« 江戸時代のガビチョウシリーズ(その2)画像まとめ | トップページ | ガビチョウとはシリーズ(その3)鳴き声が聴けるDVDブック »

2015年8月20日 (木)

江戸時代のガビチョウシリーズ(その5)江戸時代の輸入の記録

画眉鳥シリーズ。もう少ししたらリンクをつけたり整理しようと思います。
今回は画眉鳥が江戸時代に輸入されていた記録資料のご紹介です。

「唐通事会所日録」に記されています。
※あくまでも私自身の調べですので、もっと古い文献があるのかもしれません。
※四拾三番と書かれているものを43にする、読み方を加えるなど自分がわかるように表記に変えています。

最初に持ち込まれた記録は宝永5年(1708年)の4月22日です。中国(当時の清)から船で持ちこまれました。

◆宝永5年(1708年)4月22日◆

同22日、43番船(寧波船(にんぽうせん))より持渡候ぐわび鳥一羽構において落申候(以下私による略)。

※欄外に43番寧波船持渡のぐわび鳥死す の注釈あり。

(『大日本近世史料 唐通事会所日録 4』(東京大学出版会 1984)p358より)


◆宝永6年(1709年)3月20日◆
同20日、(私による中略)30番船(寧波船)よりぐわび鳥(頬白)1羽、
31番船(南京船)より金雀鳥(かなりや)1羽持渡候
(以下私による略)。

(『大日本近世史料 唐通事会所日録 5』(東京大学出版会 1984)p137より)


◆宝永7年(1710年)閏8月26日◆
御用物役高木忠榮より鳥類の礼銀を渡さる
と注釈が書かれているところで
いろんな鳥にまじって画眉鳥の名が。

9番船(寧波船)
一 同15斤1箱、画眉鳥(頬白)1羽代

11番船
一 同15斤1箱 画眉鳥 1羽代

15番船(南京船)
一 同15斤1箱 画眉鳥 1羽代

(『大日本近世史料 唐通事会所日録 5』(東京大学出版会 1984)p287より)

◆宝永7年(1710年)9月25日◆

同25日、高木作右衛門殿より錦鶏、相思鳥、画眉(頬白)・孔雀・砂糖鳥、この五色の出所・飼様唐人共へ聞合、書付1通ならび和ケ、共に今日中に遣候様にと申来候に付、則遂吟味、段々書上候通唐人共へ吟味仕、書付1通認させ(以下私による略)

欄外に 忠榮の命により鳥類の出所飼育法を記し提出す

(『大日本近世史料 唐通事会所日録 5』(東京大学出版会 1984)p301より)

--------------------------------------------------
画眉鳥は少なくとも300年前に日本にもたらされ、そしてごく一部の人かもしれませんが、あの鳴き声を耳にし、白いアイラインの顔立ちを見ていたのですね。

<寧波船について>
さて、画眉鳥を運んできた寧波船(にんぽうせん)って何?と調べてみました。
中国(当時は清の時代)の浙江省の寧波からの船のようですね。

寧波船の絵は長崎県平戸市の(財)松浦史料博物館所蔵の「異国船絵巻一巻」で見ることができます。

ネットでは2か所で閲覧できます。
●長崎県のHP。長崎県の文化財→エリアでさがす→県北地区→異国絵巻一巻
リンク切れになるかもしれませんが直接のURLは
ttp://www.pref.nagasaki.jp/bunkadb/index.php/view/398

●日本財団図書館HPで企画展「平戸藩主 松浦家と海展」解説書で検索
→第1章 代表的資料写真とその解説
リンク切れになるかもしれませんが直接のURLはttps://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2005/00253/contents/0001.htm

画眉鳥の自然分布について、国立環境研究所の侵入生物データベースでは
「中国南部、海南島、台湾、香港、ベトナム北部、ラオス北部」となっています。
浙江省も中国南部といえば南部になるのでしょう。

『錦窠禽譜(きんかきんぷ)』伊藤圭介の中のガビチョウも「浙江産」と記されています。
Gabicho_45kinkakinpu2_2

<高木作右衛門について>
上記の唐通事会所目録に高木作右衛門の名前がでてきて、
画眉鳥調べが進んでいる私は、「おおお、あの家ね」と思いました。
この人名は『外国産鳥之図』の資料を調べる中で目にしていました。
『舶来鳥獣図誌』磯野直秀・内田康夫解説(八坂書房 1992)p107から抜粋要約します。

高木家は江戸時代の長崎の代官や町年寄をつとめた家柄で、代々作右衛門を名乗っていた。
長崎に渡来した外国の産物を幕府に通報する役割を命じられ、
鳥獣については絵を江戸に送ることになった。

『外国産鳥之図』↓内の画眉鳥の絵、素晴らしいと思います。
Gabicho_08gaikokusantorinozu

ガビチョウシリーズINDEXはこちら

« 江戸時代のガビチョウシリーズ(その2)画像まとめ | トップページ | ガビチョウとはシリーズ(その3)鳴き声が聴けるDVDブック »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸時代のガビチョウシリーズ(その2)画像まとめ | トップページ | ガビチョウとはシリーズ(その3)鳴き声が聴けるDVDブック »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。