« 古河歴史博物館に「雪の殿さま 土井利位(どいとしつら)」をみにいきました(その1) | トップページ | 2012年2月 フィギュアスケート四大陸選手権 »

2012年1月26日 (木)

古河歴史博物館に「雪の殿さま 土井利位(どいとしつら)」をみにいきました(その2)おみやげ編

今日も、雪の重みで屋根が崩れて被害が出たというニュースをみました。雪国で雪の被害を受けていらっしゃる方々がいらっしゃることを思うと、「雪の結晶、きれい」と言っているのは申し訳ないとも思うのですが、古河歴史博物館に「雪の殿さま 土井利位(どいとしつら)」をみにいきました(その1)の続きです。

古河の街でのおすすめ雪華グッズのご紹介です。(画像ではちょっと柄がわかりづらいかもしれませんが)

Sekka_kogarekisihakubutukan_2 ①カタログ『雪の華~「雪華図説」と雪の文様の世界』(古河歴史博物館)。
雪華図説、雪華模様をあしらってつくらせた調度品、江戸時代にモードとして流行った雪華文様のことなどがよくわかります。
土井利位が「雪華図説」「続雪華図説」で描いた183の雪華に便宜上の通し番号を付けた一覧表は、自分で雪華の図柄をチェックするのにも活用できて便利。






20120126sekka_letter1_2 ②雪華の封筒・便箋セット(古河歴史博物館)

B5サイズ。白に薄い青のグラデーションがある地に、薄い青で土井利位の雪華が描かれています。
私は以前から愛用。

柄がわかるように少し色を濃い目に画像をアップしました→

20120126sekka_ippitsusen ③雪華の一筆箋。

ちょっとした時に重宝。
以前から愛用。







20120126sekka_meishi

④雪華の名刺カード(古河歴史博物館)。

こちらも以前から愛用。今もなお博物館で販売してくれているのがうれしいです。

淡いアイボリー一色で雪華が描かれているのが控えめで素敵。
紙質は少しマット。「和」っぽくなく、北欧風にもみえ、ちょっとしたミニカードとして使うのにもおすすめです。

20120126sekka_kaishi1 ⑤懐紙(古河歴史博物館)。

以前購入したのは、若草色で雪華が描かれたものでした。折々変わっているのかもしれません。今回はエンボス加工の雪華でした。



20120126sekka_kaishi3 20120126sekka_kaishi2

白さがまぶしい和紙に雪華が浮彫。懐紙は一筆箋にも使えます。インクの色がなく、型押しで雪華というのがとてもモダンです。

111231_083457













こちらが以前購入した若草色の懐紙です。










※古河歴史博物館にはこの他にも雪華グッズが販売されています。
今回紹介した商品も2012.1.19現在の情報です。



20120126sekka_blacktea ⑥紅茶「雪の華」
(文学館2F イタリアンレストラン「唐草」)
今回はじめて知ったのがこの紅茶!!
私的に大ヒット!!
ルピシエみたいな丸い缶の中はアールグレイの紅茶。(密封された袋入り)




20120126sekka_blacktea2その茶葉は。なんと雪の結晶の形の砂糖が入っているんです。

赤い缶でおなじみのフランスの紅茶、ニナス(Nina's Paris)。以前ニナスでクリスマスの時期に雪の結晶の形の砂糖入りの紅茶「ノエル」が販売されていたんです。
どうしても買いたいと思ったのですが、今シーズンも販売がないのか、日本で取扱いがないのか入手できずじまい。

まさか、雪の結晶の砂糖入りの紅茶に古河で出会えるとは!!
しかも大好きな青い花びら、矢車菊入り。

封を開けた途端かぐわしい香りがするおいしいアールグレーの紅茶です。プレゼントにもおすすめ!!
販売者はTAKENOEN 電話0280-22-4349と書かれています。

20120126sekka_sugar2 紅茶を淹れる時は、茶葉から雪華砂糖を抜き取り、紅茶を淹れたティーカップに砂糖をいれるのもいいです。
浮かばず沈みますが、しばらく形がのこっていて、ゆらゆら紅茶の底で愛らしい姿を楽しませてくれます。




20120126sekka_sugar ⑥雪の結晶の形の砂糖「雪の華」
(文学館2F イタリアンレストラン「唐草」)

こちらもTATEKOENさんの商品です。
この砂糖を入れたらどんな紅茶でも「雪華茶」を楽しめますね。
原料をみると、米粉とポテトスターチも入っているようです。だから熱い紅茶に入れてもゆっくり溶けるのでしょう。
そのまま食べてもポリポリっとした食感とほのかな甘みがいいです。

