« 雪の結晶をたくさん撮ることができました | トップページ | 2011年1月1日の初月の出 »

2011年2月12日 (土)

同じ形に心をときめかせる、雪の結晶の普遍性

雪の結晶。
一つとして同じ形はないといわれながら、
まったく野放図に形ができあがるのではなくて、ある一定の型がある。
それが惹かれてやまない魅力の一つ。
型があるからこそ、先人が見て写真やスケッチに残した形と同じものに出会える。
先人と時を超えて、同じ形に心をときめかせる一体感を感じることができるのです。

星もそうですよね。
2000年前の人とコンタクトできないし、言葉も通じ合えないけれど、
オリオン座を見上げて美しいという共通の気持ちを持ちあえる。

さて、昨日私が撮った雪の結晶と、
江戸時代の古河藩の殿様、土井利位侯が観察して描いた雪華をおそれおおいことですが並べてみます。

※土井利位の雪華の画像、通し番号は古河歴史博物館発行のカタログ『雪の華』に基づいています。

(2020.10.31現在。ブログ全般を整備中。雪華の画像は2020年11月か12月に追記します)

No.11と
Snowflake1102111525

土井利位侯の雪華No.2E
Doi2e
縁のフリル具合がそっくりだと思いませんか。

No. 4は
Snowflake1102111436
土井雪華のNo.2H。
Doi2h

No.7は
Snowflake1102111516

土井雪華のNo.4L。
Doi4l

No.8は
Snowflake1102111520

土井雪華のNo.5L。
Doi5l

No.12
結晶の先端は5つの玉がもみじの葉のようについているのですが、
雪華図説にも同じように先端が描かれたものがあります。
Snowflake1102111526

土井雪華のNo.9R。
Doi9r

さて、今日も外は雪(ややみぞれ寄り)が降っています。

残念ながらいまのところ結晶の形はみつけられません。

昨日は<雪の結晶大漁>の日。とはいえ、決して気温が氷点下5度とかだったわけではありません。
せいぜい、1~3度の気温。
それでも肉眼で雪の結晶を見ることができたことを考えると・・・。
平安時代の人たち(縄文時代の人も)が雪の結晶が六弁の形であることを知らなかったとは思えないです。

顕微鏡が開発されてはじめて見ることができたならまだしも、肉眼で気づけるのですから。
現代の関東南部よりも気温の低いところに住んでいる日本人は多いのですから。

縄文人の人(クロマニオン人でも)が描いた雪の結晶の壁画が今後発見されることはないのかな。
発見されたらいいなって思います。

【雪の結晶撮影シリーズ】INDEXはこちら
【雪の結晶の文化】INDEXはこちら
雪の結晶全般はこちら

« 雪の結晶をたくさん撮ることができました | トップページ | 2011年1月1日の初月の出 »

雪の結晶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の結晶をたくさん撮ることができました | トップページ | 2011年1月1日の初月の出 »

emi 

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。