« 雪の異名「六出」「六花」「むつのはな」・・・日本では | トップページ | パソコンが壊れました »

2010年9月12日 (日)

妙なる光に包まれました---Chie Art原画展

今日はとても落ち込むことがありました。
私自身のことというのではなくて、私がずっとずっと応援してきた方たちが今日、夢破れたという出来事があって・・・・。

(第三者が絡むことなので、具体的ではなく抽象的に書かせていただきますが)
彼らはあと一歩で無情にも女神がほほえんでくれずという、本当にあと一歩、という悔しさを2度味わってきました。それでも泣き言もはかず、誰にも責任転嫁をせず、自分たちの力が不足しているせいだと、身をひきしめ、さらに死に物狂いで努力をして臨んだ今日。

やはり夢やぶれ・・・。今日は、「あと一歩」ではなく、「力不足」と夢をかなえる女神に烙印を押されたような結果に・・・。

今まで「あと一歩」で逃すこと2回というのもきつい試練だと思うのですが、それでも夢に向かってあきらめない彼らに「夢はまだ遠く」と思わせるような今日の結果。彼らへの試練、「今度はそうきましたか」と思ってしまいました。

あと一歩を逃すよりも、「今度こそうまくいくと思ったのにまったくだめ」みたいになった方がダメージ大きいですよね。
自信無くすよな。もう夢に向かう資格はないと疑心暗鬼になったりしちゃうよな・・・。
女神がいつか大きな夢をつかむために、わざと試練を与えている、そう思うしか納得できないのです。
こんなことになっても挫折せず、夢にもう一度向かいますかと試されているような気がするのです。

彼らに大きな「合格」を与えたくて女神がわざと鬼の顔をしている。そうであってほしいです。
--------------------------------------------
半分虚脱、しょんぼりしながら、午後向かったのが銀座のギャラリーでした。

Chieさんの作品を見にいったのです。
小笠原尚美さんという女性がChieさんの作品に感動し、ぜひ多くの方々にみせていただきたい、そんな思いから仙台のプラネタリウムでChieさんの作品を星空に投影して世界に浸っていただくプログラムを実現。好評。再演もされているというのをうかがっていました。

その作品を私も生でみてみたかったのです。

素敵でした。

額縁にはいった美術作品がある、というよりもいくつもの「光の泉」がギャラリーという空間にある。小さな限られたギャラリーの空間だけどトンネルがあるように、天窓があるかのように、奥の奥から光が差しこんでいると感じさせる作品の数々でした。

淡い色の光。つねづね、音と光は近いなと思っています。目に見えないのに「音色」という言葉があるように。
一つ一つの色彩のひかりをみていると、ファーという素敵な和音がきこえてくるようなかんじがしました。オルガンで和音を弾いた時のような、耳に聞こえるか聞こえないかぐらいのささやかなそれでいて美しい和音が一つ一つの絵からきこえてきました。

そして、やさしく微笑んでくれているような作品、なにもいわずそっとだきしめられているような作品、そっと手を握ってくれているような作品、首のそばに手を置いた時のように無言でいたわってくれているかのような作品(すべて私自身の主観です)があり、今日、しょんぼりしたり、混乱している私の心をしずかにしずかになでてくれている。そんな温かさを感じました。

話は少し飛んで。プラネタリウムってどんな空間だと思われますか。星が見える場所、それはもちろんですが、「光」を体感させることができる場所、教会みたいなところ、母親の胎内みたいなところ、それが一番のプラネタリウムの魅力だと思うのです。

暗闇に浮かぶ星々、闇を少しずつ照らして訪れる朝の光・・・ これほど「心」に働きかける「抽象的な光」を体感させられる場所はないと思います。

だからこそChieさんの作品がプラネタリウムで投影されたということは本当に素晴らしいと思いました。

小笠原さんに仙台のプラネタリウムで実現したいきさつもうかがいました。Chieさんの作品のファンというところからのスタートで、プラネタリウムで働いていらっしゃるわけでもなく、天文関係のお仕事をされているわけでもない小笠原さん。

