« 二度の大雪にびっくり!でも江戸時代(文政~天保)も江戸の町に大雪が | トップページ | ソチ五輪、男子シングル »

2014年2月15日 (土)

ソチ五輪男子シングル。羽生結弦、金メダル、やりましたね!

羽生結弦が金メダル。やりましたね!!!

団体のショートやシングルのショートの「パリの散歩道」の100点越え。圧巻の滑りでした。

首位につけて臨むプレッシャー、2位のチャンの方が後に滑るというプレッシャー。ジャンプの転倒もありましたが、きっちりきめた4Tや高い演技構成点で臨む攻めの演技で見事に金メダル。快挙以外のなにものでもないですよね。羽生のジャンプのミスで、五輪の緊張によるものかと思ったのですが、チャンもミス続きだったところをみると氷の状態がよくなかったのでしょうか。最終グループの前に製氷作業があったらそれぞれの選手が今以上に素晴らしいパフォーマンスを見せたのではと思いました。

それにしてもは羽生は本当にすごい!!! 
そして、伸び盛り、一番いい時に五輪を迎えられてよかったです。

あと2年遅かったら、そのあいだに故障による手術をしていたら、今のような高難度の技をいれまくる構成を滑り切ることはできなかったかもと思うと、年齢のめぐり合わせも感じます。

でも、今シーズン。王者パトリック・チャンとの4度にわたる対決は見応えがありました。
グランプリシリーズでは6戦のうちの2戦に出場。その2戦ともパトリック・チャンとの直接対決で敗れました。

チャンがいない試合にでていたら間違いなく優勝だったのに、と損をしたようにもみえました。
ですが、王者と直接対決をしたことが羽生にとってのいい学びとなったのでしょう。音がまったくしないと驚いたというチャンのスケート技術他、高いレベルのものに触れることで自らもさらに引きあげた。

のびざかり、吸収ざかりの羽生にとって、トップ同士のガチ対決は目先の優勝を逃しても、五輪に向けての貴重な体験になったことでしょう。

グランプリファイナルでは見事にチャンをくだして優勝。

羽生の魅力はなんといっても両「面」具有ということでしょうか。
上背があり長い手足のめぐまれた体格←→女形もできそうななで肩と華奢にみえる体つきとあどけなさが残る中性的な雰囲気。
欧米人にひけをとらないスタイル←→一重で日本的な顔立ち
4回転、飛距離のあるジャンプを決めるダイナミックさ←→
ビールマンスピン、ドーナツスピンをこなす女子スケータ^のような柔軟性。
高い技術←→表現力。
どちらかの天秤に傾く選手が多い中で、両方を高いレベルであわせもつ選手。
すごい若者が、すごい日本人があらわれたものです。

団体戦ショート。

心臓の強さにまずびっくり。初めての五輪。あこがれのプルシェンコやチャンがいるのに、それに臆することがない。そしてトップに立つ演技をみせる。驚かされました。

男子ショート。
団体戦と同じく、そしてそれ以上に素晴らしい演技。スポーツ番組によると、演技直前に場内で奇声のようなものがあがったとか。でもそれで乱されることなく、笑顔。
今までやってきた練習、オーサーコーチへの信頼。自分自身への信頼が、強さとなって支えているのでしょうか。
ショートは短い尺の中で多彩な要素が盛り込まれた魅力的なプログラム。少しかがんで足を<\の方とで滑るところ他、粋なプログラムが素敵です。

フリー。
首位に立ったことによる緊張を羽生も感じるんだと思いました。最初の4回転サルコウでまさかの転倒があった時。でも結局次のチャン他もジャンプミスが続くところをみると氷の状態がよくなかったのでしょうか。
最終グループの前にもう一度製氷作業があったらと思いました。

最初のジャンプで転倒しても、諦めることなく、次のジャンプも4回転回避ではなく、挑んで4Tを見事に決めたところ。もともと演技構成点がこれでもかと詰め込んた鬼プログラムだったこと、などなどがありミスがあってもチャンよりも高く評価されたところがよかったです。

