« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月29日 (土)

高嶋哲夫の『乱神』。神風は人事を尽くしたところに吹く

先週から一気に読んでしまった小説があります。
高嶋哲夫の『乱神』(上下) 。

乱神(上) (幻冬舎文庫 た 49-1) 乱神(上) (幻冬舎文庫 た 49-1)
高嶋 哲夫

幻冬舎 2011-08-04
売り上げランキング : 310708

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
乱神(下) (幻冬舎文庫) 乱神(下) (幻冬舎文庫)
高嶋 哲夫

幻冬舎 2011-08-04
売り上げランキング : 332026

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

元寇の時代を描いた歴史小説です。
読み進めていた今週、<元寇の船が海底で発見>というニュースがあって(西日本新聞の2011年10月28日の記事)余計、身近な出来事に感じました。

歴史小説マニアでも武士マニアでも武器マニアでも合戦マニアでも戦術マニアでもない私がなぜこの本を手にとったか。
きっかけは高嶋さんが『メルトダウン』(読んでいませんが)の著者だったから。

『乱神 上』の最初の方を立ち読みして一気にひきこまれました。

大学の考古学科准教授の賀上俊(がうえしゅん)は色白で鼻筋の通り、女子大生から先祖にヨーロッパの人がいたんですかといわれる彫りの深い風貌。その賀上家には先祖代々伝わる短剣と十字架があった。
それは13世紀にイギリスでつくられたものであることがわかっていた。

賀上准教授は元寇の攻撃を防ぐために石を積み上げた「元寇防塁」の跡地のそばで、家に伝わる短剣と同じものを発見する。

という出だし。

そのあと、舞台は一気に中世に。
元寇の最初の襲来から2年後、イングランドの騎士エドワード・ガウェイン率いる十字軍の一行が九州に漂着した、という設定で物語は展開します。

元がさらに日本への攻撃を企てていることを知ってしまうエドワード。母国へ帰りたいと思っていたのにいつのまにか、当時の鎌倉幕府の執権北条時宗のもとで、武士を率いて、元の次の襲来に向けて力を尽くすことに…。 という物語です。

何が面白いかというと、
1 西洋の騎士と日本の武士の違い。戦術、武器などの違い。
2 2者の「戦う」大義の違い。
3 異文化の人がやってきてそこに生きる人たちとどう交流するか(江戸時代に医者がタイムスリップした『仁』にも通じます)。
4 エドワードと時宗。交流しながら、互いが自分の価値観を見つめなおさせられたり、リーダーの在るべき姿を模索したり。葛藤しながらそれぞれが変わってゆく過程の面白さ。
5 風貌も環境も何もかも違う者がリスペクトしあう様子。

とにかく面白いです。以下はネタバレになるかもしれません。

2度目の元寇に備えるエドワードたち。エドワードは今までの戦い方ではだめだと武士の意識改革をしようとします。その様子は日本企業にやってきた外国人社長のようでもあります。

元寇ってみなさんはどんな風にとらえていらっしゃいましたか。私は学生時代のうっすらとした記憶で、2度日本に襲来したけれど、2度とも、「神風(台風のようなもの)」が起きて、元の大群はダメージを受けて、日本が勝利したって習った気が。

この『乱神』 では、
エドワードや武士、民さえもが「叡智」と「勇気」と「誰かを護りたい、この国を護りたい」という思いで戦ったこと(もちろん武士は手柄のために、恩賞のためにという人も)、それも高い戦術とそれを遂行する技術あってこそ、日本最大の国難を逃れることができたということが描かれています。

確かに、たくさんの船で押し寄せてきた敵軍が台風ごときで2度も全滅してしまうものでしょうか。今考えれば、授業の時に「神風」が起きて滅んだと単純に納得していたのが不思議。

