« 五線譜みたいな蜘蛛の網にびっくり! | トップページ | 浮世絵の中の雪華シリーズ(その1)国芳の猫の着物がしびれます »

2013年11月 2日 (土)

猫好き必見! 猫好きへのプレゼントに最適。国芳の猫本に国民的キャラクターも!!

江戸時代の浮世絵師、国芳が猫好きで猫を登場させた作品をいくつも発表しています。
猫以外でも金魚が擬人化されたりと、ユニークな作品が多い国芳は私も結構好き。

昨日、『ねこと国芳』という本をみつけました。

ねこと国芳

これがマイヒット!!!

重い画集とは違ってコンパクトなA5サイズ。そしておしゃれ。
英語と日本語で書かれ、何より、国芳が猫を描いた浮世絵がいっぱい紹介されているのです。

登場する猫は決して、ゆるキャラのようなラブリーさを狙ってはおらず、写実的で、どちらかというとリアルすぎて、少しぶきみだったりするのですが、それがかえって愛らしいです。

どれもいとおしくなる猫ちゃんたちばかりなのですが、私が特に気に入ったのは。

「於竹大日如来の由来(おたけだいにちにょらいのゆらい)」p35
女性の着物の裾の中に猫がもぐっています。

「譬諭草をしへ早引 輪(たとえぐさおしえはやびき わ)」p41
猫が寝ている様子がかわいいです~。

「うろたへた小猫盆画へ屎をたれ(うろたえたこねこ ぼんがへくそをたれ)」p64
板の上に砂で描く「盆画」にちょこんと座って、子猫がうんちをしちゃっている様子が描かれています。

猫といえば砂を掘ってトイレする習性がありますよね。あたりまえかもしれませんが、
江戸時代の猫も、砂→手でホリホリ→トイレの本能があったんだなって感心してしまいます。

最高にしびれたのが
「艶曲揃(えんぎょくぞろい)」p54
本を読む女性の背中に猫が乗っている絵です。私もよく背中の上に猫がのってくるのを経験しているので、江戸時代の猫も同じか~習性って面白いな~と思いました。
でもしびれたのはほかにも理由が。
この絵に描かれた猫がなんと、なんと、なんと、あの国民的キャラクターに似ているのです。
それは。


天才バカボンのパパ!!!happy02
この本の著者、金子信久氏もこう書いていらっしゃいます。
国芳の猫としては珍しい顔立ちで、余計な話ではあるが、赤塚不二夫の『天才バカボン』が
連想されてならない。


国芳というと「荷宝蔵壁のむだ書(にたからぐらかべのむだがき)」が衝撃だったわという方も
いらっしゃることでしょう。
チョークで書き殴ったような現代のヘタウマそのものの絵。
中にはニャロメそっくりの動物もいて、びっくりの作品ですよね。


国芳の作品に赤塚不二夫のキャラクターと似ているものが2つもあるということは。
3つの理由を考えてみました。
1 赤塚不二夫が国芳が好きで、知らずに影響を受けた。
2 赤塚不二夫は国芳の生まれ変わりで、前世の記憶が残っていた
3 赤塚不二夫が江戸時代にタイムトリップして国芳として活動した。
  150年後の日本人が「あれ?!」って発見すればいいな~という遊び心で、
  時代の流れを壊さない程度に大好きなキャラクターを盛りこんだ。
  

私は、結構3もありうるな~と思うのです。
少し前に、江戸時代の浮世絵にスカイツリーそっくりのものが描かれている!と話題になりましたよね。
あの作品も実は国芳。国芳は現代からタイムスリップした人だったのかも。

スカイツリーのデザインが発表されたのが2006年。赤塚不二夫が亡くなったのが2008年。
スカイツリーのデザインを知ったあと、江戸時代にワープなんてことがあったら・・・。
ただ、2004年には意識不明のまま植物状態とのことなので、
スカイツリーのデザインを知ることはなかったのかしら。

と、話は脱線しましたが、『ねこと国芳』。
バカボンパパ猫をはじめ、国芳の猫への愛情が伝わる絵の数々が楽しめる本です。

ぜひお手を取ってみてください。
--------
現在、原宿にある浮世絵太田記念美術館で「笑う浮世絵-戯画と国芳-」が開催されています。
太田記念美術館のサイトでも現在、国芳の「道外 とうもろこし 石橋の所作事」の絵が紹介されていますが、最高!
歌舞伎の連獅子などで、頭を振る毛振りがありますよね。それをとうもろこしが、とうもろこしのひげを振る形でおこなっている浮世絵なんです。笑えますhappy01
国芳の猫は11月7日 11月14日

« 五線譜みたいな蜘蛛の網にびっくり! | トップページ | 浮世絵の中の雪華シリーズ(その1)国芳の猫の着物がしびれます »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 五線譜みたいな蜘蛛の網にびっくり! | トップページ | 浮世絵の中の雪華シリーズ(その1)国芳の猫の着物がしびれます »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。