« 私が見たい私 | トップページ | 本堂の人天蓋は雪の結晶の形! »

2010年2月28日 (日)

銀盤の女王は銀がふさわしい

フィギュアスケート。女子シングルのフリープログラム。特に印象に残った選手を独断で。

鈴木明子。すばらしかった。世界中の人に見てほしい、魂の底から弾けるようなステップ。五輪で披露できて本当によかったでした。この大会で「ハツラツ」っていう言葉が一番ぴったりの演技だったのが鈴木明子と長洲未来だったのでは。
会場が盛り上がるのがテレビ越しに感じられて、いい演技は言葉を超えて伝わるんだとうれしくなりました。
鈴木明子本人が演技後、感極まる様子に、「自分自身が感動できる演技ができて本当におめでとう」とこちらまで幸せな気持ちになりました。
見所のステップ、アップで映してほしいところが引きになってしまっていてカメラワークは全日本の時の方がよかったかも。でも、多くの人が、全日本のフリーetc.を探して視聴するでしょう。今回の五輪を機にさらに注目される選手の一人ですね。


浅田真央。とにかく立派でした。

ショートの後、<この大会で勝たせたいのは誰か>を本人は察してしまわなかったのでしょうか。

2位として挑むフリー。
私が浅田真央の立場だったら、自分の前に滑ったキムヨナに対して出た途方もなく高い点に、動揺&虚脱してしまったでしょう。
そして、演技中、氷の溝にエッジが引っかかった時、「この大会では神すら私に味方をしないのか」と絶望してしまったでしょう。
でも彼女はたて直し、最後まで渾身の滑り。
演技の後は、ショートの後のような晴れやかな笑顔はなく、鎮痛な表情。本当にせつないです。
・・・
キム・ヨナの演技の後、音楽で耳を塞いで、下を向いている浅田真央がテレビで映りましたが、あれも本当にせつなかった。
目をそむけても、最大のボリュームの音楽で耳を塞いでも、キム・ヨナが沸き起こした喝采や熱気、高得点は浅田真央に伝わってしまっているんだなと。

キム・ヨナが五輪という大舞台のフリーでノーミス&あれだけの演技ができたのは賞賛に値します。だけど、果たしてどのくらいプレッシャーがあったのでしょうか。
ジャンプを一つぐらい転倒したとしても高い点は出るという自信があったのであれば、さほど「ミスしたら致命的」という想いはないでしょう。一方、浅田真央は。難度の高いトリプルアクセルを2度というハイリスクのプログラム。ミスしたら、勝てない。それどころかロシェットにも追いつかれる。プログラムも休みどころの間がないので、ずれてしまったらリカバリーも難しい。抱えているプレッシャーは誰よりも大きかったはずです。だからこそ、そのプレッシャーの中で決めた2つのトリプルアクセル。尋常じゃない精神力と技術力とスタミナで4分間、あの激しい曲を滑りきること。全身で表現しきったことをもっと評価されてほしかったです。(後半のジャンプは1.1倍。それは体力を消耗してから決めるジャンプだから、となっているわけですが、前半に体力の消耗するトリプルアクセルを2つ決めた選手には後半のジャンプは1.3倍にする、とか評価のしようはあると思います)。
・・・
負けた時に人柄って出ますね。
直後のインタビューは涙をこらえきれなかったけれど、一生懸命おさえていましたね。19歳の女の子だったら、涙を武器にしたっていいのに。嗚咽になりそうなのを必死にこらえて、おさまってから答えるところにサムライ魂すら感じました。弁解なし。ジャッジに不平は言わず、エッジの不運も語らず、自分の負けを認める潔さでした。

金メダルを持ってかえってほしかったですが、今の日本には浅田真央が銀メダルを取ったことの方が、励みとお手本になる気がしました。
負けた時、不遇な立場にいる時、どうすべきかという。

素顔はふわっとしていて、天然に見えるけれど、今まで彼女の発言で、「うかつ」なものって目にしたことがないです。他の選手を落とす発言は一切しません、負けた時も他に転嫁する言い訳はなし。気をつけて言葉を選んでいるのでしょうか。涙が止まらないくらい悔しい時でもそれができるのでしょうか。高潔な精神が宿っている真のアスリート。