この小説を読んでふとよぎったのが映画『ターミネーター』。
第一作で、ハンバーガーショップでバイトするただの女子大生のサラ・コナーが未来を変える重要な女性となることが描かれています。それは彼女の子供が、将来人類を救うリーダーとなるから。

ただの女子大生にすぎなかったサラが2作目では、戦う技術を身につけた一戦士として鍛えられた体で登場します。人類のヒーロー、ジョンの母親であるという自覚、この世界を護るという使命を持って、彼女自身が自分を変えていったことがうかがえます。

エドワードも同じ。十字軍の一人であったとしても、彼が日本の武士たちを率いることができたのは、使命を自覚してさまざまな戦術を考えだし、一緒に戦う人を鍛え、敵に備えてきたから。サラもエドワードももともと完全無欠なヒーローではなくて、「使命」を感じてしまって、「護りたい」 ものができてしまったがために、自分をそのミッション遂行のために努力で高めた人たちなんですね。

人事を尽くして天命を待つといいますが、「神風」というのは、力を最大限尽くした人のところに吹くものなんだろうな~と思いました。

<2度目の元寇の危機を救った功労者に十字軍のイングランド騎士がいた>というのはあくまでもこの小説の設定ではありますが、「神風」という一言で授業で終わらされてしまう背景に、元寇に備えて命を懸けて防衛したたくさんの命があったのだろう、私たちの先祖の、歴史の表にでないだけで・・・。

そんなことを感じさせる小説でした。
挿絵はないので、武器、武将の姿などに詳しくない私は、描写されている刀、鎧他半分ぐらいしか想像できていないと思うのですが、十分楽しめました。

2度目の襲来、弘安の役の戦いは凄まじいです。一気にひきこまれます。小説読み終わったあと、軽いしびれというか「熱気」が体に残りました。おすすめの作品です。

調べもの魂が湧いてきて、つい調べてみました。

日本古典籍画像データベースでは九州大学付属図書館所蔵の『蒙古襲来絵詞』の画像をみることができます。
そのURL(ttp://www.lib.kyushu-u.ac.jp/hp_db_f/moukoshurai/)

『乱神』を読んだあと、この絵巻を見ると、感慨深いです。
16件目の画像では、逃げる蒙古兵が。足元には唐草模様みたいなものが描かれ、鎧も日本のものとはまったく違う様子が描かれています。
20件目では「てつはう」の火薬が爆発する?様子が。弓も日本と蒙古兵の持つものと違うフォルムが描かれています。
24件目の蒙古兵の旗は朱色に白い丸が。銅鑼を持っている人もいます。
36件目の中央の人物は解説によると安達泰盛のようですね。
45~49件目は力を結集して築いた石造りの防塁が。絵巻でもその長さを強調するように描かれています。
62件目は蒙古兵の船。装飾がきれいです。
64件目にも銅鑼が。
65件目では盾に卍の図形が。

元寇のことはこれからもっと明らかになってくることがあるのかもしれないと思うと楽しみです。

2011年10月23日 (日)

中川政七商店の雪花の懐紙は便箋にも使えます

二子玉川にある中川政七商店さんを訪ねてみました。ネットなどで購入するので実店舗を訪ねるのは久しぶり。

昨年、土井利位(どいとしつら)候の雪華(せっか)をモチーフにした商品がいっぱいあったので(
2010年12月25日の記事はこちら)、今年はどうかな~と。

去年ほどの展開はしないのかもしれません。買わなかったけれど目を引いたのは、クリスマスのオーナメントの木の丸い玉。その球面に土井利位の雪華が焼印で押されていたのです。北欧風でもあり、でも土井利位さんの雪華の柄とわかっていると和も感じられ、うれしくなりました。


今日買ったのはこちら。「季節の懐紙 雪花」です。 30枚入りでサイズは葉書2枚分よりやや小さいくらいです。

←中川政七商店のショップ

←水玉庵はメール便も対応

茶道もしないし、懐紙(かいし)なんて使うことはないな~って思っていたのですが、懐紙というのは昔から一筆書くためにも用いられていたのですね。お店の方も便箋として使っていらっしゃるということをきいて、それなら私も活用できる、と買ったのでした。

