« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月23日 (日)

星のささやき---その22.星のささやきに関する日本語文献一覧

「星のささやき」現象について書かれた日本語文献を時系列でまとめてみました。

注)○→「星のささやき」という言葉がどんぴしゃで出てくるもの
  △→「星のささやき」という言葉は明記されていないけれども、
     星のささやき現象について書かれているもの。
  ×→「星のささやき」の言葉にも現象にも触れていないもの。
     触れていて当たり前と思うのですが出てこない本。
注)すべてのシベリアに関する文献に眼を通したわけではありません。
  文献以外(テレビのドキュメンタリー番組、天気予報の情報コーナーなど)は確かめられていません。
注)丸数字のあとは出版年・月(テレビ番組は放映年・月)です。

one1970年9月
『永遠のシベリア―探検家チェルスキー夫妻の生涯』アルダン・セミョノフ著。加藤九祚訳(新時代社)
呼吸のときの水蒸気が霜にかわり、白い粒となって胸にふりかかった。(私による略)。さらさらという細かかな音がきこえた。これは 空気の凍っていく音である。p79 詳細はその7を。

two1975年1月
『寒極シベリア』岡田安彦著(世紀社)
呼吸もさらさら音をたてている。p179
”凍った呼吸”またはヤクート人たちが”星のささやき”と呼んでいるサラサラというかすかな音が聞こえた。p181 
オブルチェフは”凍った呼吸”のサラサラという音を聞いて、ウェルホヤンスクを今まで”マローズの王様”としていることに疑念をいだいた。p182
私メモ/上記該当部分は三か所ともロシア語文献からの岡田安彦訳。詳細はその9を。

three-①1985年12月
TBSドキュメンタリー番組『シベリア大紀行 ―おろしや国酔夢譚の世界を行く―』
一面の大河 シベリアの大樹林 ヤクート語でいう極寒 星のささやき が凍りついて河となる。
私メモ/ナレーションより。星のささやきという言葉はどんぴしゃで出てきますが、きちんとした定義で使われているわけではありません。

three-②1986年
『マイナス50℃の世界‐寒極の生活』米原万里著(現代書館)
×

three-③1987年
『シベリア大紀行』TBS特別取材班[著](河出書房新社)
×

three-④1987年
『シベリア追跡』椎名誠著(小学館)
×

以上threeの詳細はその21を。


four1988年9月
『シベリア夢幻━零下59度のツンドラを行く』椎名誠著(情報センター出版局)
氷の国の静かな人々 息を吐くとすぐ凍って地面に落ちる音が聞こえるんだ―とシベリアの少年は言った。p37 △マローズがやってきた夜、戸外に出て何かうたうと、うたが瞬間的に凍って地面に落ちていく音がきこえる―と、この国にきてから誰かに聞いた。p39  詳細はその21を。

five1995年8月『宙の名前』林完次著(光琳社書店)
星のささやき。東シベリヤのヤクートでは、厳冬期、氷点下50度に下がることがあります。大気中の水分は結晶となって霧氷が発生しますが、人の吐く息さえも凍ってしまいます。そのときかすかな音がするそうです。これを星のささやきといっています。p76 関連記事はその1

six1999年5月
『地球の歩き方46 1999~2000 ロシア ウクライナ、ベラルーシ、コーカサスの国々編』 (ダイヤモンドビッグ社)
夜になると、さらに気温が下がる。深夜、戸外に出ると、ササ、ササ、というかすかな音が聞こえる。大気の中の、目に見えないほどの氷の結晶がくっつきあって、地上に降りてくるのだ。地元の人たちは優雅にもこれを「星の囁き」と名付けている。 p212 関連記事はその1

seven2001年11月
『シベリアの旅』コリン・サブロン著。鈴木主税・小田切勝子訳(共同通信社)
オイミャコンというその町では、マイナス72.1度を記録している。そこまで低い気温でなくても、鋼鉄は割れ、タイヤは破裂し、カラマツの木に斧が触れると火花が飛び散る。寒暖計が下がると、息は凍って結晶になり、土地の人が「星のささやき」と呼ぶ音をたてて地面にちりんと落ちる。p396 
私メモ/ 原書は『IN SIBERIA』Colin Thubron著。原書の詳細はその19を。

星のささやきシリーズINDEXはこちら

2013年6月 8日 (土)

赤塚不二夫のスティックメモにしびれました!!!

