« 夏のベランダは、ロベリア、ペチュニア、ブッドレア | トップページ | 早くも冬の色が恋しくなり『era inverno』という絵本 »

2012年10月 2日 (火)

朝の月はソーダの色でシャボン玉のよう

9月30日は中秋の名月。今年は満月となり風雅なお月見を楽しめるかと思ったのですが、台風でだめでした。

でも、昨日10月1日の夜、台風一過の夜空にほんの少し欠けた月をみることができました。十五夜ではなく十六夜の月は「いざよい」。

このあとも
立待月(たちまちづき/十七夜)、
居待月(いまちづき/十八夜)、
寝待月(ねまちづき/十九夜)と続きます。

いろんな月の形に名前がついているところに、月見を愉しむ日本人の感性が感じられます。「満月の月見を逃しても、欠けた月を楽しめばいいもん」みたいに満足したくて、いろんな月に名前をつけたのかしら、なんて思います。

さて、今朝2日の朝も月をみました。私のエリアでは朝6時30分頃、西のわりと低いところに。綺麗でした!

完全に夜は明けて、雲ひとつない青空。そこにぽっかり浮かぶ月。

夜の月は、白~黄色。でも朝の月は、ソーダの泡のように淡い水色。
そして、うさぎの形に見える影模様。夜は褐色系に見えますよね。

朝の月だと、青みがかってみえます。

青空に溶け込みそうな、薄い水色の月はまるで消えかかるしゃぼん玉のよう。
色が薄いから輪郭がよく見えないからでしょうか。
欠けているはずなのに、ほぼまんまるにみえました。

青い兎が見える朝の月はおすすめ。夜の月を見損ねた方も、夜の月を愉しんだ方もぜひぜひ、みてみてください。

月は毎日、約50分、空に現れるのが遅くなります。東京の場合ですと、今朝2日の月の入りは7時21分。明日3日は8時17分。ですので、明朝は7時ぐらいに目覚めた人も地平線スレスレではない位置で十分みられそうですね。

20121005_0643ariakenotsuki 追記/2012.10.6
雨の天気などが続き、昨日5日の朝、久しぶりに朝の月(有明の月)を見ました。
もう大分欠けた姿。

携帯のズーム撮影はこれが限界。ボヤボヤですがこんな感じ→
青空の中に、淡い水色、青い影がきれいでしたよ。


« 夏のベランダは、ロベリア、ペチュニア、ブッドレア | トップページ | 早くも冬の色が恋しくなり『era inverno』という絵本 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏のベランダは、ロベリア、ペチュニア、ブッドレア | トップページ | 早くも冬の色が恋しくなり『era inverno』という絵本 »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。