« 雪輪の魅力について(その2)雪輪があしらわれた装束(着物) | トップページ | 雪輪(その4)雪輪をあしらった浮世絵(1) 鈴木春信 »

2014年1月12日 (日)

雪輪(その3)雪輪をあしらった工芸品

雪輪(その2)に続き、雪輪モチーフの工芸品をご紹介します。
こちらも(その2)と同様、『雪華図説』(天保3年/1832年)以前のものを中心に。
青字は各HPからの引用文。
直接のURLがもしリンク切れになりましたら、各トップページからたどってみてくださいませ。
---------
渋谷区松濤にある戸栗美術館には美しい工芸品が数多く収蔵されていますが、美術館HPで閲覧できるものも多いのがありがたいです。雪輪をあしらった素晴らしい作品をどうぞご覧ください。

one20140114botanyukiwa_toguri色絵 牡丹雪輪文 皿
江戸時代(17世紀中期)
戸栗美術館所蔵
閲覧できるページ
戸栗美術館(ttp://www.toguri-museum.or.jp/)→学芸の小部屋→2012年→11月
直接のURLはttp://www.toguri-museum.or.jp/gakugei/back/2012_11.php

私メモ/濃い色の皿の中で白さが引き立っています。雪輪の形は切込みが深いです。
デザインとしてではなく、本物の雪の結晶を描いたつもりなのかなとも想像してしまいます。

two桐段雪輪模様小袖 小袖屏風
きりだんゆきわもようこそで
国立歴史民俗博物館所蔵(野村コレクション)

ネットで閲覧
国立歴史民俗博物館(ttp://www.rekihaku.ac.jp/)→展示のご案内→企画展示→これまでの企画展示・特別展示→1994近世きもの万華鏡
直接のURLはttps://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/old/940719/index.html

私メモ/クリムトを思わせるシックな色合いが美しいです。雪輪は6弁(六出)ではないものもあります。

three20140112seijisometsuke_toguri青磁染付雪輪文
江戸時代 17世紀末~18世紀初
戸栗美術館所蔵
閲覧できるページ
戸栗美術館(ttp://www.toguri-museum.or.jp/)→ブログ→2012年2月19日
直接のURLはttp://toguri.exblog.jp/17394843/#17394843_1
『館蔵 青磁名品展―翠・碧・青―』のプレスリリース
(ttp://www.toguri-museum.or.jp/tenrankai/pdf/pdf_20.pdf)でも画像と詳しい解説を見ることができます。
上品な青磁釉を背景に、鍋島焼ならではの構成力に富んだ配置
で雪輪文様を浮かび上がらせている。染付の輪郭線と青磁釉が
穏やかに溶け合い、染付のぼかしが画面を引き締める効果をあ
げている。


私メモ/とてもモダンでおしゃれlovelyです。
雪輪の形は6弁ではなく8弁でしょうか。一つ一つの幅が違っていてとてもリズミカル。
大胆な構図で雪輪の重ね方も斬新。
淡いペパーミントグリーン、青、白というシンプルな配色もとてもスタイリッシュ。
今、私たちが使いたくなるようなこのデザインを200年以上前の江戸時代の人が手がけたということに
驚きます。

four染付雪輪繋唐草文皿
1690~1710年代 
個人蔵

ネットで閲覧
伊万里市歴史民俗資料館ブログ(ttp://rekimin.sagafan.jp/)→2010年10月29日
直接のURLはttp://rekimin.sagafan.jp/e288618.html

私メモ/花のような雪輪が青の濃淡で描かれています。

five白磁雪輪形皿猪口
はくじゆきわがたちょく
江戸時代 17~18世紀
筑波大学所蔵(石井コレクション)

閲覧できるサイト
筑波大学アートコレクション(ttp://www.art.tsukuba.ac.jp/collection)
→石井コレクション(陶磁器類作品[日本])
直接のURLはttp://www.art.tsukuba.ac.jp/archives/2665

私メモ/真白な有田焼。雪輪が柄として描かれているのではなく、
上からみた時の猪口の縁(口縁)が雪輪の形になっています。とても可憐です。

six20140112yukiwakikko_toguri色絵 雪輪亀甲文 桃形皿
江戸時代18世紀前半
戸栗美術館所蔵
閲覧できるページ
戸栗美術館(ttp://www.toguri-museum.or.jp/)→学芸の小部屋→2012年→3月
直接のURLはttp://www.toguri-museum.or.jp/gakugei/back/1203.php
私メモ/桃の形のお皿がかわいいです。
雪輪は6弁の形ですが、一つ一つに浅い切込み(レースのハンカチの縁の⌒⌒⌒⌒のような)があり、
とても繊細で美しい柄になっています。

seven染付雪輪文瓶
そめつけゆきわもんびん
江戸時代中期 18世紀
愛知県陶磁美術館所蔵

閲覧できるサイト
愛知県陶磁美術館(ttp://www.pref.aichi.jp/touji/)→コレクション→江戸時代
直接のURLはttp://www.pref.aichi.jp/touji/collection/08/collection/47.html

私メモ/雪輪のコラージュされた様子がとてもモダンです。
ポーランドの青い陶器のよう。

【雪の結晶とアート】INDEXはこちら
雪の結晶全般はこちら

« 雪輪の魅力について(その2)雪輪があしらわれた装束(着物) | トップページ | 雪輪(その4)雪輪をあしらった浮世絵(1) 鈴木春信 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪輪の魅力について(その2)雪輪があしらわれた装束(着物) | トップページ | 雪輪(その4)雪輪をあしらった浮世絵(1) 鈴木春信 »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。