Sekka_zuroku 淡いスモーキーなピンク、ブルーグレーで雪花が描かれています。古河の歴史博物館で販売されている『雪の華 ~「雪華図説」と雪の文様の世界』の雪華一覧表と見比べてみました。そして同じ形のものに表の番号を振ってみました。↓

※雪華一覧表は土井利位の描いた182の雪華を識別できるように数字とアルファベットで通し番号がつけられたものです。
雪華一覧表をネットでみられるページがあるかしらと思ったのですが、みつけられず。
Sekka_kaishi_nakagawa


↑実物はもっと淡い落ち着いた色で描かれているのですが、図柄がわかりやすいようにコントラストを上げました。

土井利位が描いていない形があったので、だから「雪華」ではなくて「雪花」かしら。

懐紙を便箋に、ってとてもいいです。ボールペンで書いてみたところ、紙の繊維にひっかかることもにじむこともなく書くことができました。ちょっとした一筆箋に重宝しそうです。ちっちゃな小物のラッピングにもいけそう。

↓楽天の中川さんのお店で取り扱われた雪華商品です。
今は販売終了でリンク切れとなり、クリックいただくと中川さんのトップページに戻りますが、
画像だけはこのように紹介できるようなので下に貼らせたままにいたします。



【雪の結晶とアート】INDEXはこちら
雪の結晶全般はこちら

2011年10月16日 (日)

聖ワシリー寺院と「ろうきん」のロッキーとピンキー

Rokin_rocky ロシア語を一緒に勉強していた友達が、「見た途端、携帯で撮らずにいられなくて、伝えたくて~」と画像を送ってくれました。

それがこちら。モスクワの聖ワシリー寺院と二羽の鳥。
「ろうきん」と書かれています。
「ろうきん」が配っていらっしゃるティッシュなんです。
鳥がロシアでおなじみの帽子をかぶっているのも芸が細かいです。

私もこのイラストに一目ぼれlovely
なぜ、ろうきんのティッシュに聖ワシリー寺院が?とすぐ調べてみたのですがよくわかりませんでした。
ただ、この鳥たちがろうきんのマスコットキャラクターで水色の方がロッキー、ピンクの方がピンキーであることがわかりました。ロッキーは「ろうきん」と「ラッキー(しあわせ)」をかけているそうです。

Saint_basils_cathedral_cross_stitch さて、聖ワシリー寺院は
私が世界一、心がときめく建物といっても過言ではありません。


←聖ワシリー寺院のクロスステッチも感激しながら仕上げました。
(日本ではリュボーフさん(ttp://lubov.jp/)
で取扱いあり
















Stila_travel_palette_make_an_impres
先日も
スティラガール×聖ワシリー寺院
というだけで、アメリカからスティラのお化粧セットを取り寄せてしまいました。

チーク用の色がとてもよかったです

2011年9月4日









Saint_basils_cathedral_3d_jigsaw カナダのメーカーから発売されていた聖ワシリー寺院の3Dパズル。
作りごたえがありました!

引っ越しの時にまた手に入れてつくりなおそうと思って捨ててしまったのが残念。

みればみるほどアバンギャルドで色が鮮やかで、パワフルで魔力のある建物です。




Qoo そして、聖ワシリー寺院というとサントリーのQoo(クー)を思い出します。
クーがワシリー寺院っぽい建物の前で雪の中、コサックダンスを踊るというCM。現在もクーの公式サイトでみることができます。ttp://qoo.jp/tv/をひらくと動画いちらんがあります。
全部まとめてみるというところに並んでいる動画の上段左から2番目がコサックダンスです。
全部まとめてみるをクリックすると0分55秒ぐらいからみることができます。

