストロング船長のThat’s one small step for a man, one giant leap for mankind.「それは、一人の人間にとっては
小さな一歩であるが、人類にとっては大きな飛躍である」をもじっているのですね。

宇宙飛行士テディベアのことを宇宙飛行士という意味のアストロノートastronautをもじってTeddy-nautsって表記してますね。

2)
ケンブリッジ大学の宇宙飛行(Cambridge University Spaceflight)クラブのHPはこちら。
テディベア宇宙飛行のプロジェクト名は「NOVA 9」。
NEWSを開くと、2008年12月1日のところに、 「Space teddies return safely」 (宇宙飛行士テディベアたちが無事帰還)という見出しの記事があります。

3)画像が豊富なのはイギリスのMail Online」の2008年12月4日の記事。
(ttp://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1091896/Out-world-British-teddy-bears-strapped-helium-weather-balloon-reach-edge-space.html)
小学生たちが発射前の4対のテディベアの装置を手にしている写真、パラシュートでの降下、着地写真もあります。

4)イギリスの
Telegraphの2008年12月4日の記事はこちら。

Nekoashiatojpg

さて、無事帰還したテディベアたち、「宇宙遊泳した」と言っていいかと言うと・・・
国際航空連盟(Federation  Aeronautique Internationale: FAI)は、高度100kmから上を宇宙と定義しています。
ですので、高度30kmだと「宇宙」には達してはいないのですね。
ですが、宇宙服を着たテディたちの背景には地球の丸い弧が見えます。地球のへりが宇宙へ向かって水色、青、濃い藍色となってゆく様子もしっかり写っていますね。宇宙飛行士が宇宙から地球を眺めるのと同じくらいの眺めをテディベアたちは凍えそうになりながら目撃していたのです!
宇宙服を着て危険&極寒でのミッションを果たしたテディたちに拍手です。

             shinespecial thanks to UC Spaceflight

テディベアシリーズをはじめ【宇宙へ行った人気キャラクターシリーズINDEX】はこちら

2010年2月11日 (木)

宇宙へ行った人気キャラクター(その6)---ミッフィー(後編)ミッフィーは宇宙へ行っていた

2月1日にコニカミノルタプラネタリウムの番組『ミッフィーと星のおはなし』をご紹介しました。この時はミッフィーが宇宙に行く絵本をみつけられていなかったのですが、発見できました!
それは『ミッフィーのゆめ』。NHKでアニメとしても放映されていたようで、その映像はキングレコードからVHSとして販売されています。

『ミッフィーのゆめ』。すっごくいいです。原題(オランダ語)は『nijntje's droom』。
ミッフィーファンならご存知の方も多いことと思いますが、Nijntje(ナインチェ)がミッフィーの本名。日本では最初に「うさこちゃん」として紹介され、その後、Miffy(ミッフィー)という呼び方がポピュラーになりましたね。droom(ドローム)はオランダ語で夢のこと。ですので『nijntje's droom』が『ミッフィーのゆめ/Miffy's Dream』になるのですね。

Nijntje's droom / druk 1
Nijntje's droom / druk 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑私が購入したのはこちら。オランダ語版ですが、言葉がなくお話が絵だけで進むのでノープロブレム。イマジネーションをふくらませて奥深く楽しめます。表紙が藍色にみえると思うのですが写真の撮り方のせいではないかと。私が持っている本の表紙は下の英語版ぐらいの青です。

Miffy's Dream (Miffy's Library)
Miffy's Dream (Miffy's Library)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑こちらは英語版。私は未見ですが、こちらも言葉はまったくないようですね。

ミッフィーのゆめ (ミッフィーはじめてのえほん) ミッフィーのゆめ (ミッフィーはじめてのえほん)
Dick Bruna

講談社 2004-10
売り上げランキング : 401682

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑こちらが、日本語版。ふなざきやすこさんが日本語を添えています。

この作品に私が出会った順番は、ビデオ『ミッフィーのゆめ』→絵本・原書『nijntje's droom』→絵本・日本語付き『ミッフィーのゆめ』でした。
これからこの作品に触れてみようと思われる方は、日本語版を一番あとまわしにした方がいいと思います。というのは、原書『nijntje's droom』は文章はまったく無く、絵だけで展開するのですが、日本語版にはそれぞれの絵に文章が添えられているのです。それがご自身のイメージを限定しかねないので。

もちろん、ふなざきさんの言葉はリズム感・やわらかさがとても素敵です。ビデオ&原書でイメージを膨らましたあとで、日本語版を読んで「自分のイメージどおり」とか「この絵にこういう言葉がきたか、なるほど」って楽しむのがいいと思います。(ビデオ、原書に出会いにくい方は、もちろん日本語版でお楽しみください。子供へのおやすみまえの読み聞かせの一冊にぴったり!)

