« 赤塚不二夫のスティックメモにしびれました!!! | トップページ | 桃山時代の重要文化財にゆるきゃら発見 »

2013年6月23日 (日)

星のささやき---その22.星のささやきに関する日本語文献一覧

「星のささやき」現象について書かれた日本語文献を時系列でまとめてみました。

注)○→「星のささやき」という言葉がどんぴしゃで出てくるもの
  △→「星のささやき」という言葉は明記されていないけれども、
     星のささやき現象について書かれているもの。
  ×→「星のささやき」の言葉にも現象にも触れていないもの。
     触れていて当たり前と思うのですが出てこない本。
注)すべてのシベリアに関する文献に眼を通したわけではありません。
  文献以外(テレビのドキュメンタリー番組、天気予報の情報コーナーなど)は確かめられていません。
注)丸数字のあとは出版年・月(テレビ番組は放映年・月)です。

one1970年9月
『永遠のシベリア―探検家チェルスキー夫妻の生涯』アルダン・セミョノフ著。加藤九祚訳(新時代社)
呼吸のときの水蒸気が霜にかわり、白い粒となって胸にふりかかった。(私による略)。さらさらという細かかな音がきこえた。これは 空気の凍っていく音である。p79 詳細はその7を。

two1975年1月
『寒極シベリア』岡田安彦著(世紀社)
呼吸もさらさら音をたてている。p179
”凍った呼吸”またはヤクート人たちが”星のささやき”と呼んでいるサラサラというかすかな音が聞こえた。p181 
オブルチェフは”凍った呼吸”のサラサラという音を聞いて、ウェルホヤンスクを今まで”マローズの王様”としていることに疑念をいだいた。p182
私メモ/上記該当部分は三か所ともロシア語文献からの岡田安彦訳。詳細はその9を。

three-①1985年12月
TBSドキュメンタリー番組『シベリア大紀行 ―おろしや国酔夢譚の世界を行く―』
一面の大河 シベリアの大樹林 ヤクート語でいう極寒 星のささやき が凍りついて河となる。
私メモ/ナレーションより。星のささやきという言葉はどんぴしゃで出てきますが、きちんとした定義で使われているわけではありません。

three-②1986年
『マイナス50℃の世界‐寒極の生活』米原万里著(現代書館)
×

three-③1987年
『シベリア大紀行』TBS特別取材班[著](河出書房新社)
×

three-④1987年
『シベリア追跡』椎名誠著(小学館)
×

以上threeの詳細はその21を。


four1988年9月
『シベリア夢幻━零下59度のツンドラを行く』椎名誠著(情報センター出版局)
氷の国の静かな人々 息を吐くとすぐ凍って地面に落ちる音が聞こえるんだ―とシベリアの少年は言った。p37 △マローズがやってきた夜、戸外に出て何かうたうと、うたが瞬間的に凍って地面に落ちていく音がきこえる―と、この国にきてから誰かに聞いた。p39  詳細はその21を。

five1995年8月『宙の名前』林完次著(光琳社書店)
星のささやき。東シベリヤのヤクートでは、厳冬期、氷点下50度に下がることがあります。大気中の水分は結晶となって霧氷が発生しますが、人の吐く息さえも凍ってしまいます。そのときかすかな音がするそうです。これを星のささやきといっています。p76 関連記事はその1

six1999年5月
『地球の歩き方46 1999~2000 ロシア ウクライナ、ベラルーシ、コーカサスの国々編』 (ダイヤモンドビッグ社)
夜になると、さらに気温が下がる。深夜、戸外に出ると、ササ、ササ、というかすかな音が聞こえる。大気の中の、目に見えないほどの氷の結晶がくっつきあって、地上に降りてくるのだ。地元の人たちは優雅にもこれを「星の囁き」と名付けている。 p212 関連記事はその1

seven2001年11月
『シベリアの旅』コリン・サブロン著。鈴木主税・小田切勝子訳(共同通信社)
オイミャコンというその町では、マイナス72.1度を記録している。そこまで低い気温でなくても、鋼鉄は割れ、タイヤは破裂し、カラマツの木に斧が触れると火花が飛び散る。寒暖計が下がると、息は凍って結晶になり、土地の人が「星のささやき」と呼ぶ音をたてて地面にちりんと落ちる。p396 
私メモ/ 原書は『IN SIBERIA』Colin Thubron著。原書の詳細はその19を。

星のささやきシリーズINDEXはこちら

« 赤塚不二夫のスティックメモにしびれました!!! | トップページ | 桃山時代の重要文化財にゆるきゃら発見 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤塚不二夫のスティックメモにしびれました!!! | トップページ | 桃山時代の重要文化財にゆるきゃら発見 »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。