グリーティングライフさんが発売されている「月の満ち欠けカレンダー」のミニコラムを私が毎年担当させていただいています。
そのグリーティングライフさんのプライベートショーにうかがわせていただきました。

今年のテーマは「GOOD THINGS IN LIFE」とのことです。
このテーマのもと、現在展開中のグッズ&早くも来冬のクリスマスカード、来年2014年のカレンダーなどのラインナップもお披露目されました。

2014年版の月の満ち欠けカレンダーももうできあがっているのですよ~。
このカレンダーは月ごとのページの配色がとても美しいのですが、2014年版の色合いも素敵でした~。

プライベートショーではディズニーのアリスのシリーズ、米津祐介さんのしろくまやはりねずみのカード類、サンタさんと雪の結晶が美しいクリスマスのカードにもうっとり。
このクリスマスカードなんて今からでも使いたいくらいでした。

かわいいものにたくさんときめかせていただきましたが、その中で異彩を放ち、しびれたのが
shine赤塚不二夫シリーズshinesign03
今、テレビのCMでウナギイヌを見ることが多くてどこか惹かれていたのかもしれません。

早速お店でスティックメモ(大きな付箋紙になっているものです)買っちゃいました~!!

伊東屋にはなかったのですが、東急ハンズのミニ版「ハンズビー」にありました!!

20130607akatsukafujio じゃ~~ん。



どれもほしくて迷いましたが
ひみつのアッコちゃんと
ウナギイヌを買いましたhappy01

→色がうまく写らなかったのですが、
 パキッとした元気の出る色合いです。



世間には「ゆるきゃら」「KAWAII」ものが溢れていますが、一線を画す。

それはきっと

typhoonパンチtyphoon  と happy02ナンセンスhappy01 という力強さ。
古きよき昭和時代がもたらすsnail昭和力(しょうわりょく)snailかもしれません。

早く使いたいです~~~。楽しみ。

プライベートショーには2014年の赤塚不二夫シリーズの壁掛けカレンダーもありました。

来年、こっちの部屋には赤塚不二夫。こっちの部屋には月の満ち欠けカレンダー。なんていう2刀流はいかがでしょ。

この赤塚不二夫しびれるスティックメモは、グリーティングライフさんのオンラインショップ、Paper Mint OnLine Shop(ttp://shop.papermint.jp/)でも購入できます。

私が購入したのは
左)Stick Memo FUJIO AKATSUKA AFPG-22 アッコちゃん
右)Stick Memo FUJIO AKATSUKA AFPG-14 ウナギイヌ
いずれも7センチ×7センチ。60枚です。
他にも、バカボンパパ、ニャロメバージョンもありますよ。

2013年6月 6日 (木)

星のささやき---その21.TBSドキュメンタリー番組『シベリア大紀行』と関連本

シベリアの氷点下40度を下回るような極寒の中で聞こえるという「星のささやき」。
私が初めて知ったのは、『地球の歩き方99~00 ロシア編』。

シベリアを題材にして印象的だった番組がかつてありました。
TBSの『シベリア大紀行 ―おろしや国酔夢譚の世界を行く―』1985年12月2日(前編) 3日(後編) 放映。

200年前シベリア横断を果した日本人船頭・大黒屋光太夫の足跡を探るドキュメント。
冬の極寒のシベリアなど壮大なロケが敢行されました。
開局30周年にふさわしい渾身の取材、貴重なロケもさることならが、この取材に行った方々
(レポーターの椎名誠、通訳の米原万里など)が書いている本(下記参照)がとても興味深いのです。

まだソビエト連邦の時代。少しずつ規制がゆるくなってきていたのかもしれませんが、
アメリカのジャーナリストのシベリア紀行の本などを読むと、立ち入れない制限が多くあるようです。

椎名誠も自著『シベリア追跡』で
ソ連の西側取材陣に対するもろもろのガードは想像以上にものすごかった。(p142 )
夏、冬三カ月以上にわたる長期取材でありこれまで西側のカメラが一度も入ったことのないシベリアの
奥地まで突入
(p60)
二人のロシア人は我々の仕事をサポートするための現地側代表であり、同時に必死の総合監視人(p60)
と書いています。

このような番組の取材ができたのも、日本と隣国ロシアの古くからの結びつき、大黒屋光太夫の果した役割、
シベリア地方の人々の顔立ちが日本人とよく似ている親近感、もあるのかしらと思うと同時に、
番組に関わった方々の意思のすさまじさを思い知らされます。

さて、録画をみなおして、「星のささやき」が出てくるかチェックしてみますと。

前編の番組開始から40分すぎぐらいに出てきました!!
雪に覆われたシベリアの白い大河を俯瞰する映像でこのようなナレーションが流れました!!