さて、『ブルーナビデオ絵本館 第2集』の『ミッフィーのゆめ』は4分ほどの作品ですが秀逸!!!! このビデオに収録されている4作品すべて面白いのですが、『ミッフィーのゆめ』は異色です。
というのは他の作品は4分ほどの全編通して、ナレーションやミッフィーの言葉が吹き込まれているのです。ところが、『ミッフィーのゆめ』は冒頭の「ミッフィーのゆめ」というタイトルコールと、「ミッフィーちゃんはすてきなゆめをみたの」のセリフのあとは一切言葉が無いのです。アニメと音楽だけでお話が進んでいきます。それがかえって、夢の中のような雰囲気をかもしだしています。

21世紀の今、CG多用の凝ったアニメが多い中で、ミッフィーのアニメは新鮮です。立体感がなくぺったりしたブルーナさんのイラスト。色も白、黒、青、赤、黄色、緑。シンプルの極み。それなのに、ミッフィーが白い雲に乗って空を飛ぶ浮遊感、三日月のすぺり台から、雲の上に着地した時に白い雲の上でほわんと弾む体感etc.が伝わってくるのですからすごいです。

プラネタリウム番組『ミッフィーと星のおはなし』でもこんなふうにミッフィーは流れ星にのって星空散歩を楽しむのでしょうか。さらにこの番組をみてみたくなりました!

さて、ブルーナビデオ絵本館の『ミッフィーのゆめ』。音楽にもやられました。
どんな音楽だと思われますか。オルゴールできらきら星を奏でるような、なんて想像のはるか斜め上をいきます。結構シュール。「あどけない、ファンタジックな音楽」というよりも「幻想的」。ドビュッシーの『夢』『牧神の午後』に近いテイストなんです。

シンプルな絵本を忠実に再現しながら、絵の動かし方もいいし、音楽もいいし、大人も楽しめるビデオです。


cloudmoon3メモ
絵本『ミッフィーのゆめ』に関して。
日本語版は1981年版、1995年版、2004年版があるようです。
3冊とも文はふなざきやすこさんですが、81年版と95年版は言葉が少し違っています。2004年版は95年の装丁を変えて発行したものなので言葉は同じですね。また、81年版は明朝体で書かれています。
このブログではAmazon.fo.jpでの2004年版をご紹介しましたが、81年版95年版のページもありますので「ミッフィーのゆめ」で検索してみてください。(2010.2.11現在いずれの版も新品はないようです)

ビデオ『ミッフィーのゆめ』に関して。
『ブルーナビデオ絵本館』はキングレコードのこちらのページでラインナップが紹介されています。ttp://www.kingrecords-eshop.jp/shop/ProductDetail.do?pid=010402-0002(2010.2.11現在)
『ミッフィーのゆめ』が収録されているのは第2集です。
1話め『ミッフィーとがっこう』ではミッフィーの描く絵が前衛的でくすっとなります。
2話めの『こいぬのスナッフィー』ではブルーナさんの手にかかるとかたつむりもこうくるか!とうならされます。
3話めの『だれのたまご』では黒猫もかわいいです。
このビデオ、都内ですと何箇所かの図書館で所蔵あります。「ブルーナビデオ絵本館」「ミッフィーのゆめ」などのワードで図書館の蔵書検索をしてみてください。

ミッフィー前編ほか【宇宙へ行った人気キャラクターシリーズINDEX】はこちら

2010年2月 4日 (木)

宇宙へ行った人気キャラクター(その8)---ムーミン

宇宙へ行った人気キャラクターシリーズでは、多くの人に愛されているキャラクターが宇宙に行った話、宇宙服を着ている姿を紹介しています。第八弾はムーミンです。

日本で放送されたテレビアニメの『ムーミン』の中に宇宙服を着たムーミンが月をめざすお話をみつけました。

日本でのテレビアニメのムーミンについてざっとご紹介しますと、昭和から平成にかけて、3作放映されています。

1)『ムーミン』1969~1970年版

2)『ムーミン』1972版

1)と2) ストーリーはトーベ・ヤンソンさんの原作から離れた日本の独自性の高いもののようです。

3)『楽しいムーミン一家』1990~1992年放映。
1)、2)より原作に忠実な作品のようです。
3)について、ムーミンの公式サイト(ttp://www.moomin.co.jp/)→データ→アニメーションでは
原作童話などをベースにストーリーがつくられたこと。後半はそれでは足りなくなり、オリジナルストーリーがつくられたり、ムーミンコミックスを原作にしたことが書かれています。
トーベ・ヤンソンと弟のラルス・ヤンソンがキャラクター、ストーリーの監修もしていたようですね。


