« 雪輪(その10)雪輪をあしらった浮世絵(7)一筆斎文調 | トップページ | 2月8日、雪の結晶を撮りました »

2014年2月 7日 (金)

雪輪(その11)雪輪をあしらった浮世絵(8)細田(鳥文斎)栄之

雪輪をあしらった浮世絵(7)の続きです。

江戸時代後期の絵師、細田栄之(鳥文斎栄之/ちょうぶんさいえいし)(1756~1829年)の作品を9点ご紹介します。

白ベタの雪輪あり、雪輪の中にさまざまな花をあしらったものあり、バリエーション豊かです。

(美術館へのリンクが切れましたら、各所蔵館トップページからお訪ねください)
(所蔵館はすべての館を網羅しているわけではありません)
(作品の年代は所蔵館の表記を参考にしました)
(日本語作品名を確認できていないものがあります。
≪≫としているのは英語作品名や作品の絵を元に私が記した暫定的なもので、正式名ではありません)

one≪桃樹風鈴下二女≫/鳥文斎栄之
江戸時代 1791~1792年

ボストン美術館、ホノルル美術館所蔵

閲覧できるサイト
ボストン美術館所蔵のものはこちら
作品タイトルは「Two Young Women Walking under a Windchime」。

私メモ/右側の女性の着物に雪輪が。雪輪の中には一つ一つ松や花々が描かれています。

two≪金龍山の滝桜≫/鳥文斎栄之
江戸時代 1792年

ボストン美術館所蔵

閲覧できるサイト
ボストン美術館所蔵のものはこちら
作品タイトルは「Women Viewing Cherry Blossoms at Kinryuzan Temple in Asakusa」。

私メモ/右側から3番目の女性の着物、スミレ色の地に白い雪輪が美しいです。雪輪は5弁。

three≪貴婦人花見≫/鳥文斎栄之
江戸時代 1793年

ボストン美術館所蔵

閲覧できるサイト
ボストン美術館所蔵のものはこちら
作品タイトルは「Ladies Viewing Cherry Blossoms beside a Stream」。

右から2人目の女性の着物が雪持ち笹の柄になっていますが、積もった雪のフォルムが雪輪の輪郭になっています。

four≪青楼美人六歌仙 松葉や若那≫/鳥文斎栄之
江戸時代 1794~1795年

ボストン美術館所蔵

閲覧できるサイト
ボストン美術館所蔵のものはこちら
作品タイトルは「Wakana of the Matsubaya, from the series Beauties of the Yoshiwara as Six Floral Immortals」。

私メモ/絵の中で雪輪に水仙と「松葉や若那」の文字が描かれています。美しいです。

five≪青楼美人六歌仙 角玉や花紫≫/鳥文斎栄之
江戸時代 1795年

シカゴ美術館所蔵

閲覧できるサイト
シカゴ美術館所蔵のものはこちら
作品タイトルは「Hanamurasaki of the Kadotamaya, from the series Six Flowery Immortals of the Pleasure Quaters」。

私メモ/fourと同様、雪輪の中に花と「角玉や花紫」の文字が描かれています。

Eishi_sayagata_loc six≪若那初模様 岡本屋内 佐屋形 ふもと すその≫/鳥文斎栄之
江戸時代 1796~1797年

アメリカ議会図書館(→)、
ボストン美術館所蔵

閲覧できるサイト
アメリカ議会図書館所蔵のものはこちら
作品タイトルは「Okamotoya uchi sayagata」。
ボストン美術館所蔵のものはこちら
作品タイトルは「Sayagata of the Okamotoya, kamuro Fumoto and Susono, from the series New Year Designs as Fresh as Young Leaves」。

