« ブルーウィロー(その4)---blue&whiteの魅力 | トップページ | 黄緑色の八重桜も素敵 »

2010年4月18日 (日)

ブルーウィロー(その5)---ピーターラビットとブルーウィロー

ピーターラビットの絵本シリーズにブルーウィローが登場していることがわかりました。

ブルーウィローの魅力をブログで語っている方が何人もいらっしゃいます。
いろんなお料理をブルーウィローに盛り付けた写真を拝見すると、ブルーウィローってどんな料理にも映えるなあと魅入ってしまいます。

私が愉しませていただいているブログの一つが、あねむさんの「夕方日記」(ttp://ameblo.jp/anem/)。

「夕方日記」は、ブルーウィローだけではなく、いろんな食器の選び方、盛り付け方のセンスがとてもよく、折々登場する薔薇も眼福なのですが、興味深い記事があります。

名作の中に登場するブルーウィローについて書かれているのです。
『赤毛のアン』の二作目『アンの青春』⇒(夕方日記/2008年4月28日)

ピーターラビットの絵本シリーズの『グロースターの仕立て屋』⇒(夕方日記/2008年11月17日)

上記の「夕方日記」を拝読してうれしくなりました。私が愛読していたアンシリーズにブルーウィローが書かれていたなんて。日本語訳は「呉須焼きのお皿」となっていたのですね。日本語で本を読んだだけではわからないことでした。

『グロースターの仕立て屋』では、ブルーウィローが絵に描かれているんです。楼閣もばっちり! 
ピーターラビットの作者のビアトリクス・ポターさんはスケッチがお好きで、毛虫やいろんなもののスケッチを残していますね。南方熊楠っぽいところがあった方なのだなと。
だからこそ架空の絵柄ではなくて、ブルーウィローをスケッチして描いたのでしょうね。

他のお話でも出てこないかしら。
調べもの魂が燃えて、ガサガサ(図書館の本をめくる音)、カタカタ(PCでネットを見まくる音)。

cat成果あり。他にも発見しました~。

ピーターラビットシリーズでは
『キツネどんのおはなし(原題:The Tale of Mr Tod)』にもブルーウィローは登場しています。


Benjamin sighed with relief.But there were preparations upon the kitchen table which made him shudder.There was an immense empty pie dish of blue willow pattern, and a largecarving knife and fork, and a chopper.

ベンジャミンは ほっと あんしんしました。でも テーブルの上には おりょうりのしたくが してあるので、 これを見ると、ベンジャミンは ぞっとしました。そこには、
青いやなぎのもようのついた とても大きなパイざら----まだ からでした---や、大きな肉きりナイフや でばぼうちょうなどが のっていたのです。

絵はモノクロなので、テーブルに乗っているお皿がブルーウィローの柄かは識別できませんが、原文ではまさに「blue willow pattern」と出てきますね。

ネットでこのお話の原文と中国語の文章を紹介しているサイトがあります。(ttp://www.languagepractitioner.com/PictureBooks/zhtw/The-Tale-of-Mr-Tod/page20.html)
ちなみに中国語訳は「藍色柳樹圖案」。なるほどです。

2回もブルーウィローが出てくるということは、ピーターラビットの作者のビアトリクス・ポターさんはブルーウィローの食器を持っていたのかしら。

また、ガサガサカタカタ調べもの。

ポターさんはブルーウィローパターンの食器を持っていたようですね。
ポターさんが晩年を過ごしたヒルトップ農場にブルーウィローの食器が飾られていたようです。

『At Home with Beatrix Potter : The Creator of Peter Rabbit 』 Susan Denyerより。

ヒルトップ農場の調度品などについてこう書かれています。

It now displays a collection of blue and white ware, some Chinese - the fiveplates with scalloped edges on the lower shelf painted with flowers andbutterflies and dating from around 1800 - and some Staffordshireearthenware, blue willow pattern and two portrait bowls, one of Lord Nelsonand the other of George Ⅲ and Queen Charlotte. (p54)
p55には棚に食器が並んでいる写真が。ブルーウィローがあるかよくわからないのですが、ブルー&ホワイトのお皿が並んでいます

他にもp33、36、37にもブルー&ホワイトの食器が。
ウィローかはわからずですが、p37には
Chinese and English porcelainという言葉もみられます。

※『At Home with Beatrix Potter : The Creator of Peter Rabbit 』 は現物を見たわけではありません。google ブックスで公開されているページをチェックしました。

« ブルーウィロー(その4)---blue&whiteの魅力 | トップページ | 黄緑色の八重桜も素敵 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルーウィロー(その4)---blue&whiteの魅力 | トップページ | 黄緑色の八重桜も素敵 »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。