さて、宇宙服を着たムーミンが登場するお話は、1)の『ムーミン』の第19話。
 
『月着陸OK!』
というお話。1970年2月8日放映です。アポロ11号が人類初の月面着陸を成功させたのが1969年7月20日。それを受けて作られた話なのでしょうね。

旧ムーミンと呼ばれるこのシリーズ。バンダイからレーザーディスクが出ていることがわかりました。東京&近郊の図書館で所蔵しているところを調べ、一箇所みつけました。
それは、さいたま市にある大宮西部図書館。
貸し出しはおこなっておらず、館内視聴のみなので、さいたま市の図書館の利用券を持たない人でも図書館に行きさえすれば見ることができます。

早速行ってきました~。感動。懐かしい歌とムーミンの映像。
『月着陸OK!』のお話を再現してみましょう。

ノンノンの兄、スノークが新しいガスを発明。そのガスを詰めた気球船を作って月に行くことを思いつきます。ムーミン谷で「宇宙時代の英雄を求む!」と宇宙飛行士の募集がおこなわれました。
でも、危険がともなうことに躊躇して応募する人は誰もいません。

ところで、ノンノンは月にウサギはいると思っていました。ムーミンは、ノンノンがいると思うなら僕も月にウサギがいる、と考えていました。
ウサギがいるわけがないと主張するスノークに対し、ムーミンはノンノンをかばって「月に絶対ウサギがいる」と主張。売り言葉に買い言葉となって、ムーミンが月に行ってウサギを取ってくる、という展開になってしまうのでした。

クリーム色の宇宙服を着たムーミンはみんなに見守られて宇宙へと出発します。
厚い雲に巻き込まれ、しばらく地上との交信が途絶えたムーミン。
心配するみんなのもとに、しばらくして、ムーミンから月に着陸したという通信がはいります。
「見渡すかぎり岩だらけ」というムーミンからの報告に、スノークたちはムーミンが静かの海に着陸したと推測しました。
ムーミンは「私の一歩は小さいがムーミン谷にとっては大きな一歩です」とみんなに伝えます(完全にアポロの月面着陸をなぞらえていますね!)。
ところが、ムーミンにトラブルが・・・。
ムーミンを載せてきた月気球船がしぼんでしまったのです。このままでは地球に戻ることができません。途方にくれるムーミンの前になんとウサギが現れました。
ムーミンは月にウサギがいたことをみんなに報告。地球に戻れなくても月の探索を続ける!と勇気を出したムーミンが見たものは・・・・ネタバレになるのでお話の紹介はこのへんで。
ちなみに最後はムーミンは胴上げをされます。「わあ~無重力状態だ~」でお話はthe end。

Moominmoon1 このテレビアニメを元にした絵本が出版されていることもわかりました。
『ムーミンつきへいく/ラーテレビ版ムーミン名作絵ばなし』講談社 1970年11月出版。

テレビアニメの『月着陸OK!』とは若干違っています。ムーミンの宇宙服もオレンジ色。
でも、楽しいお話になっています。

Moominmoon2




↑図書館でみつけましたが、40年前の本なのでかなり年季がはいっています

↑綴じも修理をされていて、少し開きにくいページもありました。

でも、トーベ・ヤンソンさんはムーミンが宇宙服を着た話を書いていないはずなので、私にとってはとても貴重です。『月着陸OK!』のレーザーディスクより、この絵本の方が所蔵している図書館は多そう。それぞれの都道府県の一番大きな図書館クラスだったあるかも。ぜひ興味のある方は地元の図書館のOPACで検索してみてください。

ジグゾーパズルで「ムーミン一家の宇宙旅行」というものをみつけました。星の光がキラキラ美しい色調です。

500ピース ムーミン一家の宇宙旅行 AS-500-114
500ピース ムーミン一家の宇宙旅行 AS-500-114
おすすめ平均
stars(^_^)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Nekoashiatojpg

メモ
『月着陸OK!』→バンダイから出ているレーザーディスク『ムーミン』vol 5(品番 
BELL-293)に収録。

大宮西部図書館所蔵のレーザーディスクリスト→ttp://www.lib.city.saitama.jp/zosyojyoho/omiyaseibuld_jidou.html
(2010.2.4現在のURLです)。

※『月着陸OK!』は図書館で一度視聴しながらメモを取ったので再現は正確ではないかもしれません。

【宇宙へ行った人気キャラクターシリーズINDEX】はこちら

2010年2月 3日 (水)