私メモ/佐屋形の左右の禿(かむろ)の着物が雪輪模様です。ピンク色の着物に、白ベタの雪輪と白い輪郭だけの雪輪の重なりが美しいです。アメリカ議会図書館の画像(↓)では退色で雪輪の形がわかりづらいですが、ボストン美術館所蔵のものは鮮やかな色合いなので、雪輪の輪郭がよくわかります。
Eishi_sayagata_loc_up












seven≪略三十六歌仙 兼輔≫/鳥文斎栄之
江戸時代 1799年

ボストン美術館所蔵

閲覧できるサイト
ボストン美術館所蔵のものはこちら
作品タイトルは「Kanesuke, from the book Yatsushi sanjurokkasen」。

私メモ/中央で座る女性の着物に雪輪が。

Eishi_seiro_moyo_awase_bmeight≪青楼模様合わせ 扇屋花扇≫/鳥文斎栄之
江戸時代 18世紀

大英博物館所蔵(→)

閲覧できるサイト
大英博物館所蔵のものはこちら
作品タイトルは「Seiro Moyo Awase」。

私メモ/中央の女性の赤い着物に雪輪がちりばめられています。
Eishi_seiro_moyo_awase_bm_up













nine09eishi_seirouyukyo_tnm ≪青楼遊興≫/鳥文斎栄之
江戸時代 19世紀

東京国立博物館所蔵(→)

画像提供:東京国立博物館
(ttp://www.tnm.jp/)

ハーバード大学美術館所蔵

閲覧できるサイト
東京国立博物館所蔵のものはこちら
ハーバード大学美術館所蔵のものはこちら
作品タイトルは「Scene in a Courtesan's Room」。

私メモ/中央の女性の緑色の着物に白ベタの雪輪が描かれています。
立命館大学の浮世絵データベースではこの作品は「善玉悪玉遊興図」と紹介されています。
3枚続きの作品の左部分であることがわかります。
絵の中に額に「悪」と書いてる小さなおじさんが何人もいる様子が可笑しいです。

(2014.3.12追記)
堀口茉純 文・絵の『UKIYOE17』(中経出版2013)では16人の浮世絵師を年代順に紹介しています。
(17の残りの一人は絵師ではなくプロデューサー的存在の蔦屋重三郎です)
的確で人となりがとてもわかりやすかったので要約してご紹介します。青字は引用部分。

鳥文斎栄之(絵師8番目に登場 p106~111)
喜多川歌麿のライバル。武士なのに絵画にはまる。歌麿の大首絵に対抗。
栄之は女性美を全身像で見せることにこだわり続ける。
描く美人は九・五頭身ほどある現実世界ではありえないプロポーションに到達。


【雪の結晶とアート】INDEXはこちら
雪の結晶全般はこちら

« 雪輪(その10)雪輪をあしらった浮世絵(7)一筆斎文調 | トップページ | 2月8日、雪の結晶を撮りました »

コメント

恵美さん、お久しぶりです。

とうとう浮世絵の雪輪模様にまで話が広がったのですね。雪輪は好きな文様の1つです。涼しさを演出するために夏の着物によく使われますね。

知人が素敵な画像を紹介しているのを見て恵美さんにもシェアしようとこちらを訪ねました。恵美さんのことだから見たことがあるかもしれないけど、プレゼント。

https://www.youtube.com/watch?v=bJDeoah-Cd0&feature=youtube_gdata_player

さる子さん。ご無沙汰しています。
B型凝り性の「同志」であるさる子さんもやはり、雪輪がお好きでいらしたのですね。
雪輪に魅せられ、いろんな浮世絵めぐりまで来てしまいました~。

日本の凄いところは、冬の柄の雪輪を、涼のために夏つかっちゃうところですよね!
お着物を愉しまれる方は、雪輪を味わえてうらやましいな~と思います。

エルメスには雪の結晶モチーフのスカーフがいくつかありますが、「雪輪」をモチーフにしたものがあったら買いたいなと思います。

動画教えてくださりありがとうございます。
結晶の成長する様子が美しいです!!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪輪(その10)雪輪をあしらった浮世絵(7)一筆斎文調 | トップページ | 2月8日、雪の結晶を撮りました »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。