« 同じ形に心をときめかせる、雪の結晶の普遍性 | トップページ | 『実隆公記(さねたかこうき)』の明応の大地震に関してです »

2011年2月17日 (木)

2011年1月1日の初月の出

2011年も早1ケ月半が過ぎました。
今年の初日の出はご覧になりましたか?

こちらは大学で天文部に所属していた甥が撮影した写真。神奈川県真鶴町番場浦海岸での初日の出と初月の出です。
2011moonsunbytakazawa

<2011年の初日の出と3時間前の初月の出>     

私たちってつい、太陽は朝、東の空から昇るもの。月は夕方東の空から昇るもの。一日のうちで先に見るのは太陽の方というイメージを持ってしまいませんか。

でも、今年の1月1日は、月の方が太陽よりも先に地上に姿を現したのです!!

月が東の空から夕方昇るもの、と思いがちなのは、きっと満月の時の印象が強いからなんでしょう。夕方の東の空の低いところにまるく大きく輝く月を仰ぐ印象が。

月の出は毎日約50分ずつ遅れていくので、満月のあとは月は夜遅い時間に東の空から昇るようになります。

2011年1月1日の神奈川(横浜)での月の月齢、月の出の時間を国立天文台の暦計算室(ttp://www.nao.ac.jp/koyomi/)でチェックしますと。
月齢は26.4。細い下弦の月となっています。月の出は3:44。日の出は6:50となっています。
初日の出の約3時間前に月が昇ってくることがわかりますね。

今年の元旦、「初日の出を待っていたら、初月の出を見ちゃった!!」と夜中の寒風の中で感激された方も少なくないでしょう。

太陽にしてみれば、「ちょっと悔しい。自分を待っている観客のところに姿を現す前に、月に出番を横取りされちゃった」みたいな気持ちでしょうか。一番乗りの福男を決める神事でいえば、今年は月が「福男」になってしまいました。

元旦の「旦」は地(水)平線から太陽が昇る様子を描いた漢字ですが、今年の場合は
でもあったのですね。

甥が撮った初月の出。初日の出。身びいきですが、海に光の道が伸びる様子も、地球照で月の影の部分が見える様子も、しめ縄で結ばれた三ツ石の向こうから二つの天体が私たちを照らしてくれる様子も神々しくて、うれしくなりました。

2011年2月24日に続きます

« 同じ形に心をときめかせる、雪の結晶の普遍性 | トップページ | 『実隆公記(さねたかこうき)』の明応の大地震に関してです »

コメント

素敵な写真ですね。太陽が六角形に見えるのは、どういった現象なのでしょうか?
神様の存在を信じたくなるような、神々しさを感じます。
お部屋に飾って、毎日見たいような写真ですね。

シーカンさん。ご覧くださりありがとうございます。
神々しいとおっしゃってくださってありがとうございます。
初日の出の名所らしいのですが、私もこの場所に行ってみたくなりました。

>月は夕方東の空から昇るもの。

そうなんですか。。。
習ったかも知れませんが、忘れてましたbleah

今回入院した時、東病棟だったのですが、朝7時過ぎ、それは綺麗な日の出が
見られたのです。 そしてその日の夕方、西病棟の方へ散歩に行ったら、
今度は見事な夕日が。

なかなか両方見られる建物って無いし、
そんな優雅な機会も、意識しないと作れません。

本当に、ラッキーでした☆

甥っ子さん、まるでemiさんのお子さんの様。。。やはり小さい頃(今もかな?)
emiさんの携わってらっしゃるプラネタリウムなど
遊びに来られたりしたのですか?

おんぽたんぽさん。入院されていらしたんですね。そして遅ればせながらお誕生おめでとうございます。

同じ日に朝日と夕日がみられるのはうれしいですね。大変な入院をされている時に、ラッキーを見つけ出すことができる、それはおんぽたんぽさんの才能ですね(*^。^*)

甥は小さい時、プラネタリウムのイベントにきてくれました。天体写真を撮るのが好きみたいでうれしいです。

ところで、私自身のブログの過去のものを見直していて、おんぽさんぽさんに教えていただいた「森羅万象分の一」を読み直しました。森羅万象分の一、本当にいいことばですね。

これからもどうぞお大事に。

お祝いの言葉、有り難うございました☆

入院したのが8階で、病院は窓も大きいし、とても美しかったです。 
家からだと、何とか両方見えますが、1階と2階なので、パノラマが。。。

森羅万象分の一、忘れてました!
それを超えない様に、心がけたいと思います。。。

それにしても、同じ様な趣味を語りあえる
なんて、emiさんと甥御さん、素敵な関係ですね。。。私も、そんな風になりたいなぁ。

おんぽたんぽさん。
窓が大きく眺めが楽しめる病院なのですね。
東京ですと家から朝日も夕日も見えないおうちがいっぱいあるので、ご自宅から階が違っても朝日も夕日もみられるのは素敵なことですね。
甥とは語り合えないですよ~
とても寡黙で~。話しかけても、コクン(イエス)、フリフリ(ノー)のジェスチャーぐらいしか返ってきません(^_^.)
でも、こんな風に彼が一生懸命撮った写真で喜ばせてもらっています。

おんぽたんぽさんの、森羅万象分の一のメッセージは、心が軽くなり、そして励ましてもらえる素敵な詩です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 同じ形に心をときめかせる、雪の結晶の普遍性 | トップページ | 『実隆公記(さねたかこうき)』の明応の大地震に関してです »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。