2014.8.9追記。
クーの公式サイトのリニュアルのため、ttp://qoo.jp/tv/を開いてもご覧いただくことはできません。
でも現在のサイト(ttp://qoo.jp/)でもコサック動画ご覧いただけます。
私が試したところではIE11 では開かず、グーグルクロームならOKでした。
(1)グーグルクロームで(ttp://qoo.jp/)を開く。
(2)右側のQooライブラリをクリック。
(3)過去の動画集→Qoo TV 全18話→左から2番目の列最上段の画像をクリック

コサックダンスを見ることができます。
1:44の長さの映像の前半1分は別映像「パパにもそそいであげて篇」です。

2011年10月14日 (金)

永遠にとけないピュアな想い。雪の結晶が輝く指輪を知りました

Snowpreciousdiamond 秋が深まってきました。
今年の2月で記事の更新がとまっていた雪の結晶カテゴリー。
そろそろまたオンシーズンと
なります。

さて、今日は復活後第一弾。

  
                                      ↑万華鏡みたいな美しさにうっとり lovely 

雪の結晶マニアにぜひお伝えしたい指輪に                  ©Snow Precious Diamond

出会ったのでご紹介させていただきます。

 それは「スノープレシャスダイヤモンド」さん。(http://www.snowpreciousdiamond.jp/

婚約指輪・結婚指輪のブランドなのですが、デザインが「雪の結晶」なんです。

と言うと、雪の結晶のデザインの指輪なんて結構あるわよ。持ってるわとおっしゃる方もいらっしゃることでしょう。 宝石が六片の雪の結晶の形に配置されていたり、雪の結晶の造形を彫って仕上げた指輪はあるかと思うのです。
でもダイヤモンドを特別なカットによって、雪の結晶の形が浮かび上がるように仕上げたものは世界初めてとのこと。

私がスノープレシャスダイヤモンドさんのことを知ったのは、雪の結晶とはまったく関係のないキーワードで検索をしていた時でした。クリックするとジュエリーフェアのレポート記事が現れました。マウスで下に記事を送りながら、私の眼は美しい造形に釘づけ。

雪の結晶の万華鏡?と思って記事内容をみると、スノープレシャスダイヤモンドさんの指輪であることがわかりました。

<土井利位の雪の結晶をルーツにしたカット>と紹介されていました。 土井利位さんの雪華ときいたら、動かずにいられません。たとえ婚約、結婚の予定がすぐになくても!(^_^.)
スノープレシャスダイヤモンドさんにご連絡をとると、丁寧に誕生のエピソードを教えてくださいました。

そのエピソードをブログでご紹介させていただくご了承を得て、ここに記させていただきます。

スノープレシャスダイヤモンドは土井利位の雪華を愛するお客様からの「雪の結晶のようなダイヤモンドの指輪を」というご要望から生れたそうです。ダイヤで雪華を形づくるのではなくて、ダイヤそのものが雪の結晶のようにみえるものを、というご要望。
ダイヤの輝きを失わず雪の結晶を表現するのは難しく、完成までに3年間かかったのだとか。その間、土井利位の雪華図を調べたり、ダイヤのカットを何度も試行錯誤され、その末に完成したそうです。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
美しい雪の華が輝くスノープレシャスダイヤモンドはその造形も発端も、まさに土井利位の雪華から誕生した指輪だったのですね。

こんな美しい雪華を毎日眺められたらしあわせheart04

雪の結晶がお好きで、近々、婚約指輪、結婚指輪が必要という方がうらやましいです~。

ちなみにパンフレットには土井利位の雪華のエピソードは書かれていないそうです。でも土井利位のことをご存知の方もご存知なかった方も雪華を美しいと思う気持ちは一緒。ぜひご覧になってみてくださいね。

店舗は銀座コアビル他にあるようです。どうぞHPでお確かめください。

【雪の結晶とアート】INDEXはこちら
雪の結晶全般はこちら

2011年10月 9日 (日)

