« “満天”で「平原綾香  いのちの星の詩(うた)」をみました。 | トップページ | 2010年の桃源郷に行ってきました »

2010年3月19日 (金)

宇宙へ行った人気キャラクター(その9)---テディベアpart3.1995年テディベア宇宙へ行く

日本の文献でこのことについて書いているものを目にしていないのですが、テディベアは1995年に宇宙へ行っているようです。

ネットでみつけた主な資料3つ(すべて英語)によると、

1995年2月、STS-63のスペースシャトル・ディスカバリーで、テディベアは宇宙に行きました。
これは子供たちに地理、科学、社会学などに興味を持たせるため、テディベアを世界各地に冒険旅行をさせているコロラドの小学校のプロジェクトの一環。NASAの協力のもと、テディベアが宇宙に行くことになったようです。

名前は「マゼラン」という名前の青いテディベアです。現在は、アメリカ・国立航空宇宙博物館に展示されているようですが、マゼランくんのいい写真をみつけました。
アメリカ在住のJoshua Daniel Franklin氏が、博物館に行かれた時の様子をご紹介しているこちらのページです。
【Franklins' Mid-Atlantic Trip, 2003 June 28 - July 】
Page 7, Washington, DC: National Air and Space Museum, Hirshhorn Museum, Lincoln Memorial, and Reagan Center
Joshua氏にコンタクトを取ったところ、ありがたいことに私のこのブログで写真を掲載することを快諾してくださったのでご紹介します。

Magellantbearbymrjosyua こちらが
マゼランくん。

宇宙服ではなく、サファリルックのような
飛行服を着ています。
歴史的冒険家にちなんだ名前の
マゼランくん。
オーストラリアの元首相にあったり、
南極に行ったり。
日本にも来たことがあるようです。 


             photo by Mr. Joshua Daniel Flanklin

マゼランくんが宇宙に行ったというエピソードは、私が以下の英文資料を読んで把握したことです。
各サイトからの引用文は青文字。私による訳はすみれ色で表示しますが、英語力は自信ないです。参考程度にして、原文をご自身でお確かめください。

<1995年に宇宙に行った青いテディベア「マゼラン」くんについて>

①アメリカ・国立航空宇宙博物館(The National Air and Space Museum)のサイト(ttp://www.nasm.si.edu/)。
トップページ→Collections→Browse Object Collections

2010.3.19現在、直接のページはこちら(ttp://www.nasm.si.edu/collections/artifact.cfm?id=A19980134000)

タイトル
「Toy, Stuffed, Teddy Bear (Magellan T. Bear), STS-63」 「テディベアのぬいぐるみ(マゼラン)、STS-63」

The  Magellan T. Bear, manufactured by the North American Bear Company,became the first official teddy bear in space, flying as the "education specialist" aboard Space Shuttle Discovery on the STS-63 mission in February 1995.
ノースアメリカンベアカンパニー製のテディベア、名前は「マゼラン」は公式に宇宙へ行った最初のテディベアとなりました。1995年2月、STS-63のミッションのスペースシャトル・ディスカバリー号に乗船、”教育のスペシャリスト”として宇宙へ飛びました。

The bear's journey was part of an ambitious educational project to stimulate interest in geography, science, and social studies. Students and faculty of Elk Creek Elementary School in Pine, Colorado, worked with NASA and Spacehab to have the teddy bear certified for spaceflight.
このテディベアの旅は、地理、科学、社会学への興味を刺激するための高邁なプロジェクトの一つです。
アメリカ・コロラドにあるElk Creek 小学校の先生や生徒は、NASAやスペースハブ
(私メモ:シャトルでの居住実験モジュール、スペースハブのことではなくて、スペースハブ社のことかも)とともに、テディベアの宇宙飛行が認定されるための活動をおこないました。

The school also arranged for the bear to fly around the world, visit the South Pole,fly on United Airlines' first Boeing 777 flight, and attend U.S. Space Camp.
Elk Creek 小学校はテディベアが世界を飛び回ったり、南極を訪ねたり、ユナイテッド航空ボーイング777の初飛行に搭乗したり、アメリカのスペースキャンプ(私メモ:NASAが地上で子供達におこなう、宇宙旅行体験の実習カリキュラム) 参加するなどの活動も手がけました

How Products Are Made(ttp://www.madehow.com/)というサイト。
Volume 3→Teddy Bear
2010.3.19現在、直接のページはこちら(ttp://www.madehow.com/Volume-3/Teddy-Bear.html)

