« 雪の結晶番外編/滝沢路の日記シリーズ(その5)息子太郎の壮絶な闘病と死 | トップページ | 雪の結晶番外編/滝沢路の日記シリーズ(その6)手を焼いた孫倉太郎と力次郎 »

2014年5月 7日 (水)

2014年青葉農園に行ってきました

今年も青葉農園に行ってきました。

まず今回一番印象に残ったバラを。

「エバンタイユ・ドール」。
20140507aobanoen_eventail_dor2
フランス語で「金の扇」。
くすんだイエローがとてもシックなのです。
花の中心に向かってセピア色に近いグラデーションになっています。

「クラシック」というよりも「アンティーク」な雰囲気を感じさせます。
博物館に飾られている昔の貴婦人のドレスのよう。
少し色あせているけど豪奢なレースや刺繍がほどこされているような。

独特の雰囲気を放っていました。

どこかひねった色合いのバラが好きな私は
「テラコッタ」も好き。
20140507aobanoen_terracotta
煉瓦色です。
そしてどことなくマットな印象があるところも
「テラコッタ」という名前にぴったり。
少し肉厚のぷっくりした花びら、フォルムがかわいいです。
20140507aobanoen_terracotta2
素焼きのような明るいベージュ色
ターコイズブルーを差し色に効かせた壁や花壇に
テラコッタを植えたら…。
バラなのに「おフランス」ではなくて「サンタフェ」な感じがして
おしゃれだろうな、なんて思います。

紫色のバラも年々種類が増えているように感じます。

「ブルームーン」。
20140507aobanoen_bluemoon
青の静けさにほんの少しだけ赤の情熱を混ぜたような、静謐なたたずまい。

「ブルーパフューム」。
20140507aobanoen_blueperfum
紫だけど少し華やかさを増したバラ。

「ニューウエイブ」。
20140507aobanoen_newwave
その名の通り花びらの縁がひらひら波打っています。

いろんなイングリッシュローズにもうっとり。
こちらは「ジェフ・ハミルトン」。
20140507aobanoen_jeffhamilton2
なんという巻き巻き具合なのでしょうか!

名店のクロワッサンをカットすると
断面が見事に螺旋を描いていてうっとりしますよね。

あのうっとりに近いものを感じます。
職人が手で花びらを巻き重ねるわけではないのに、
バラが自分自身でこんな渦巻を創りだすことが不思議。

「アンブリッジ・ローズ」。
20140507aobanoen_ambridgerose2
外側の花びらが淡いピンク。
中心の花びらが濃いアプリコットピンク。
可憐な「ピエール・ド・ロンサール」に雰囲気が似ています。
香りもとてもよかったです。

青葉農園はバラ以外もいろんな植物に出会えます。

「クローバー・ティントネーロ」。
20140507clover2
ネーロは黒という意味ですね。
黒いペンで塗り消したように、縁だけ緑色を残して黒い葉がなんとも素敵。
クローバーのラブリーさに、強さを出していて、北欧のテキスタイルのような雰囲気。

クローバーには花が赤紫がかっていて、葉もワイン色のものも。
こちらは「クローバー・ティントワイン」。
20140507clover3

以前も青葉農園で、その深い色合いに
ぽおっheart04となった「セリンセ・マヨール」もいました。
20140507cerinthemajor1
ブルーベリーの色や、くわいのグレイッシュなブルーがお好きな方は絶対好きなはず!!

オダマキにこんなかわいい花が。
名前は「ピンクペチコート」。
20140507odamaki2
マリー・アントワネットの頃のふわっとしたドレスのよう。

花が白~少し黄緑色がかっているor
葉はシルバーがかっているor
ほわっとした質感
の植物に無性に惹かれます。

フランネルフラワー、エーデルワイス、ラムズイヤー、ミヤマウスユキソウ(深山薄雪草)とか。
ですので青葉農園でも白い花やシルバーがかったリーフに眼を奪われました。

「ブッドレア」も大好き。
20140507buddleja

「オンファロデス」。
20140507omphalodes2
ごく小さな白い花が、かすみ草ほど密集していないのですが、
ぽ、ぽ、ぽっと咲いている様子が可愛いです。
白い花も良く見ると内側にほんの少し色濃く、浮彫りみたいに見えるところがあるのも小粋です。

花が放射状に咲く、名づけるなら「線香花火系」の花、
「オルラヤ・ホワイトレース」を買いました!!
20140507orlaya1

二つの楕円形の花びらが寄り添う様子がハートみたいなのも女子のツボを心得ていますよねえ。
20140507orlaya6
下の方に大きなハートが3つ。
上の方は小さなハートが3つ。
なぜアンバランスなのでしょう。

中心の球状のものをアップするとこんな感じです。
20140507orlaya5

おしべでしょうか、めしべでしょうか。
ぴよんぴよんと飛び出た様子をアップで。
20140507orlaya2
この花はこぼれ種で翌年も咲くということなので、来年も楽しめたらいいな~と思います。

青葉農園シリーズINDEXはこちら

« 雪の結晶番外編/滝沢路の日記シリーズ(その5)息子太郎の壮絶な闘病と死 | トップページ | 雪の結晶番外編/滝沢路の日記シリーズ(その6)手を焼いた孫倉太郎と力次郎 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の結晶番外編/滝沢路の日記シリーズ(その5)息子太郎の壮絶な闘病と死 | トップページ | 雪の結晶番外編/滝沢路の日記シリーズ(その6)手を焼いた孫倉太郎と力次郎 »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。