« 松屋銀座に架谷庸子さんの作品を拝見しにいきました | トップページ | 関井一夫さんの万華鏡展が大阪高島屋で開催されています »

2015年2月26日 (木)

雪の結晶を観察した人たち(その12)---チッカリング

雪の結晶を観察した人たちの歴史の中でキラッと異色の光を放っているのがチッカリング。
なぜなら女性だから。そしてペンで描くのとは違う方法で雪の結晶を形にしたから。

その雪の結晶はとても美しく、愛らしく、科学とアートの両面を感じさせる作品となっています。
今回、その画像の使用許可を「American Antiquarian Society」(ttp://www.americanantiquarian.org/)からいただきましたので、貴重な画像とともにご紹介します。 (画像の二次利用はご遠慮ください)



1864 フランシス・イヴリン・チッカリング(Frances Evline Chickering)。
著書『Cloud Crystals; a Snow-Flake Album』で観察した雪の結晶を発表。


人物/アメリカのメイン州ポートランドの牧師ジョン・ホワイト・チッカリングの妻。
生年1809-没年1885。
掲載文献/『Cloud Crystals:a Snow-Flake Album』チッカリング著

詳細/日本でこの本を所蔵している図書館をみつけられず未見なのですが、少なくとも21種の雪の結晶の形を紹介しています。

雪の結晶を彼女はどんな風に形にしたか。それは描くのではなくて「切り絵」という方法のようです。
出版にあたっては、Richiadson氏がリトグラフにしたそうです。

American Antiquarian Societyの(ttp://www.americanantiquarian.org/adoptagiftbook1)とポートランドに関するフェイスブック、 Portland Maine History 1786 to Presentを照らし合わせると。

観察方法→暗い色の毛皮や布に雪の結晶を置く。拡大鏡で観察。切り絵にする。
チッカリングはこの方法で200種類以上の形を観察、記録に残したそうです。

本の内容→雪の結晶の切り絵だけではなく、シェークスピア、エマーソンの詩など65篇を引用。
雪の結晶ができる気象条件など科学的な記述もあり、アート本と科学本の両面を持つ本のようです。

以下画像はすべてクリックで拡大します。© American Antiquarian Society
Chickering_3


シックな色が素敵です。
チッカリングは学者ではなくアマチュアとしての活動だったようです。
COLLECTED AND EDITED BY A LADY

と書かれていますね。

Chickering_5
中央にMrs.J.W. Chickeringとあります。
これはJ.W. Chickeringの妻、という意味です。
J.W.の上に小さくFrances E.と書かれています。

Chickering_1


こちらがチッカリングが切り絵で形作った雪の結晶です。
よく特徴をとらえていると思うと同時に、このままクリスマスカードにしたいくらいの美しさを感じます。
Chickering_4

1864年といえばまだ江戸時代、文久3年。
一女性が雪の結晶に情熱を傾けていたのですね。

Chickering_2_2


このようなページもあります。

翻訳本/なし。
転載本/『SNOWFLAKE』ケネス・リブレクト著(山と渓谷社 2006)。
p20で雪の結晶7種(上記のものとは別)を紹介しています。
解説文は
「雪の結晶の切り絵。
メイン州の牧師の妻フランシス・チッカリングは、結晶の絵を1864年
、『Cloud Crystals:a Snow-Flake Album(雲の結晶:雪の結晶アルバム』に
載せました。
チッカリングは窓辺に降る雪の結晶を良く調べ、すばやくその形を切り絵に残しました。

と書かれています。

茶色を背景にした白い雪の結晶。
シックで美しいですよね。
切り絵の繊細な針や枝一つ一つをカットしながら、チッカリングはその造形の細やかさに感嘆したんだろうな~と想像できますね。

【雪の結晶を観察した人たちシリーズ】INDEXはこちら
雪の結晶INDEX(全般)はこちら

« 松屋銀座に架谷庸子さんの作品を拝見しにいきました | トップページ | 関井一夫さんの万華鏡展が大阪高島屋で開催されています »

コメント

emiさん


チッカリングさん、とてもお洒落で 高級なチョコレートのパッケージデザインの様な

それを切り絵で!実に上手に描かれていますね。


それにしても。。。

よくemiさん、雪の結晶に関わってきた方達を見つけて、ここまで調べ上げて

いつか御本と言うか学術書?にならないかしら。。。


時代を超えて、emiさんの様に雪の結晶に魅了される方がいて

それを発信されてて、自然の美に対する人間の本質は変わらないものだなと

普遍性も感じます。


雪の結晶を追いかけた方達の大河ドラマとまでは言いませんが、

何かドキュメンタリーで、世界を股にかけた歴史物のドラマもあれば

(もちろん現代に生きていらっしゃるemiさんも登場されて)

良いのに。。。と、しみじみ思います☆


または現代で、日本人のemiさん以外に、世界中のどこかで

こんなに熱く情熱的に、しかも冷静に緻密な情報収集をされている方

いらっしゃらないかしら。。。


emiさんとのやり取り、拝見してみたいです♪

おんぽたんぽさん。茶色に白だからチョコの包み紙にぴったりですよね!!
チッカリングのこの本、ほしくてたまりません。清水の舞台を飛び下りるつもりで海外から取り寄せるか、それとも図書館で申し込めたら海外の図書館からの文献コピー取り寄せをお願いするか・・・・とも思案中です。

おんぽたんぽさんがおっしゃるように日本人もほかの国の人も、いつの時代であっても雪の結晶に「うつくしい・・・・」と感嘆の目を向けていることがわかります。
普遍的に、人間を魅了する存在。

雪の結晶本、東京五輪頃までに出せたらいいな~と思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 松屋銀座に架谷庸子さんの作品を拝見しにいきました | トップページ | 関井一夫さんの万華鏡展が大阪高島屋で開催されています »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。