« 雪の結晶を観察した人たち(その7)ロゼッティ・・・ の追加です。圧巻の雪の結晶スケッチ | トップページ | 雪の日に手に取りたい酒井駒子さんの「ゆきがやんだら」 »

2015年2月15日 (日)

雪の結晶シリーズ番外編 国立科学博物館で「国産顕微鏡100年展」が開催されます。

東京上野の国立科学博物館で2015年3月3日から4月19日まで「国産顕微鏡100年展」が開催されます。

すごく楽しみです!!

というのも、土井利位(どいとしつら)は江戸時代にどんな顕微鏡で雪の結晶を観察したんだろうと調べているうちに、当時の顕微鏡の工芸品かと目を見張るような美しいフォルムや、当時の人が顕微鏡で覗いた虫のスケッチや、その向学心探究心に魅了されてしまったからです。

科博さんでのこの展覧会のインフォメーションはhttp://www.kahaku.go.jp/event/2015/02microscope/になります。

まあ!と思ったのは「100年展」のロゴのゼロ2つのところに雪の結晶のようなものが描かれていること。
Kahaku_microscopes


これは土井利位の雪華なんですよ~。
古河歴史博物館の図録「雪の華」には土井利位の描いた雪華の分類表が掲載されているのですが、
あてはめると

Doia6Doia4A6とA4ですね~。





この顕微鏡展にかかわっていらっしゃる島津理化さんのHPでは、顕微鏡展のチラシもアップされていました。
http://www.shimadzu-rika.co.jp/pdf/a_century_of_japanese_microscopes.pdf



Doia5

チラシの背景にはA5や昔の人が顕微鏡で覗いて描いた虫のスケッチ、植物の細部などがあります。





楽しみな企画展です。

科博さんの日本館での顕微鏡常設展に行った時のブログはこちら

【江戸時代の顕微鏡シリーズ】INDEXはこちら
雪の結晶INDEX(全般)はこちら

« 雪の結晶を観察した人たち(その7)ロゼッティ・・・ の追加です。圧巻の雪の結晶スケッチ | トップページ | 雪の日に手に取りたい酒井駒子さんの「ゆきがやんだら」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の結晶を観察した人たち(その7)ロゼッティ・・・ の追加です。圧巻の雪の結晶スケッチ | トップページ | 雪の日に手に取りたい酒井駒子さんの「ゆきがやんだら」 »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。