今日の4chのインタビューでは、少しすっきりした顔だったのでほっとしました。VTRの演技を見ながら、自分で自分のことをきちんと分析しているところにさらに好感を持ちました。
エッジがひっかかったことも、決して「氷が荒れていてそこにエッジがひっかかって不運」目線ではないんですよね。「トリプルアクセルジャンプを飛んだりして、足が疲れてきて、力を入れたせいでひっかかってしまって」と自分の責任目線で語る。
彼女のスケートと人間性のすばらしさが負けたことによってさらに引き立った気がしました。

NHKに太田由希奈がゲストで登場。言葉を選びながら女子フリーの勝敗について語り、「銀盤の女王ってやっぱり銀なのかな」と発言した時はGJと思いました。

惜しむらくは滑走順の直後がロシェットだったこと。「鐘」は重厚な異質な曲だけど、浅田真央がこの曲でリンクをどんなに空気に包むのか楽しみだったのに、結果待ちの間のロシェットのリンクの登場ですぐに空気がかき消されてしまったのかしら、と。この曲を選んだ「甲斐」をもっと味合わってほしかったです。


キム・ヨナ。3要素(ジャンプ、スパイラル、スピン)以外が好み。優美なスケーティング。
官能的(表情や振り付けが、という意味ではなくて、氷とエッジの関係が)です。まるで肌をやさしく撫でるようにスーッと曲線を描くエッジ。自分がリンクの氷になったような気分になります。
アロマオイルマッサージの上手な人の指みたい。肌に爪を立てることなく、たえずなめらかに肌を撫でてゆく。、ピアノのポンポンという音に合わせ、体重を感じさせず、指で鍵盤をつまびくぐらいの軽さでステップをするところなどエステティシャンのタッピングのよう。
もしブレードからインクが出ていたら、大きな紙に文字を書く書道アートみたいに、氷の上にカリグラフィーさながらの優雅な曲線を描いているでしょうね。
上半身の振り付けもクラシックバレエ系とは一味違う動きだけど、洗練されています。ジャンプの直後も同じではなくて、両手を左右にふらーんとなびかせるとか。とにかく動きのバリエーションが豊富。こんな風に動くと綺麗なんだ、音楽に合わせると心地いいんだっていう一瞬一瞬がいっぱいあります。

それでも、洒落た上半身の動きの難度、全体の運動量・・・と考えると、浅田真央の方が密度が濃いような。
二人のジャンプに対する評価も、難度の高いトリプルアクセルに挑む方が損になってしまうのは・・・。(誰もができるわけではないトリプルアクセル。しかもクリーンに決めるのが難しいトリプルアクセルが基礎点、8.20でフリーの1回目の出来栄え点が0.80。フリーの次のトリプルアクセル+ダブルトーループのコンビが基礎点9.50で出来栄え点0.20。一方キムヨナはトリプルルッツ+トリプルトーループで基礎点すら10点と上回り、さらに出来栄え点が2.00。飛距離よりあのふわっと舞ってふわっと降りる浅田真央のトリプルアクセルはもっと出来栄え点がついたらいいのに、快挙であるトリプルアクセルが労多く、リスク多く、益少なし)
二人を比較してみると、基礎点の設定も出来栄え点も私自身の印象とは違っています。

ぜんぜん違うスケートを滑る二人を、一つのものさしで評価せざるをえないとしたら、採点競技って難しいですね。


長洲未来。最後が彼女でよかった。リンクに吹く爽やかな風。ロシェットが終わった時点で観客の注意が散漫になってしまうこともありえたのに、ぐいぐいとみんなを惹きつけたのも天性の力でしょう。ジャンプもステップもポジションもすばらしかったです。銅メダルでもおかしくないくらいの演技だったと思います。
・・・・・
今日の読売新聞の編集手帳に泣かされました。浅田真央のことをキスアンドクライに触れ、最後は

あなたには、今日の「クライ」を明日の「キス」に変えられる若さがある。時間がある。
とエールを送っています。
※青字は引用部分。
・・・・・
(2010.3.4追記。佐藤浩市が出てくる車のCM「全力で負けたあなたは勝ったときと同じくらいかっこよかった」を今朝見て思いました。この言葉って五輪の時期も意識して作られたものだったのかしら。いい言葉ですね)

« 私が見たい私 | トップページ | 本堂の人天蓋は雪の結晶の形! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私が見たい私 | トップページ | 本堂の人天蓋は雪の結晶の形! »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。