« 江戸時代の人々は雪華にどう萌えたのか(その1)ブームを示す2つの文献 | トップページ | 「ノクターン」の初恋は浅田真央のスケートへの一途な想いそのもの »

2013年10月19日 (土)

雪の結晶のような「組子」が豪華寝台列車「ななつ星」にも

六角形の姿から雪の結晶にも似てみえる、日本の伝統工芸「組子(くみこ)」。
先日、九州を巡る豪華寝台列車「ななつ星」のニュースで、この列車内にも用いられていることがわかりました。

木が作り出す繊細な幾何学模様。美しかったですね~。
取材のカメラがなめるように組子細工を映す時、思わず息をのんでしまいましたlovely

組子工芸は日本各地でさまざまな職人によって受け継がれていて、
「ななつ星」の車両内部の壁面などを飾る組子は九州の大川組子が関わったようですね。

大川ジャパンさんのHPの「匠の技」(ttp://www.okawajapan.jp/oldcnt/takumi/index.html)
組子の連なりが美しいです。

大川コンセルヴさんのHP(ttp://okawa-conserve.com/)→「大川組子の茶托」はななつ星を担当した木下工芸さんによるもののようです。六角形の中にいろんな模様が。スタイリッシュです。

このブログ内の組子過去記事はこちらこちら
自分で雪の結晶のような組子が作れるキットはおすすめです。

【雪の結晶とアート】INDEXはこちら
雪の結晶全般はこちら

« 江戸時代の人々は雪華にどう萌えたのか(その1)ブームを示す2つの文献 | トップページ | 「ノクターン」の初恋は浅田真央のスケートへの一途な想いそのもの »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸時代の人々は雪華にどう萌えたのか(その1)ブームを示す2つの文献 | トップページ | 「ノクターン」の初恋は浅田真央のスケートへの一途な想いそのもの »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。