ガガーリン95 韓国・京郷新聞でのガガーリンの言葉

宇宙飛行士ガガーリンの言葉を追っています。

ガガーリン87ではガガーリンが人類初の有人宇宙飛行を成し遂げた1961年4月当時の東亜日報をご紹介しました。「青色」という大きな漢字の見出しが躍っている新聞を。

ガガーリンが宇宙からの帰還後、いろいろなことをインタビューで答えた中で、「地球は青い」ということにとりわけ反応したのが日本。ガガーリンの母国ソ連(現在のロシア)でも欧米でも、この言葉を大見出しで伝える新聞はあまりない、ということを検証中です。

中国の人民日報(cfガガーリン76)と、韓国の東亜日報は日本と同じように、「青色」を伝える大きな見出しがありました。
韓国の他の新聞はどうでしょうか。

京郷新聞と朝鮮日報も調べてみました。
まずは京郷新聞。

① 「地球は青かった」「空は黒く、地球は青みがかっていた」旨の表現 →見出しにも本文にもなし。

② 「地球のまわりを青い光が包んでいた」旨の表現→見出しになし。本文には4月14日夕刊3面にあり。
Kyunghyang19610414evening_3
その記事をご紹介します。引用部分は青文字
私による拙い訳を添えてみました。

eye大見出し

내가 갔던 宇宙・宇宙서 본 地球
私が 行った 宇宙、 宇宙から 見た地球


人類最初의宇宙人「유리・가가린」
人類最初の宇宙人「ユーリ・ガガーリン」

地球의 水平線은 魅惑的
地球の 水平線は 魅惑的


海岸線・田畓・島嶼・江물줄기等뚜렷
海岸線、田畑、島、河の流れなど明確

太陽은 約十倍나 밝고
太陽は 約十倍も 明るく


eye本文から抜粋


나는 우주비행중 처음으로 지구가 구형이라는 것을 직접 눈으로 보았다
私は 宇宙飛行中 はじめて 地球が 球形だという ことを 直接 目で 見た。


우리는 수평선 을 볼 때 지구의 곡선을 볼수있다
私たちは 水平線を 見る時 地球の 曲線を 見られる。


우주비행 에서 보는 수평선 은 독특 한것이있고 매우 아름다웠다
宇宙飛行 で 見る 水平線 は 独特なものがあって 非常に 美しかった。


나는 지구의 밝은 표면 에서부터 별이 보이는 캄캄한 공중에 이르기까지  심히 다재로운 변화를 볼 수 있었다
私は 地球の 明るい 表面 から 星が 見える まっ暗な 空中に いたるまで 非常に   多彩 な 変化を 見ることができた


지구는 연한 청색 대로 둘러싸여 있었고 그것은 외부를 향하여 아름답게  점차적 으로 청색 에서 흑색으로 확대되어있었다
地球は 薄 青色 の帯で 囲まれて いて それは 外部に向かって 美しく 少しずつ 青色から 黒色まで 拡がっていた 。

この記事はガガーリン15で取り上げたプラウダが元のようです。私が下線を付けた↑の美しい表現はロシア語原文から日本語に訳すと

私たちの惑星は、青みがかった光の輪にとりまかれているようでした。この青みがかった帯は、少しずつ暗くスミレ色にそして黒色へとなっていきます。
(cfガガーリン15)

flair韓国言論財団のサイト(ttp://www.mediagaon.or.kr/jsp/search/SearchOldNewsCondition.jsp)で当時の京郷新聞の記事を閲覧できるので、韓国語がわかる方はぜひご自身でお確かめください。
danger韓国語若葉ワークの私です。韓国語がわかる方に一部確かめておりますが、京郷新聞の記事の文字は不鮮明のところが多くきちんと把握できていないところもあります。
ぜひ、直接記事をご覧になってみてください。私のチェック漏れなどにお気づきの方はご一報いただけたら幸いです。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。