Chieさんの絵を多くの人に見ていただきたい。プラネタリウムは絶対ぴったり。そう閃き確信したことから、プラネタリウムにアプローチして実現された情熱、本当に素晴らしいと思いました。

自分が本当にいいと腹の底。魂の奥から確信できるものって、絶対誰かに伝えたくなります。伝えたいという熱い思いがこんこんと湧いてきて、ためらうこともなく自分を動かして、気づいたらアプローチしていたってことありませんか。
ことわられてへこんでも、情熱が湧いてきておきあがりこぼしのようにまた、自分を駆り立てて実現に向けてアプローチをしていた、というようなことありませんか。

小笠原さんにそんな情熱を感じました。とても情熱的。
でも、自分自身のアピールとかだと絶対うまくできないんです、自分自身のことだったらアピール下手ですっておっしゃっているところにも私は「同類」の気を感じました(*^。^*)

Chieさんもとても素敵な方でした。
言霊(ことだま)、音霊(おとだま)ってあるけれどきっと色霊(いろだま)、光霊(ひかりだま)もあるんだなと感じました。Chieさん自身が絵をおおいなるものに描かされながら、そのいろだま、ひかりだまの世界はなんだろうっと読み解みとこうとされている。そんなことをかんじました。

冒頭にも書きましたとおり、かなりショックな出来事があってへこんだ私の今日の心に一番染み入ったのが「happiness」という作品。エールを送られているような、きっと大丈夫って言われているようなそんな感覚がありました。

夢破れた彼らに私が直接何か言葉をかけられるチャンスは少ないのですが、今必要なのは言葉じゃない、と思いました。
穏やかな、あたたかな、ゆるされているような、力みがぬけるような、そんな絵に向かい合って自分の内面と自問自答して静かに過せる時間が彼らにあったらいいなって思いました。

Chieさんの作品に興味のある方はどうぞ銀座のギャラリームサシに行かれてください。9月18日(土)までです。

ChieさんのChie Artのサイトはこちら(ttp://www.chieart.net/)
ギャラリーでの個展の詳細はインフォメーションのコーナーでご紹介されています。
「Happi ness」という作品はインフォメーションのコーナーでご紹介されている「ChieArt壁掛けカレンダー」の1枚にもなっています。(下段右から2番目のブルー地の作品です。

仙台天文台のプラネタリウムでの再演情報はこちら。ttp://www.sendai-astro.jp/join/nextmonth/sat_sta.html#03

小笠原さんも「宇宙の広場」の中でご紹介されています。
ttp://www.sendai-astro.jp/square/blog/2010/05/chieart.html

« 雪の異名「六出」「六花」「むつのはな」・・・日本では | トップページ | パソコンが壊れました »

コメント

emiさん、こんにちは!
私も色々あって^^、こちらで心を洗って頂こうと参りまました☆

以前、「Chie Art」と言うタイトルで
笑店でも、ご紹介させて頂きました。
http://plaza.rakuten.co.jp/waraumise/diary/200612180000/

今回は、プラネタリウムとのコラボだったの
ですね。。。HPの方、後ほどじっくり
拝見させて頂きます♪

おんぽたんぽさん。コメントありがとうございます。
心を洗いたいようなことがいろいろあったのですね。おんぽたんぽさんのコメントのアップ遅れてすみません。今週水曜日にパソコンが壊れてしまいました。今まで入っていたデータすべて救出できず。新たなパソコンを買って、今日やっとネットは開通できました。メールはまだです。
ということがあり、数日まったくネットもメールも確認できない状況が続いていました。

おんぽたんぽさんがChieArtを書いていらっしゃるページを拝見しました。2006年にであって書いていらしたのですね!

おんぽたんぽさんのアンテナは本当に魅力的です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の異名「六出」「六花」「むつのはな」・・・日本では | トップページ | パソコンが壊れました »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。