⑥⑦季節限定商品のようです。

(2012.1.29追記)
無印良品で雪の結晶の砂糖入りの紅茶を発見しました。
詳しくは食べ物ブログのこちらに(2012年1月29日

【雪の結晶と土井利位】INDEXはこちら
【雪の結晶とアート】INDEXはこちら
雪の結晶全般はこちら

« 古河歴史博物館に「雪の殿さま 土井利位(どいとしつら)」をみにいきました(その1) | トップページ | 2012年2月 フィギュアスケート四大陸選手権 »

コメント

古河のお話1,2楽しく拝見しました。
大好きな「土井利位さん」のことが詳しく書かれていて、嬉しくなりました。

博物館では私も買い物しましたが、便せん、一筆せんには気がつかず買う事が出来ませんでした。
残念です。もっとしっかり見るべきでした。

お菓子も全く見ることが出来ませんでした。
博物館でも取り扱って欲しいですね。
車で直接博物館に行き真っ直ぐ帰ってきましたから
街並みもザ~~~と流しただけでした。
またまた残念です。

暖かくなりましたら是非また行ってみたいと
思います。

私もブログに古河に行ったことを載せましたが
とても分かりずらかったと反省しました。

ジジさん。お読みくださりありがとうございます。そして「大好きな土井利位さん」のことが、とジジさんが書かれていらっしゃることに私もうれしくなりました。
車で行かれたのですね。
私もまだまだ古河探索をしきれていないのですが、ジジさんもまた訪ねる機会があるといいですね。桃の季節も美しいとききます。

このブログにいただくコメントは自動では反映されず、私が手動でおこなっています。そのため、コメントを送信されたあと届いているのかわかりづらくてご不便かけますが2つのコメント両方とも届いています。読ませていただきました。ありがとうございます。

エンボス加工の雪華の懐紙、綺麗ですね。。。

先日、姪と男の子と女の子の切り絵とゴマちゃん、折り紙で作らせて頂きました。 姪は、emiさんの絵(ゴマちゃん)が上手だねぇ~と言ってました。^^

話は変わり、ブログ引越ました。
http://ameblo.jp/always-in-heaven/
何だか少し流れを変えたくなって。。
相変わらず、ぼやーっとした内容ですが、どうぞ宜しくお願い致します☆

おんぽたんぽさん。こんばんは。さっそく姪っ子さんと切り絵を楽しんでくださったのですね。女の子&男の子とごまちゃんと。姪っ子さんに絵が上手とほめていただきうれしいです(*^。^*)

新しいブログ拝見しました。鶴の絵が素敵!そして絵封筒のご紹介ありがとうございます。まったく知りませんでした。リンクされている絵封筒のHPを拝見して目がハート!私も作ってみたくなりました!!!

いつもいつも私がまったく知らないものをご紹介くださって素敵な世界を教えてくださってありがとうございます。同じようにパソコンからアクセスしているネットの海の中で、私が知らない素敵なことを発見してくださるのがとてもうれしいんです。ネットってピンからキリといいますか、聖も俗も正義も悪もありますよね。怖い世界もある。だからこそ「私が気づかないだけでこの海にはまだまだ素敵なことがいっぱいある」って実感させてもらえることがうれしいのです。
これからもおんぽたんぽさんのアンテナがキャッチされることを愉しみにしています。

emiさん、こんばんは!
ここに書いて気づいて頂けるかな?

今朝、NHKの7時台の番組で
北海道で雪の結晶のストラップを
作る様子を放送していました。

NHKのHPでは、その情報を探せません
でしたが、ネットで調べてみたら、
たぶん同じ物だと思いますが、販売も
されている様でした。
ttp://item.rakuten.co.jp/gensen-umaimonoya/20110601/?scid=af_ich_link_tbl

雪の結晶は条件が揃わないと、
取れないのですね。。お洒落っぽい
感じではないかも知れませんが
自分で作れたら、愉しそうだなと
思いました。

おんぽたんぽさん。
雪の結晶ストラップのことまったく知りませんでした!すごい技術ですね。
決して線対称なわけではない、少しアンバランスな、でも繊細な雪の結晶は本物ならですよね。
私もほしくなりました。できるなら降ってきた雪の結晶を自分でストラップにしてみたいです。
教えてくださりありがとうございます。

コメントは投稿していただくと私のメールアドレスにお知らせがきます。ですので、どの記事(たとえば3年前の)にコメントを寄せていただいてもメールチェックで気づくことができます。
コメントのブログへのアップは私の手動になっていますので、家に戻れないとできず、そのためちゃんと届いているかやきもきさせてしまうことも多々あるかと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 古河歴史博物館に「雪の殿さま 土井利位(どいとしつら)」をみにいきました(その1) | トップページ | 2012年2月 フィギュアスケート四大陸選手権 »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。