« 「雪華図説」もモチーフで登場する時代小説『六花落々(りっかふるふる)』を読みました | トップページ | ガビチョウとはシリーズ(その1)声に魅了されました »

2015年7月26日 (日)

赤絵作家の架谷庸子さんの作品 at 伝統工芸青山スクエア

7月24日、赤絵の作家の架谷庸子(はさたにようこ)さんが伝統工芸青山スクエアに出品されるとうかがって早速訪ねました。

架谷さんは赤絵細描(あかえさいびょう)の第一人者福島武山氏に師事し、注目されている若手のおひとり。
私は架谷さんの雪華をモチーフにした作品に一目惚れheart02 
以来、赤絵のあらたな世界に魅了されているのです。

作品の撮影&紹介をご承諾くださいましたので素敵な世界へ皆様をご案内します。

箸置き。
20150724hasatanisan01

枝のようなモチーフに北欧的な雰囲気を感じます。
ゆるゆるっと並ぶドットがかわいい~。
オレンジと赤の配色に見えますが、どちらも同じ赤絵の具。
水の薄め具合で発色が変わるというのが不思議です。

かくれんぼシリーズの作品の内側です。
20150724hasatanisan03

書道のように筆を走らせるのではなくて、幾何学模様が並ぶところも
「和」に「洋」を吹き込んでいるのだと思います。

クジャクもリズミカルに並びます。
20150724hasatanisan04


注目は一番下。クジャクの頭だけ見えていますよね。
普通の発想だと三羽の姿だけにしてしまうと思うんです。
あえて、下部にクジャクの頭があることで、
まるでテキスタイルのようにクジャクが続く柄の一部分を切り取って作品にしました、という感じがします。
器の下にも上にも縦にクジャクがいっぱい並んでいる姿が想像できて、
スケールが広がる効果があると思うのです。
(架谷さんがそれを狙っていらしたのかはうかがっておりませんが)

クジャクの作品の内側。
20150724hasatanisan05_2

赤絵の具が作り出す赤のグラデーションと金、鮮やかなブルーにうっとり。
合計3色だけでこの豊かさ。

24日は架谷さんによる実演もありました。
<白地にドットやスクエア他、テーマの柄がリズミカルに並ぶ。北欧的な要素も感じさせる作風(←私が勝手に名づけました)>
と並行して、今取り組んでいらっしゃるのが、細かな柄を埋め尽くす赤絵細描ならではの作品づくりだそうです。
20150724hasatanisan06
こちらのカップは麻の葉模様のアレンジ、亀甲のアレンジなどがぎっしりと空間を埋め尽くすようです。
細かな輪郭で描いたあとに焼いてから次の、「面」を塗る工程を実演でされていらっしゃるところです。


別の作品です。
20150724hasatanisan02_2

網目のように細かな線が放射状に広がっていく様子は圧巻。金が使われているのでとても華やか。

架谷庸子さんは伝統工芸青山スクエアの
「和くらし大好き!集まれ女匠衆」の8月5日(水)までの第一部に出品されています。

このブログ内で架谷庸子さんの作品に関する記事は

架谷庸子 site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/

で検索くださいませ。

« 「雪華図説」もモチーフで登場する時代小説『六花落々(りっかふるふる)』を読みました | トップページ | ガビチョウとはシリーズ(その1)声に魅了されました »

コメント

emiさん

架谷さんの箸置き、綺麗ですね。。。

どんな日本食(に限らず)だったら合うだろう?と
思わず、考えてしまいます。

これほど作品に「赤」を使われていると言うことは
きっと中国でも、喜ばれる作品ではないでしょうか。

その世界中のどこにいても通用するデザイン力で
T-shirtやバックも、素材が違うので、色合いや風味も変わってくるかも知れませんが、創って頂きたいなぁ。。。

おんぽたんぽさん。ほんとですね。中国の方もこの赤と金の世界、歓ばれると思います。中国以外の方ももちろん。白地に赤の小花が並ぶような作品はヨーロッパのラブリーなテキスタイルのようでもあります。Tシャツ、バッグになっても素敵でしょうね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「雪華図説」もモチーフで登場する時代小説『六花落々(りっかふるふる)』を読みました | トップページ | ガビチョウとはシリーズ(その1)声に魅了されました »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。