« 雪の結晶を観察した人たち(その13)ヨハネス・ネティス | トップページ | 野原工芸さんの木軸ボールペン、パープルハートを買いました~ »

2015年3月 5日 (木)

江戸時代の顕微鏡シリーズ 国産顕微鏡100年展(国立科学博物館)に行きました

江戸時代、土井利位(どいとしつら)はどんな顕微鏡で雪の結晶を観察したのだろう。
他に雪の結晶を観察した人はいなかったのかしら。

それを知りたくて、昔の顕微鏡について調べていたらそのフォルムの美しさの虜になりました。

国立科学博物館で開催されている「国産顕微鏡100年展」に行ってきました。

常設されている顕微鏡+その後、現代にいたるまでの顕微鏡の進化の企画展のようなので、昔(江戸時代以前)の顕微鏡は、2014年6月12日に拝見した時のものとあまり変わらないかしらと思っていたのですが、
私がすごく見たいと思っていた顕微鏡が展示されていました!!

それは京都の島津創業記念資料館(ttp://www.shimadzu.co.jp/visionary/memorial-hall/)が所蔵されている国産最古といわれている顕微鏡。

京都に行くことがなかなかできずにいたので上野でみられてうれしいです。

20150304microscope01

美しいです。
当時、3本脚の顕微鏡が多い中で、なんと2本脚なんですよね!

附属品。
20150304microscope03

「顕微鏡の見様」
いわゆる取説ですね。筆文字で書かれているものですが、どんなことが書かれているのか知りたかったのです。
それも見られて感激。しかも解読できる文字で書いてくれているのがありがたいです。
20150304microscope10
島津創業記念資料館所蔵のこの顕微鏡に関しては
【江戸時代の顕微鏡シリーズ】その5に加筆します。

明治以降の顕微鏡ではエムカテラがシンプルなフォルムで美しかったです。
20150304microscope16


エムカテラって星新一のSFショートショートに出てきそうな、日本語ではない未来の言葉のような発音ですが。
この顕微鏡の製造制作にかかわった松本福松氏、加藤嘉吉氏、寺田新太郎氏の名前から取ったネーミングだったのですね。

野口英世の顕微鏡もありました。
20150304microscope18noguchi


「顕微鏡100年展」はいつもの常設展のスペースとホールをはさんだ隣のスペースの2つで行われています。
大規模の企画展ではありません。

見終わって上の階の常設コーナーに行ったら。
そこでも江戸時代の顕微鏡を発見しました。

20150304microscope17


ホールの景色が映ってしまって見づらいかと思うのですが。
「和製顕微鏡 江戸時代後期」と書かれています。

まさか別のフロアで顕微鏡に会えるとは。
隠れミッキーを発見したようにうれしくなりました。

顕微鏡からは離れますが、そのほか常設展で興味深かったものをさくっとご紹介。
20150304kahaku01


ウスユキソウ属の展示があってうれしくなりました。
エーデルワイスやフランネルフラワーに似た、白くてふわっとした花びらのウスユキソウ、大好きなんです。
↑この画像はクリックで拡大します。

押し花もありました。私がフランネルフラワーでつくった押し花とよく似ています。
20150304kahaku02


オガサワラオオコウモリのはく製。
20150304kahaku03


20150304kahaku04


長いつめで∩型になっています。ぶらさがっても落ちないはずですね。
20150304kahaku06


イリオモテヤマネコ。猫より少し手足が長いでしょうか。
20150304kahaku05

クワイのようなグレイッシュなブルーが美しいタニシもいました。

20150304kahaku09


こちらは衝撃!
裸の男女が見学していました!というわけではなく、
日本人の昔から現代までの変遷が何体かの人形をつかって展示されているのですが、
顔立ち、表情、すごくよくできているです。
これは縄文のころでしょうか。左の女性はトップレス。そしてびっくりしたことに右の男性。
下半身露出しています。
子供たちも理科の課外学習や修学旅行で来るであろうに。
堂々と露出。

こんな顔立ちです。今でもいそうですよね~。
20150304kahaku10


おおらかさが伝わってきました。

こちらはフタバスズキリュウの化石。
天井からつるしてあるので、見上げるのですが迫力とスケールがありました。
20150304kahaku11_2


ナイトメア・ビフォア・クリスマスのジャックに似ています。

20150304kahaku12


メカっぽかったです。

20150304kahaku14


うねっていて、今も生きているかのよう。

さて、春爛漫の一日でした。上野駅前からスカイツリーがはっきり見えました。
20150304ueno01


右側の建物は上野駅すぐそばにある岩倉高等学校。
知る人ぞ知る、鉄道マニア垂涎の学校です。

デジカメのズームでスカイツリーをどのくらいアップで写せるか。

てっぺんです。
20150304ueno02


人影も見えてびっくり。
20150304ueno03_2

【江戸時代の顕微鏡シリーズ】INDEXはこちら
雪の結晶INDEX(全般)はこちら

« 雪の結晶を観察した人たち(その13)ヨハネス・ネティス | トップページ | 野原工芸さんの木軸ボールペン、パープルハートを買いました~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の結晶を観察した人たち(その13)ヨハネス・ネティス | トップページ | 野原工芸さんの木軸ボールペン、パープルハートを買いました~ »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。