宇宙へ行った人気キャラクター(その7)---キティちゃん

Tanegashimakittyup_3 宇宙へ行った人気キャラクター、7番目の登場はキティちゃんです。
ご当地キティちゃんシリーズに、宇宙服を着たキティちゃんがいるのです。

それは種子島のキティちゃん。きっと、種子島には宇宙センターがあるからなのですね。

Tanegashimakitty_2 種子島限定、宇宙飛行士バージョンと書かれています。タオルもあったようですが、私が買ったのは根付。著作は株式会社サンリオ。
発売元ははっぴぃえんどと書かれています。

ストラップがついているので、携帯にもぶら下げられますね。キティちゃんとダニエルくんが宇宙服を着ています。ヘルメットは開きます。

後姿はこんなかんじ。足からヘルメットのてっぺんまでの体長は2.5センチぐらいです。
小さくてかわいいですよ。





私はこちらで買いました。今日現在、在庫は残り1個のようです。売れきれてしまったらごめんなさい。
鹿児島限定種子島宇宙飛行士キティ根付




catつくばにも宇宙服姿のご当地キティちゃんがいるそうですし、マクドナルドのフェアで宇宙服姿のキティちゃんのぬいぐるみがつくられたこともあるとかききましたが、私は未入手です。

(2013.1.17追記)
葉祥明さんのポストカードを購入しました。漆黒の宇宙に大気の青のグラデーションが美しい「From the Earth to the Earth」と「星の王子さま」。

このポストカードを背景にしたキティたちを。

キティちゃんの宇宙遊泳。
20130117spacesuit_kitty2
ダニエルくんの宇宙遊泳。
20130117spacesuit_kitty4
2人のランデブー遊泳。
20130117spacesuit_kitty5
「星の王子さま」の星に着陸して、星の王子さまに挨拶するキティ宇宙飛行士。
20130117spacesuit_kitty6

【宇宙へ行った人気キャラクターシリーズINDEX】 はこちら

2010年2月 1日 (月)

宇宙へ行った人気キャラクター(その6)---ミッフィー(前編)

宇宙へ行った人気キャラクターシリーズ。調べはじめると、なかなか面白くてつい夢中になってしまいます。

続いてはミッフィーちゃん。

うさこちゃんとうみ (子どもがはじめてであう絵本) うさこちゃんとうみ (子どもがはじめてであう絵本)
Dick Bruna

福音館書店 2000


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

絵本やグッズで、宇宙に行ったおはなしや宇宙服姿のミッフィーちゃんがあるかというと、それはいまのところ、発見できていないのです(2010.2.11追記。発見しました)。が、プラネタリウムの番組でミッフィーちゃんが星空を旅していたことがわかったのです。

それは、コニカミノルタプラネタリウム株式会社さんが配給している番組、
「ミッフィーと星のおはなし」。

コニカミノルタプラネタリウムのトップページ(ttp://konicaminolta.jp/planetarium/)→「コンテンツ情報」のキャラクター番組→「ミッフィーと星のおはなし」の「詳細へ」をクリック。

ミッフィーが流れ星に乗って星空を旅するおはなしのようです。星の形や色のあてっこ遊びもできるようですね。夢があって素敵~。


今すぐにでも見たいところ。2003年から何回も上映されているようですが、
2010.2.1現在の上映館は

和歌山市立こども科学館(ttp://www.city.wakayama.wakayama.jp/kodomo/)にて
2010年3月14日まで

ソフィア堺(ttp://www.sofia-sakai.com/institution/planet.html)にて
2010年5月23日まで

のようですね。

日本全国のプラネタリウムを調べたわけではないので、まだ他にも上映中の館があるかも。また、上記のプラネタリウムもお出かけになる時はあらためて上映期間、休館日などの情報をお確かめください。

すぐにはこの番組を見にいけないけれど、いつか絶対見たい!!です。
ありがたいことにコニカミノルタプラネタリウムさんのサイトの左サイドの「シナリオダウンロード」内を辿ると、「ミッフィーと星のおはなし」のシナリオが読めるんですよ。happy01

上記画像の絵本「うさこちゃんとうみ」は、プラネタリウム番組「ミッフィーと星のおはなし」とは関係ありません。また、ミッフィー(うさこちゃん)が宇宙に行く話でもありませんが、気に入っている絵本なのでご紹介しました。
海水パンツ姿のうさこちゃんの愛らしいこと。貝も出てくるのですが、ブルーナさんの手にかかると、貝ですら複雑な色使いじゃなくてシンプルなのに美しくって、素敵なんですよ。

ミッフィー後編ほか【宇宙へ行った人気キャラクターシリーズINDEX】はこちら

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。