演技の最後もやはり、すぐには立てず。体力の計算度外視で、限界まで力を出し切った。フラワーセレモニーのあとでは、金メダルのよろこびよりも完璧な演技をできなかった悔しさを語っていましたが、見事な勝利だと思います。

チャンは羽生の演技をみて、自分の金メダルを確信したかな。と精神的アドバンテージをもらったかのようにみえましたが、やはりまさかのジャンプミスが続きました。
それでも、四季の冬のメロディーで滑るくだりが好きです。

羽生が金メダルを取ったあと、にこやかに羽生とチャンが語って互いを祝福する様子にほっとしました。
これだけ安定した王者だったチャンが五輪の金メダルを獲得できないままであることを考えると、やはりあぶらが乗った年齢を4年に1度の開催にあわせるというのは運やめぐりあわせがあるなと思いました。

トリノで金メダルを手にした荒川静香も今回のフリーの羽生と同じく滑走順が21番目だったそうですね。

高橋大輔、町田樹も素晴らしかった。あらためてアップします。

追記。
プルシェンコが羽生結弦をたたえてくれているのがうれしいですね。
プルシェンコの公式サイト(ttp://evgeni-plushenko.com/)
の本人のツイッター、優勝が決まってすぐつぶやいてくれたみたいですね。
訳してみましょう。

Хочу поздравить Юзуру Ханю,Патрика Чана и Дениса Тена с олимпийскими медалями!
羽生結弦、パトリック・チャン、デニス・テン! オリンピックのメダリスト、おめでとう!

Мой кумир Удзюри Ханью!Молодец!!!!
僕のヒーローは羽生結弦だ! よくやった!!!!

Ханью гений
羽生は天才だ!

素晴らしい賛辞ですね。男性スケーターで4回転に果敢に挑み、ビールマンスピンもこなす。
プルシェンコは彼に自分の後継者像をみているのかもしれません。
プルシェンコの母国での五輪。プルシェンコではなくて他国の選手が金メダルを取ったことの「がっかり」を打ち消すために、羽生結弦を援護射撃したのかもしれません。

それにしても、自らの棄権で気落ちしているであろう中でのプルシェンコからの祝福。うれしいものです。
(2014.2.16追記)

昨日、芸人の上田が羽生結弦にインタビューしている番組を見ました。羽生の明瞭でブレナイコメント、思慮深さを感じさせる受け答えは素晴らしかったし、上田さんもうまく引き出していました。

金メダルを取ったことに決してうわつかず。また転倒は緊張のためと語っていますね。
(羽生にしても他の選手にしても転倒を氷の状態のせいと語っているコメントは耳にしていないのは本当に緊張のためなのか、主催国への配慮か)
体は緊張していたのに、脳では自分は緊張していないと思いこもうとしていた、錯覚していた、そのために自分自身の状態を的確にとらえていなかった、というようなことを語っていたのが印象的でした。
言い訳せず、その時の体や精神の状態を自らが分析して、こんな状態だったのでこういう結果になったと語るのを聴くのは本当に興味深いことです。

今一番やりたいことはの質問の答えが「4回転サルコウの練習」だったでしょうか。
荒川静香もそうでしたが、金メダル取って終わりではない。それをスタートにして「金メダリスト」にふさわしいその後を送り続けようとする。その自覚が強く感じられました。
おそるべし19歳。
ジャンプの軸だけではなく、精神の軸もぶれていない、こんな素晴らしい選手をリアルタイムで追い続けられるのはうれしいことですね。

« 二度の大雪にびっくり!でも江戸時代(文政~天保)も江戸の町に大雪が | トップページ | ソチ五輪、男子シングル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 二度の大雪にびっくり!でも江戸時代(文政~天保)も江戸の町に大雪が | トップページ | ソチ五輪、男子シングル »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。