« 「こないろ」の時計。色の組み合わせが楽しいです。 | トップページ | シダ―ローズ第三弾 この冬の収穫&シダ―ローズを正面から眺めると。 »

2014年12月17日 (水)

上野でのエルメス「レザー・フォーエバー」展で革と色に魅了されました

革が大好き。
友達に教えてもらい、上野の国立博物館表慶館で開催されている
HERMESの「レザー・フォーエバー」展に行ってきました。

フラッシュを使わなければ、撮影OKでしたのでたくさん撮らせていただきました。
(以下、画像はクリックいただくと拡大します)

入ってすぐのホールではジャケット以外の革に触れることができます。
こちらは水牛の革だったと思います。
手に吸い付くようにしっとり。
この3色の色合いもツボです。
20141216hermes00_1_4

いろんな刻印がありました。
20141216hermes01_3

カラフルな糸が並ぶ様子は圧巻。
20141216hermes03_3

糸のアップ。
20141216hermes05_2_3

時を重ねたケリーバッグの風合いが素敵です。
心霊写真のように映っている白いものは反対側に展示中の革でできたサイです。
20141216hermes13_4

なんて美しいんでしょう。
18世紀末イギリスのオペラグラスです。
真鍮にゴールドプレート。ガルーシャの革張り。「Dolland London」の刻印。
江戸時代の顕微鏡(国内外)を調べていた時に出会った顕微鏡にデザインがよく似ています。
20141216hermes13_2_3

野球のボールとバットとグローブもありました!!
20141216hermes06_4
20141216hermes09_3
白い革に赤いステッチ。ほしい~~~。

個人が使うための野球ボールではなかったのですね。
20141216hermes10

それぞれのコーナーに展示品の解説ボードがあります。
ボードが入っているケースはケリーバッグをモチーフにしているのでしょうか。(推測)
20141216hermes15_3

いろんな革でできた動物たち。品格を保ちながらアヴァンギャルド満載の遊び心。
エルメスの真骨頂ですね!
20141216hermes16_3

猿。芸が細かいです。
親指の位置が人間の足とは違うことも見事に再現されています。
20141216hermes18_2

チョコボールのキョロちゃん?
20141216hermes20_2

横顔を。
20141216hermes21_2

カメレオンも迫力があります。
20141216hermes22_2

こんな顔立ち。
20141216hermes23_2

革でできた馬のぬいぐるみのようなものも可愛らしかったです。
20141216hermes26_2

丸い盤が回転して馬が回ります。
20141216hermes27_2

裸エプロン、ならぬ裸ケリー。
20141216hermes28_2

職人さんが実演でケリーバッグの制作をされていました。
私が見たのは表革と内側の革を貼り合わせるところからです。

接着剤を塗って、
20141216hermes29_2

表面と裏面を張り合わせ。
20141216hermes30_2

こんな風につくられていくのですね。
20141216hermes34_3

20141216hermes35_2

次々、工程が進んでいきます。

20141216hermes39_2

職人さんのエプロンも革で素敵。
20141216hermes38_2

20141216hermes42_5
A
意外だったのは使われている定規がインチなのではなくcmだったこと。
20141216hermes43_2

サドルステッチの工程もリズミカル。
次々と糸が交差してステッチが並んでいきます。
20141216hermes47_2

道具入れでしょうか。この革のミニバッグも素敵。
20141216hermes41

表慶館の空間とぴったりの展覧会。
エルメスの世界に浸ってもらうために採光を抑えた空間にしているそうです。

2階から1階へ降りる螺旋階段の
20141216hermes53_2
手すりの影も「芸術」になっていました!
20141216hermes55_2
映画のセットのようでした~。

「レザー・フォーエバー」は入場無料です。
公式HPから入場引換券をダウンロードするのですが、
うまくできない場合パソコンでHPを出して、プリントアウトしたものを提示するのでも大丈夫なようです。

あわただしい年の瀬、つかのまの目の保養になりました!
----------------------------------------------------------------
本当は職人さんのケリー作りで、このあとに行うであろうコバ磨きを見たかったのです。
語れるほどエルメスの革製品を持っていない、
持っていてもほとんど小物の私ですが、
エルメス革製品の魅力の一つにコバ磨きのクオリティの高さがあると思うんです。

革を断った断面の処理のことですが、指の腹でさわるとなめらかでとても気持ちいいんです。
猫の鼻の頭の毛並を撫でるのと同じくらいすべすべ。

こちらは10年以上使っているキーホルダーです。
20141216hermes59
カバンの中に無造作に入れているにもかかわらず、まったく剥げていません。

« 「こないろ」の時計。色の組み合わせが楽しいです。 | トップページ | シダ―ローズ第三弾 この冬の収穫&シダ―ローズを正面から眺めると。 »

コメント

をを!行ったのですね!
emiちゃんの鋭い観察力素晴らしいです!
エルメスの鞍で乗馬体験しましたか?

eriちゃん。見てくれてありがとう!教えてくれてありがとう!
eriちゃんのフェイスブックでしっかり予習をさせてもらい、撮影OKもわかったのでデジカメ持参で行ってきました。
乗馬体験はせず。すごく迫力ありましたよね。みんなが見ている中で乗る方達、勇気あるなあと思いました。

あれはみんなに顔がわからないように照明を暗くしているんだと思います
私もひとりで行って、えいやっ!って気分になって体験してしまいました(笑)
しかしエルメスは大盤振る舞いですね
老舗ブランドの心意気を感じました(^ ^)

おお。挑戦したのですね!!eriちゃんなら馬にまたがるオスカル、みたいな雰囲気になりそう。
結構高さありますよね。怖くなかったでした?
老舗ブランドの心意気、感じます。来場者もケリー他、エルメスが好きで持っていますというセレブだけではなく、革製品を作っている職人系の方達もいっぱいいらしていたような気がしました。職人さんの実演で、革の処理とかの詳しいことを訊いていたり。
それが興味深かったでした。

高かった。そして硬かった...。
乗馬なんて一生しないけど、エルメスの鞍にどうしても乗りたかったので(笑)
私バッグ屋なので、こういう催しはなるべく行くようにしています。
同業者風の人がいっぱいいました(^ ^)

かなり高い位置であれだけ揺れる中、乗れるなんてすごいわ。
硬いものなのね? 確かにエルメスの鞍にまたがれるなんてめったにできない体験だものね。貴重な体験ね!
フェイスブック経由でいろんなバッグ拝見していました。em's co.ltd.さんですよね。
物作りで人を喜ばせるって素敵だわ

emiちゃん
fbのページ見てくれてありがとうです
あまり更新していないのですが、目新しいもの作ったら載せますね^^;

人生を謳歌しているeriちゃんが「創る」ということが魅力的。ぜひこれからも作品ご紹介くださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「こないろ」の時計。色の組み合わせが楽しいです。 | トップページ | シダ―ローズ第三弾 この冬の収穫&シダ―ローズを正面から眺めると。 »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。