 一面の大河 シベリアの大樹林 ヤクート語でいう極寒 星のささやき が凍りついて河となる

おそらく何百万人が視ている番組でしょう。
私自身は当時、この番組を視ていながらこの場面の記憶がなかったのですが、
「星のささやき」という言葉が日本でメジャーデビューした瞬間かもしれません。

で・す・が、このナレーションですと極寒をヤクート語で「星のささやき」と」呼ぶように受け止めて
しまいそうです。
「星のささやき」が氷点下40度を下回った時、吐く息が空気中で氷結して奏でる音ということが
明確には説明されていません。

また、このドキュメンタリー番組 『シベリア大紀行』のヤクーツクの町の場面では
氷点下40度を下回ると発生する居住霧について取り上げられていますが、
ここでも、「星のささやき」現象までは言及されていません。

同行したロシア語通訳者の米原万里さんはロシアに造詣が深い方です。
「星のささやき」を紹介していないということはご存知なかったのでしょうか。

続いて、ドキュメンタリー番組『シベリア大紀行』に関する出版物をみてみましょう。
「星のささやき」という言葉が出てくるものは○。
「星のささやき」という言葉が出てこなくても「星のささやき」現象が説明されていれば△。
出てこなければ☓。

①1986年
× 『マイナス50℃の世界-寒極の生活』米原万里著(現代書館 )

私メモ/翌年出版されたこの本は、『シベリア大紀行』ロケに同行し、
マイナス50度を体験した時の様子についても書かれているのですが、
この本でも「星のささやき」という言葉に関しても、星のささやき現象に関しても記述はありません。
p23に
はく息の水分が、またたくまに凍っていくのです。
と書かれています。この時、凍った息の音を聴かなかったのでしょうか。

②1987年
× 『シベリア大紀行』TBS特別取材班 [著](河出書房新社)

私メモ/『シベリア大紀行』取材班によるドキュメンタリー番組『シベリア大紀行』の紙上再録。
息が凍ることは書いているものの星のささやき現象についての記載はなし。

③1987年
☓ 『シベリア追跡』椎名誠著(小学館)

私メモ/『シベリア大紀行』でレポーターを勤めた椎名誠が自身の言葉でその体験を語っています。

惜しい箇所は2つあります。
咳きこみながら鼻毛が鼻の奥の方に向かってチリチリと音をたてて凍っていくのがわかった。
音は体内音というのだろうか、かなり鮮明に聞こえた。
 (p66~67)
居住霧について、零下三十六度以下になると人間や動物の吐く息、家庭や店で煮炊きする時に出る
湯気、自動車の排気ガスといったものが空中に出たとたんたちまち凍ってしまい、それが冬中晴れる
ことのない濃霧となってヤクーツクの市街地を一面に覆ってしまうのだ。
 (p67)

④1988年
△ 『シベリア夢幻―零下59度のツンドラを行く』椎名誠著(情報センター出版局)

私メモ/③と同様、椎名誠が自身の言葉でその体験を語っています。
やっとこの本で、息が凍って音がする、ということが記述されますが、それでも「星のささやき」と呼ぶ、
とは書かれていないですね。

氷の国の静かな人々 息を吐くとすぐ凍って地面に落ちる音が聞こえるんだ― とシベリアの少年は言った。 (p37)
マローズがやってきた夜、戸外に出て何かうたうと、
うたが瞬間的に凍って地面に落ちていく音がきこえる―と、この国にきてから誰かに聞いた。
 ( p39 )

snow snow snow snow snow snow snow snow snow snow snow
というわけで。TBSドキュメンタリー番組『シベリア大紀行』の録画と、この番組に携わった方の関連本を調べてみたわけですが、
●番組では「星のささやき」という言葉が出てくるけれども、具体的な内容が明かされず、
  詩的な雰囲気で使われる。
●関連本では「星のささやき」という言葉が一切なく、かろうじて④の資料に内容が出てくるのみ

というわけで、米原万里さんが現地に同行し、スタッフが氷点下40度以下を何日も経験したうえでのことを考えると、「星のささやき」現象は当時あまり知られていなかったのかもしれません。

この番組『シベリア大紀行』は今視ても興味深い、貴重な映像がいっぱい。取材班の一人、星見利夫プロデューサーが番組放送後1ケ月あまりで急逝されたことも当時、報道で知り、衝撃を受けたものです。
ぜひ再放送してほしいです。
椎名誠の文体の軽妙さは過酷な環境の描写の中でも活きています。『シベリア追跡』では氷点下50度の中のインスタントラーメンや立ちションの様子も。

※『シベリア大紀行』は横浜にある放送ライブラリー(ttp://www.bpcj.or.jp/)で視聴できるようです。
番組名「シベリア大紀行」ですぐにヒットします。
現在のところ番組IDは前篇が002799、後編が002800です。

星のささやきシリーズINDEXはこちら

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。