The Future という章から抜粋


A teddy bear has even flown on the Space Shuttle when, in February 1995,Magellan T. Bear from the Elk Creek Elementary School in Pine, Colorado,joined a NASA mission as the school's ambassador.
テディベアはすでに1995年2月にスペースシャトルに乗って宇宙飛行をしています。コロラドにあるElk Creek 小学校のテディベア「マゼラン」は学校の大使としてNASAのミッションに参加しました。

「People」という雑誌の1995年2月6日号 p54
ネットでは2010.3.19現在(ttp://www.people.com/people/archive/article/0,,20104997,00.html)で公開されています。

タイトル
「The Fur Flies (※Fur は柔らかい毛の動物のこと)
A Colorado Elementary School Sends Its Hopes—and Its Fuzzy Mascot—into Orbit(コロラドの小学校は自分たちのホープ、すなわち、ぬいぐるみのマスコットを宇宙の軌道へ送った)
というタイトルの記事です。

HE WILL BE THE ONLY ASTRONAUT, so far at least, to orbit the earth in a Ziploc bag. But then, no one wants fur floating all over the cabin. Weighing less than a six-pack of Tang would, Magellan T. Bear (fuzzy, stuffed and blue) will hit the outer limits of fame when he joins a NASA space mission on Feb. 2.
彼は少なくとも今のところ、ジップロックの袋に入って地球の軌道に乗ったただ一人の宇宙飛行士だろう。しかし一方、誰もテディベア(テディベアの毛?)がキャビンの中を飛び回るのを望んでいなかった。
6パックのTang(不明)より軽い、テディベア「マゼラン」(青いぬいぐるみです)は2月2日のNASAの宇宙ミッションに参加した時、大きな名声を手に入れた。 
(訳自信ないです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このあと、Elk Creek 小学校の「マゼラン」を使ったプロジェクトのことが書かれています。
マゼランは日本を訪ねたこともあるようです。


After the six-member Discovery crew touches down at the Kennedy Space Center on Feb. 10, Magellan—decked out in space togs and helmet—has an appointment with the mouse at Walt Disney World.
ディスカバリー号の6人のクルーが1995年2月10日、ケネディー宇宙センターヘ着陸したあと、宇宙服とヘルメットで正装したマゼランはディズニーワールドのねずみとの約束が待っていた。 と書かれています。

shineメモ
マゼランくんは国立宇宙博物館の「How Things Fly 」」(ttp://www.nasm.si.edu/exhibitions/gal109/)というコーナーに展示されているようです。
なぜ物体が空を飛べるのか、無重力状態で人間や物体どうなるのか、などのことを研究展示しているコーナーのようですね。

国立航空宇宙博物館のサイトではマゼランくんの身に着けているものの画像がみられます。
1)Aviator Goggles, "Magellan T. Bear"(飛行士ゴーグル)ttp://www.nasm.si.edu/collections/artifact.cfm?id=A19980137000

2)Aviator Scarf, "Magellan T. Bear"(飛行士スカーフ)
ttp://www.nasm.si.edu/collections/artifact.cfm?id=A19980138000
この画像ではマゼランの顔がアップでみられます。

3)Aviator Suit, Magellan T. Bear(飛行服)
ttp://www.nasm.si.edu/collections/artifact.cfm?id=A19980135000
This is the flight suit for the toy teddy bear Magellan T. Bear. (これはテディベア「マゼラン」の飛行服です)と説明されています。宇宙服ではなくて飛行服。

4)Astronaut Suit, Magellan T. Bear(宇宙服)
ttp://www.nasm.si.edu/collections/artifact.cfm?id=A19980139000

5)Helmet, Aviator Cap, Magellan T. Bear(ヘルメット、飛行帽)ttp://www.nasm.si.edu/collections/artifact.cfm?id=A19980136000
・・・・・・・・
ttp://www.nasm.si.edu/imageDetail.cfm?imageID=1430 →マゼランくん仁王立ち画像。
なびくスカーフをみていると星の王子さまを思い出しませんか。

テディベアシリーズをはじめ【宇宙へ行った人気キャラクターシリーズINDEX】はこちら

« “満天”で「平原綾香  いのちの星の詩(うた)」をみました。 | トップページ | 2010年の桃源郷に行ってきました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« “満天”で「平原綾香  いのちの星の詩(うた)」をみました。 | トップページ | 2010年の桃源郷に行ってきました »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。